デジレ=エミール・アンゲルブレシュト

Desiré-Émile Inghelbrecht
1880-1965

略歴

初めヴァイオリンを学ぶ。7才から14才にかけてパリ音楽院で作曲を学ぶが、音楽に不向きという理由で放校。
ヴァイオリン奏者をつとめつつ指揮を学ぶ。
1905年、国民音楽協会演奏会で指揮者デビュー。
ドビュッシーに認められ、1911年「聖セヴァスチャンの殉教」初演の際に合唱指揮者をつとめる。(翌年この作品を全曲指揮する。)
1913年からシャンゼリゼ劇場音楽監督。
1920〜23年、スウェーデン・バレエ団音楽監督。(ロシア・バレエ団から独立してパリを本拠にした団体)
1919年、パリ合唱協会とコンセール・プレイエル創設。
1924〜25年および1932〜33年、パリ・オペラ・コミーク指揮者。
コンセール・パドルー管弦楽団(1928〜32)、アンジュ・オペラ(1929〜30)の指揮者もつとめる。
1934年、創設されたフランス国立放送管弦楽団の指揮者に就任し1945年までつとめる。
1945〜50年、パリ・オペラ座の指揮者。

主な録音

最近になってTESTAMENTが、EMI系列のDucretet-Thomsonへの録音を復刻している。(以前はEMI国内盤にセットで出ていたもの)
まず第1弾がドビュッシー作品集3枚。続いてラヴェルの管弦楽曲フォーレ「レクイエム」などの3枚である。

またディスク・モンテーニュにもドビュッシーのステ レオ・ライヴ録音がある。
何といっても1962年にシャンゼリゼ劇場で開催されたドビュッシー生誕100周年記念演奏会における「ペレアスとメリザンド」全曲のライヴ録音が重要である。(1988年レコード・アカデミー賞)