エフゲニ・ムラヴィンスキー

(1903〜1988)

略歴

1903年6月4日、ペテルブルク生まれ。
1920年、一般の学校を卒業してペトログラード大学入学。
(WWI開戦でドイツ語地名ペテルブルクからペトログラードに改称)
しかし幼い頃からピアノを学び音楽家を志していたため、同大学を中退し、劇場で練習ピアニストとなる。
1924年よりレニングラード音楽院に学ぶ。(レーニン没でペトログラードからレニングラードに改称)
1930年、作曲クラスを卒業。翌31年、アレクサンドル・ガウクの指揮クラス卒業。
1932年、レニングラード・アカデミー・オペラ・バレエ劇場(現マリインスキー劇場、旧キーロフ劇場)で「眠りの森の美女」を指揮してデビュー。以来、1938年まで同劇場の指揮者をつとめる。
1938年、全ソ連邦指揮者コンクールで第1位となり、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に任命され、以後1988年1月に没するまでその地位にあった。

1958年、大阪フェスティバル・ホールこけら落としがらみで招聘されたレニングラード・フィル初来日の際には、病気のため来日せず。1970年、大阪万博の際に同オケが来日した際も病気のため(出国ビザがおりなかったため、というのが真相らしいが)来日せず。
ようやく、1973年に初来日。以後1975年、1977年、1979年にも来日。
死の年、1988年にも来日の予定であった。


録音

 彼はショスタコーヴィチと親交 があり、その交響曲のうち第5,6,8,9,10番を初演。第8番はムラヴィンスキーに献呈されている。しかしこれらの曲のスタジオ録音はいずれもモノラルであり、良い音質で聴こうとおもったらライヴ録音を入手すべきである。
 特に第5番は、彼の演奏においてのみ音型が違うところがある(それこそがショスタコーヴィチ自身の意図したものである)。

 一般的なクラシック・ファンがムラヴィンスキー入門をする際は、ドイツ・グラモフォンから出ているチャイコフスキーの後期3大交響曲から聴くのが良い。私はこれらを学生時代に1500円の廉価盤LPで入手して愛聴していた。その後2枚組でCD化されたが、これは第5番の途中で盤を変えなくてはならず不満があった。ようやく紙ジャケットのヴィンテージ・シリーズで1曲1枚でOIBP化されたものが入手でき満足している。これとは別に、第5番に関してはいくつか注目すべきライヴ録音がある。

 彼はドイツものでも素晴らしい演奏を聴かせた。なかでも複数のライヴ録音が残っているお得意の曲は、ブラームス第2、シューベルト「未完成」、ベートーヴェン第4、ヴェーバー「オベロン」序曲などである。ブラームスは2・3・4番の3曲がステレオで残っていていずれも素晴らしい。ベートーヴェンは「運命」もある。ヴァーグナーの「マイスタージンガー」「タンホイザー」「ローエングリン」などの序曲・前奏曲も圧倒的だ。ブルックナーの第8・第9などもある。

 彼のライヴ録音の多くは、本拠地レニングラードやモスクワ音楽院におけるものである。メロディア・レーベルでビクターやBMGから発売されているものは、問題のないものである。
 ひところ外盤でロシアン・ディスクというレーベルからでていたものは、私はどうも買う気がしなかったが、あいざーまん氏のサイトを読むと、やはりこのレーベルは問題らしく、ムラヴィンスキー夫人もお怒りらしい。
 ソ連崩壊後、ICONというレーベルから質のよいショスタコーヴィチの曲のライヴを2枚(第5と第8)入手したのたが、これも最近は見かけなくなってしまった。(海賊盤ではなかったはずだが、資本主義化で淘汰されてしまったか。)
 21世紀になって東京でのライヴがAltusレーベルで何枚か発売された。はじめはNHK録音で73年初来日時のものだったが、ついでムラヴィンスキー協会関係者がオケとの私的なつながりで録音したものが出た。これはより客席に近い位置で録音されたようで、オケからはやや遠いが、ホールで直接聴いているような音質である。
 これと同じような音質のCDが以前出ていた。それは1978年にウィーン楽友協会で行ったライヴ録音である。私は以前その中のチャイコフスキーの第5を持っていたが、手放してしまっている。カタログによれば他にショスタコーヴィチの第5、ブラームス第2などが同じ時に録音されていたはずだ。それらの復活が望まれる。
...と、書いていたら、Altusからチャイ5、ショスタ5&未完成、ブラ2&オベロン序曲の3枚が出た。