クラウス・テンシュテット

(1926.6.6〜1998.1.11)


 テンシュテットの名を聞いたのは、大学に入学した1984年のことだった。TVもなく、ラジカセのみの生活でFMのエアチェックでブラームスやベートーヴェンの交響曲ばかり集めていたのだが、ブラームスの第1番は「クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル」の演奏が頻繁にかかっていたのである。ベームやカラヤンしか知らなかったクラシック初心者の私には、この人がどういう人なのかサッパリわからなかった。
 しかし、レコ芸の別冊「クラシック・レコード・ブックVol.1交響曲篇」で、マーラー演奏にすぐれ、ブルックナー・シューマン・メンデルスゾーンなどの録音をベルリン・フィルとも行っていることを知り、その名は私の頭に刻み込まれた。また東ドイツからの亡命者として最近になって西側に出てきた人であるということも、私の興味・関心をひいた。さらに、まもなく、彼がガン告知を受けたらしい、とのニュースを聞き、なんと悲運な人なのだろうと思ったものである。

 にもかかわらず、私が彼のディスクを積極的に集めるようになるのは、ずっと後のこととなった。そもそも彼の初期のEMIへの録音が国内盤でCD化されたのは、おそらく91年のことと思われる。彼のごく初期の録音である「シューマン&メンデルスゾーン第4」をその時入手したのである。
 彼の死後、そのライヴ録音がいろいろとCD化されるのを少しずつ入手し、さらにすでにBOXでCD化されていたマーラー全集も、ARTリマスターで再発売されたのでそれを入手した。

 彼の演奏の特徴は、「イタリア」などを演奏する時にはトスカニーニのような切れ味を発揮するが、その本領はドイツ・ロマン派を演奏する時の重厚なアインザッツと旋律を奏する時の色艶にある。彼の紹介文に「フルトヴェングラー以来、音楽に最も真摯に取り組んだ指揮者」という一節があったが、まさにその通りだと思う。政治に翻弄され、いよいよこれから晩年の円熟味を聴かせようというところで亡くなってしまった、といった人生そのものもフルトヴェングラーに共通している。

略歴

1926年、ドイツ、メルゼブルク(ライプツィヒとハレの間)に生まれる。
ライプツィヒ音楽院でヴァイオリンとピアノを学ぶ。
1948-51年、ハレ市立歌劇場管弦楽団コンサートマスター。
1952-54年、同歌劇場第1指揮者。
1954-58年、ケムニッツ(東ドイツ時代の地名カール・マルクス・シュタット)市立歌劇場第1指揮者。
1958-62年、ラーデボイル州立歌劇場音楽監督。
1962-69年、シュヴェーリン=メクレンブルク国立歌劇場音楽監督。
1971年3月、エーテボリ交響楽団客演の際に西側亡命、スウェーデン移住。
1972-76年、キール市立歌劇場音楽監督。スウェーデン放送交響楽団にも客演。
1974年、トロント交響楽団客演、さらにボストン交響楽団に客演しブルックナー第8番で「一世一代の名演」と絶賛。
1976年、ロンドン交響楽団を振ってロンドン・デビュー。
1977年、ロンドン・フィル客演。5年間の客演契約を結ぶ。マーラー全集録音開始。
1979-81年、北ドイツ放送交響楽団首席指揮者。(その後任がヴァント
1980-83年、ロンドン・フィル首席客演指揮者。
1983-87年、同音楽監督・首席指揮者(ショルティの後任)。
1985年10月、喉頭ガン告知。療養後カムバックしたが、87年、ロンドン・フィル音楽監督・首席指揮者辞任。同フィルから桂冠指揮者の称号授与。