ゲオルク・ショルティ

(1912〜1997)


 彼はユダヤ系ハンガリー人であり、彼のファーストネームは「György」と表記されるべきである。しかし、戦後ドイツ語圏で活動していたため 「Georg ゲオルク」と呼ばれるのが普通である。その後ロンドンで活躍し、「Sir.」の爵位を授与された。またイギリス人と結婚しイギリス国籍を取得したので「Sir. George」と呼ばなくてはならない。


略歴

1912年、ブダペストにてユダヤ系の家系に生まれる。
リスト音楽院でドホナーニとバルトークにピアノを、コダーイに作曲を学ぶ。
1930年、卒業と同時にブダペスト歌劇場練習指揮者、33年に指揮者となる。
1936・37年にザルツブルク音楽祭でトスカニーニの助手をつとめる。
1938年、ブダペスト歌劇場で「フィガロの結婚」を指揮してデビュー。
同年、ナチスの迫害を逃れてスイスに亡命。
1942年、ジュネーヴ国際ピアノ・コンクールで優勝。大戦中はピアニストとして活躍。

1946年、バイエルン国立歌劇場で「フィデリオ」を指揮して成功、同歌劇場音楽監督となる。
(非ナチ化でドイツ系指揮者が払底していたことでチャンスが回ってきた。)
1951年〜フランクフルト市立歌劇場音楽監督。
1961年〜コヴェントガーデン王立歌劇場音楽監督。(その功績で71年にSir.の称号を授与される。)
1969年〜シカゴ交響楽団音楽監督・常任指揮者となる。

1972〜74年、パリ管弦楽団音楽監督兼任。
1979〜83年、ロンドン・フィル首席指揮者兼任。

1991年、シカゴ響辞任。
同年12月、モーツァルト没後200周年のレクイエムを(前年死去したバーンスタインに代わり)シュテファン教会で指揮する。
1992年〜カラヤンの後継者としてザルツブルク復活祭音楽祭音楽監督。
1997年死去。


 ショルティについては、日本ではあまりに偏見が強すぎる。いわく、「テンポが速い」「無機的な正確さ」などなど...。
 かくいう私も、そういう偏見に毒されていた一人であり、他人のことは言う資格はない。
 しかし、「ショルティ自伝」を読めば、その偏見もかなり中和 されるのではなかろうか。彼は、何よりもまず、真剣に仕事に取り組んで生きてきた音楽家であり、それによって同僚音楽家たちからも尊敬されていたのである。また、それと同時に − バーンスタインのような目立ったパフォーマンスはしなかったものの − 尊敬すべき「社会人」であったことも読みとれるはずである。


 ショルティの名盤といえば、何と言ってもレコード史上に残る「ニーベルングの指環」全曲録音だろう。ショルティは57年5月にDECCAのジョン・カルショウのプロデュースで「ヴァルキューレ」第3幕を録音していたが、カルショウはその後10月にクナッパーツブッシュと同第1幕を録音し、クナの指揮で「指環」全曲を録音するつもりだった。しかしクナはそれを断ったため、翌年からショルティ指揮で「ラインの黄金」から全曲録音を開始したのである。
 BBCが撮影した「神々の黄昏」の録音風景を映像ドキュメントがLDになっているが、それを見ると、カルショウはテンポについてもショルティに意見をしている。しかも、カルショウが速いテンポを要求し、ショルティがそれに対して「それは速すぎるよ」と言い返しているのだ。つまり、我々が「これがショルティだ」と考えているショルティ像は、実はDECCAとのレコーディンクによって形成されていったものである可能性が高い。「指環」を録音し始めたころに録音された「英雄・運命・第7」といったベートーヴェンも、そのことを念頭に置いて聴けば、そこに聴かれる意外なロマン性が理解できよう。ショルティは確かに戦前のザルツブルクでトスカニーニの助手をつとめていたが、一方でフルトヴェングラー死去によって1955年ザルツブルク音楽祭の「魔笛」を振ったのもショルティなのだ。(フルトヴェングラーもショルティの虚飾のない点を評価した文章を残している。)