カレル・アンチェル

(1908〜1973)


 プラハ音楽院でヴァイオリンを学び、アロイス・ハーバーに作曲も学ぶ。19年以後はターリヒの指導も受けた。29年、卒業作品として書いたシン フォニエッタを指揮してチェコ・フィルにデビュー。その後、ストラスブールのヘルマン・シェルヒェンの指揮クラスに在籍し研鑽を積む。33年にプラハ放送 響の首席指揮者となるが、39年ナチスによるチェコ併合後、ユダヤ系だったため追放・収容所送りとなった。両親と妻子はアウシュヴィッツで虐殺された。

 大戦後、プラハ国立歌劇場の指揮者に就任。47年から50年には再びプラハ放送響首席、50年にチェコ・フィルの首席指揮者となった。1968 年、同フィルとアメリカ演奏旅行中に「プラハの春」事件でソ連軍がチェコに侵攻したため、カナダに亡命。69年から73年に亡くなるまでトロント交響楽団 の音楽監督をつとめた。その間グレン・グールドとも共演している。

 私の音楽遍歴で書いたように、彼やターリヒは、名前だ けは小さい頃から知っていた。しかしその録音を聴いたのは大学生時代からである。彼の録音がリマスターされたCDで聴けるようになるとはうれしい限りであ る。