ヨゼフ・カイルベルト

(1908〜1968)

略歴

1908年4月19日、カールスルーエで生まれる。
父親はカールスルーエのバーデン公国宮廷楽団のチェロ奏者、祖父もミュンヘンの軍楽隊員。 1925年、カールスルーエ国立劇場(現バーデン州立劇場)の練習指揮者。
1933年、同劇場第1指揮者に昇格。
1940年、フルトヴェングラーの推挙により、プラハで創設されたドイツ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者となる。
1945年、ドレスデン国立歌劇場音楽監督に就任。
1949年(または1950年)、第2次大戦後にチェコスロヴァキアを脱出したドイツ・フィルの団員を主体として結成されたバンベルク交響楽団の首席指揮者に就任。
1951年、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団客演指揮者に就任。
1952年にバイロイト音楽祭に招かれ、1956年まで主要な指揮者として活躍。
ザルツブルク音楽祭にも出演し、同年同月生まれのカラヤンと親交を結ぶ。
1959年、バイエルン国立歌劇場音楽総監督に就任。
ワーグナー、ベートーヴェン、ブルックナー、ブラームス、リヒャルト・シュトラウス、プフィッツナーなど伝統的なドイツ音楽を主要なレパートリーとし、1960年代のドイツを代表する指揮者として活躍。
日本へは1965年と1966年、1968年に来日、NHK交響楽団に客演。名誉指揮者に。
1968年にはバンベルク交響楽団とも来日公演。
1968年7月20日、バイエルン国立歌劇場において『トリスタンとイゾルデ』を指揮中に心臓発作をおこして急死。

録音

戦後モノラル末期からステレオ初期にTELEFUNKENレーベルに一連のレパートリーを録音している。TELDECレーベルから出ていた超廉価CDは品質がまちまちであったが、2014年末にVENIASから14枚組BOXで出たものは安定した音質で聴けるものになっている。
ただし、シューベルト「未完成」、メンデルスゾーンの2曲などが入っていないようだ。