R・シュトラウス 「ドン・ファン」


ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

ウィーン・フィル----1954年3月録音

EMI。Reference輸入盤。最晩年のスタジオ録音で音質最上。
2011年1月、フルトヴェングラー生誕125周年でSACD化された。
いずれも「ティル」「死と変容」および「モルダウ」とのカップリング。

ベルリン・フィル----1951年5月1日、ローマでのライヴ

Delta。DCCA 0010。当国内盤が初CD化らしい。
この日の演奏はRAIによってテープによって行われたが、アセテート盤コピーしか残っていないらしい。(→同日のブルックナー第7

ベルリン・フィル----1954年4月27日、ティタニア・パラストでのライヴ

TAHRA。FURT 1026。カップリングは、1948年10月24日の管弦楽組曲第3番他。
この日のプログラムは、DGからブラームス第3、トリスタン、ヘンデル合奏協奏曲とCD化されている。

ベルリン・フィル----1947年9月16日、ダーレム・ゲマインデハウスでの放送用録音

DG。POCG 2350。
上記の場所での「ライヴ録音」と表記されているが、聴衆ノイズがないので放送用録音である。 同日演奏されたヒンデミット「ウェーバーの主題による交響的変容」、および翌月のシュトラウス「メタモルフォーゼン」とのカップリング。
2002年発売のORIGINAL MASTERSシリーズ6枚組輸入盤474 030-2にも収録。

ベルリン・フィル----1942年2月17日、ライヴ録音

DG。POCG 30080。現存する最も古いマグネットフォン録音。「家庭交響曲」とのカップリング。


ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮

カラヤンはこの曲を5回録音している。ここに載っていないのは1951年フィルハーモニア管(EMI)のみ。

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

DG。ポリドールSP録音復刻イタリア盤。1943年9月モノラル録音。
カラヤンの戦前戦中録音の最後は、この月のコンセルトヘボウとの一連の録音である。
この時他に「魔弾の射手」序曲、R.シュトラウス「サロメ〜7つのヴェールの踊り」、ベートーヴェン「レオノーレ」序曲第3番、ブラームス交響曲第1番を録音している。

ウィーン・フィル

DECCA。1960年録音。
VPOとの録音集9枚組448 042-2(DIAPASON HISTORIQUE, CHOC)に収録されている(写真左)。
シングルレイヤーSACD国内盤でも入手(写真右)。

ベルリン・フィル

DG。1972年録音。OIBP化(写真左)。
この時期のカラヤンのスマートな演奏が堪能できる。管のソリストが上手いことこの上ない。
「ツァラトゥストラ」「ティル」とカップリング。
2014年、シングルレイヤーのSACDを入手(写真右)。「ティル」「サロメ〜7つのヴェールの踊り」とカップリング。

ベルリン・フィル

DG。1982年2月、11月録音。OIBP化。「ツァラトゥストラ」とカップリング。

ベルリン・フィル

SONY。テレモンディアルDVD。1984年10月18日、大阪、ザ・シンフォニー・ホールでのライヴ。
同日の「ローマの松」、モーツァルト「Div.K.287」と。


カール・ベーム指揮

シュターツカペレ・ドレスデン

DG。1957年モノラル録音。
セット輸入盤3枚組。

ベルリン・フィル

DG。1963年録音。国内盤はVPOとの「英雄の生涯」とカップリングでOIBP化。
輸入盤はCENTENARY COLLECTION(459 025-2)でOIBP化。

ウィーン・フィル

DREAMELIFE。UNITEL原盤DVD。1970年、ムジークフェラインでの収録。
リハーサル風景が46分も入っていてそのあとに本番が収録されている。リハーサルはかなり厳しい。


モノラル録音

リヒャルト・シュトラウス指揮シュターツカペレ・ベルリン

DG。1929年。自作自演セット。

セルジュ・チェリビダッケ指揮ケルン放送交響楽団

ORFEO。チェリビダッケ指揮ケルン放送交響楽団5枚組。1958年10月5日、ライヴ録音。
同日の「ダフニスとクロエ第2組曲」「真夏の夜の夢」序曲、シューベルトの交響曲第2番も収録。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮パリ音楽院管弦楽団

DECCA。1956年録音。
2004年7月にTESTAMENT復刻盤SBT 1338によって初めてステレオでリリースされたのを入手(復刻リマスターはEMIのPaul Baily)。
ドイツ人指揮者がパリ音楽院管を振った不思議な録音はいくつかある(E・クライバーのチャイコフスキーなど)が、クナのR・シュトラウスをこのオケで録音するというのはどういう神経をしてるのか? と思ったが、ルーズなクナと同じぐらいルーズなフランスの名門は案外相性が良かったようである。カップリングは「死と変容」。

ブルーノ・ワルター指揮ロイヤル・フィル

opus蔵。1926年、ColumbiaのSP録音。

ワルターは、この曲と「死と変容」を1952年にニューヨーク・フィルと録音している。「死と変容」も1924年にロイヤル・フィルとSP録音している。これら以外にシュトラウスの交響詩の正規録音はない。

ウィレム・メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウ

TELEFUNKEN。1938年11月8日録音。
初め、ブラームス第4番とカップリングのキング国内盤で持っていた。
99年11月、テルデック創立70周年で、テレフンケン時代のSPの名盤を原盤からリマスターするシリーズが出た。原盤あるいはSP盤をきちんと清掃してリマスターしたので音質に深みがある。紙ジャケットの作りも凝っている。「英雄の生涯」、及びクラウス指揮「ティル」とのカップリングである。(写真、3984-28409-2)
2002年春、opus蔵からブラームス第2番や「マイスタージンガー前奏曲」とカップリングで復刻されたものも入手。これもまた素晴らしい音質だ。

