フランソワ=グザヴィエ・ロト

(1971〜)


略歴

1971年パリ生まれ。父はオルガニストで作曲家・教育者として高名なダニエル・ロト。
パリ音楽院でフルートをアラン・マリオン(パリ管主席フルート奏者)に、指揮をヤーノシュ・フュルストに学ぶ。
ロンドンのドナテッラ・フリック指揮コンクールで第1位を獲得。ロンドン交響楽団のアシスタント・コンダクターに任命される。ジョン・エリオット・ガーディナーのアシスタント・コンダクターも務める。
並行して、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、カーン劇場、さらにトゥールーズ・キャピトール管弦楽団、マリインスキー劇場管弦楽団、パリ管弦楽団とも関わりを深める。
2003年9月にパリ音楽院の指揮科教授となる。
同年、ピリオド楽器の室内オーケストラ「レ・シエクル(Les Siecles)」を創設。ただしバロック・古典ではなくベルリオーズ、ドビュッシー、ラヴェルなどを主なレパートリーとしている。
2011年9月にはドナウエッシンゲン音楽祭で、ヴェーベルン・ブーレーズ・マーラー「巨人」を指揮して、バーデン=バーデン&フライブルクSWR交響楽団の首席指揮者に就任(シルヴァン・カンブルランの後任)。リヒャルト・シュトラウス作品集などを録音したが、2016年をもって同オケがシュトゥットガルト放送交響楽団に吸収合併され消滅することとなった。
2015年からはケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団の音楽監督にも就任しマーラーなどを録音している。

ディスク

ル・シエクル(ピリオド楽器団体)
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
バーデンバーデン・フライブルクSWR交響楽団