ウィレム・メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウ

DECCA。1940年12月12日、ライヴ録音。
2013年にDECCAから旧PHILIPS発売録音15枚組BOXが出たのを入手。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

セヴンシーズ。1939年10月14日、8Hスタジオでの放送用ライヴ録音。
「英雄の生涯」「ティル」とカップリング。RCA正規盤は持っていない。

クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィル

DECCA 425 993-2。1950年6月録音。2000年夏にTESTAMENTからもCD化(SBT 1185)。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮バンベルク交響楽団

VOX。1954年録音。

フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団

DG。1952年10月、ティタニア・パラストでのライヴ録音。

フリッツ・ブッシュ指揮ロンドン・フィル

EMI。1936年7月6-8日録音。
GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組に収録。これに収録された中での唯一の戦前のSP録音である。音質も良く、テンポも適正である。


ステレオ録音

オットー・クレンペラー指揮ウィーン・フィル

TESTAMENT。8枚組SBT8 1365。1968年6月16日、ムジークフェラインでのウィーン音楽週間ライヴ。
17:40もかけて、大変重厚な演奏をくりひろげている。

オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管

EMI。ART処理輸入盤。1961年録音。
「ティル」「死と変容」「7つのヴェールの踊り」とカップリング。

ジョージ・セル指揮ベルリン・フィル

TESTAMENT。1969年6月26日、フィルハーモニーでのライヴ録音。
冒頭が気合い入りまくりの熱演。ホルンの咆哮、シュヴァルベのソロ、など聴き所が多い。16:45と緩急の差も結構つけている。
同日の悲劇的序曲、シューマン第2とカップリング。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

SONY国内盤。1960年録音。「ティル」「ドン・キホーテ」とカップリング。15:52。
その後、シングルレイヤーSACD輸入盤も入手(写真)。こちらは「ティル」「死と変容」とカップリング(写真)。

ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィル

TELEFUNKEN。1967年録音(TELEFUNKEN国内廉価盤表示)。
もう1曲「ティル」も録音している。
2014年末に、VENIASレーベルからカイルベルトのTELEFUNKEN録音が14枚組BOXでまとめてリリースされたものを入手(写真)。これには1961年録音と表記されている。
しかしベルリン・フィル・ディスコグラフィにはどちらの年にも掲載されていない。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮チェコ・フィル

SOMM。1966年9月21日、モントルー国際音楽祭におけるスイス・ロマンド放送によるライヴ・ステレオ録音。
2004年発売。カップリングは同日演奏のブラームス第2番

クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル

EMI。1986年9月録音。ガン宣告の翌年4月にマーラー第8番を録音したあとの録音。
「ツァラトゥストラ」「4つの最後の歌」とカップリングの輸入盤。

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル

ソニー。LD。1992年12月31日、ジルベスター・コンサートのライヴ。

フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1954年録音。
LIVING STEREO輸入盤で、「ドン・キホーテ」とカップリング。

フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1960年録音。
2002年に出た国内盤で、ヴァーグナー録音集とカップリングのものを入手。

ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン

EMI。1970年録音。輸入盤全集セット
冒頭から意外な急速テンポで、その勢いで最後までやってしまう。

ルドルフ・ケンペ指揮ロイヤル・フィル

SCRIBENDUM。1964年5月22-25日録音。
アメリカの会員制の通信販売会社(出版社)であるリーダーズ・ダイジェスト社がステレオ初期に製作販売したLPのCD化である。同社はレコード制作を高音質で知られた米RCAに依頼し、RCAが当時、英DECCAと提携関係にあったため、プロデューサーがRCAのチャールズ・ゲルハルト(ガーハート)、エンジニアがDECCAのケネス・E・ウィルキンスンというような夢の組み合わせが実現できた。(彼らによる録音は他にレイボヴィッツのベートーヴェン交響曲全集がある。)
当CDのカップリングは、「新世界」「ローマの松」である。また復刻リマスターはEMIのアビーロード・スタジオでイアン・ジョーンズが担当している。

セルジュ・チェリビダッケ指揮スウェーデン放送交響楽団

DG。1970年11月、ニュルンベルクでのライヴ録音。OIBP化正規発売。
翌年の「ティル」とカップリング。

セルジュ・チェリビダッケ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団

DG。正規発売第3弾。OIBP化。1976年6月22日ライヴ。
各パートが音量を抑えられた透明な演奏だ。今まで聞こえなかった音が聞こえる。
「英雄の生涯」「死と変容」「ローマの松」とカップリング2枚組。

GALILEOレーベルの海賊盤も所有。録音年不明。

ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団

DECCA。1973年録音。
国内盤2枚組で、「アルプス交響曲」「ツァラトゥストラ」「ティル」「英雄の生涯」とカップリング。

クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮ウィーン・フィル

DECCA。1989年録音。「死と変容」「メタモルフォーゼン」とカップリング。

ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィル

TELDEC。1967年録音。

ロリン・マゼール指揮ウィーン・フィル

DECCA。1964年録音。国内盤でライナーVPOの「死と変容」とカップリング。