R・シュトラウス 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」


ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

ウィーン・フィル----1954年3月3日録音

EMI。Reference輸入盤。最晩年のスタジオ録音で音質最上。
2011年1月、フルトヴェングラー生誕125周年でSACD化された。
いずれも「ドン・ファン」「死と変容」および「モルダウ」とのカップリング。

ベルリン・フィル----1930年、ポリドールによるSP録音

DG。戦前SP録音集3枚組POCG 2342/4。この録音前のリハーサル風景も収録されている。
2005年発売、ANDROMEDAレーベル6枚組戦前SP全録音集にも収録。

ベルリン・フィル----1943年11月16日、ライヴ録音

DG。POCG 30081(初出F20G 29096)。マグネットフォン録音
初出CDではモスクワから返還されたテープからのCD化シリーズに含まれていたが、この曲だけは以前からDGが持っていた音源からのCD化であった。

ベルリン・フィル----1954年5月14日、トリノ、ライヴ

TAHRA。FURT 1041/42。
同日演奏の全曲目(ブラームス第3、トリスタン、オイリアンテ)とのカップリング。
ルバートが実にツボにはまっている。

ベルリン・フィル----1954年5月15日、ルガーノ、ライヴ

TAHRA。FURT1008/11。上のトリノの翌日で、この日は他に「田園」とモーツァルトのピアノ協奏曲第20番が演奏された。(この2曲はERM120収録)。
TAHRAのフルトヴェングラー没後40年記念4枚組で英雄・運命・田園・グレイトなどとのカップリング。今はあまり店頭にないのだが、このCDのケース裏の記載は「1944年5月15日」などとミスプリントしている。

この他に、TELDECのLD「アート・オヴ・コンダクティング2」では、1950年のライヴ録音録画で全曲が収録されている。後半3分の1くらいにバレエ画面が挿入されているが、しかし、フルトヴェングラーの指揮姿を十分知ることができる貴重な記録である。さすがに、こういった「現代的な」曲ではフルトヴェングラーも「ふると面食らう」ではいられないようである。(それでも「いつもの彼に比べれば」という程度であるが。)


その他のモノラル録音

リヒャルト・シュトラウス指揮シュターツカペレ・ベルリン

DG。1929年。
TELDECのLD「アート・オヴ・コンダクティング」では、1944年のウィーン・フィルとの演奏が一部収録されている。ちょこちょこと指揮棒を規則正しく動かすだけの指揮なのに、立派な演奏になってしまう。(そういう指揮でもちゃんと鳴るように作曲されているからか。VPOが作曲家を尊敬しているからか。)

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

セヴンシーズ。1949年3月5日、8Hスタジオでの放送用ライヴ録音。
「英雄の生涯」「ドン・ファン」とカップリング。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

RCA。1952年11月4日、カーネギーホール。
UV22 Super CD Encording方式でリマスターされた輸入盤2枚組。
「死と変容」「展覧会の絵」「ハイドン変奏曲」「フィンランディア」「モルダウ」などが収録されている。

クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィル

DECCA。1950年録音。国内盤 POCL 4310。2000年夏にTESTAMENTからもCD化(SBT 1185)。

クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィル

TELEFUNKEN。1941年1月13日録音。
99年11月、テルデック創立70周年で、TELEFUNKEN LEGACYシリーズが出た。原盤あるいはSP盤をきちんと清掃してリマスターしたので音質に深みがある。紙ジャケットの作りも凝っている。
メンゲルベルク指揮「英雄の生涯」「ドン・ファン」とのカップリングである。(3984-28409-2)

エーリヒ・クライバー指揮北ドイツ放送交響楽団

1953年1月29日、ハンブルク、ムジークハレにおけるライヴ録音。
2002年春にEMIがIMG Artistレーベルで他社の音源も含めたGREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組に収録されている。同日演奏のシューベルト第5番(こちらは疑似ステレオ化)や、「プラハの春」でのチェコ・フィルとの「田園」、DECCA録音のモーツァルト第40番などが収録されている。

エーリヒ・クライバー指揮ベルリン・フィル

TELDEC。1930年9月11日録音。
TELEFUNKEN LEGACYシリーズ紙ジャケット盤。
未完成」「アイネ・クライネ」などとカップリング。

カール・ベーム指揮シュターツカペレ・ドレスデン

DG。1957年録音。OIBP化。「アルプス交響曲」とカップリング。

フリッツ・ライナー指揮RCAビクター交響楽団

EMI。GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズ輸入盤。
RCA原盤、1950年9月20日、カーネギー・ホールでの録音。(メトロポリタン歌劇場のオケか?)

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮バンベルク交響楽団

VOX。1954年録音。

フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン・フィル

DG。1950年録音。


セルジュ・チェリビダッケ指揮

スウェーデン放送交響楽団

DG。1971年3月、ストックホルムでのライヴ録音。OIBP化正規発売。
前年の「ドン・ファン」とカップリング。

シュトゥットガルト放送交響楽団

EuroArts。DVD輸入盤。1965年モノラル・モノクロ収録
当DVDのメインは1982年カラー・ステレオの「シェヘラザード」
「ティル」については、リハーサル風景約33分と本番のコンサートの模様が両方収録されている。
TELDECのLD「アート・オヴ・コンダクティング2」に一部収録されていたのと同じ映像である。チェリがお尻ふりふり指揮をする姿に笑ってしまう。

シュトゥットガルト放送交響楽団

GALILEO。海賊盤。録音年不明ステレオ。「ドン・ファン」「死と変容」とカップリング。

その他のステレオ録音

フリッツ・ライナー指揮ウィーン・フィル

DECCA。1956年録音。
ORIGINAL REMASTERED RECORDING輸入盤448 568-2(写真左)。ブラームス「ハンガリー舞曲」ドヴォルザーク「スラヴ舞曲」とカップリングである。
さらに2000年10月入手した、DECCA LEGENDSシリーズ96kHZ, 24bitリマスタリングされた輸入盤467 122-2(写真右)では、「死と変容」まで収録している。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

SONY国内盤。1960年録音。「ドン・キホーテ」「ドン・ファン」とカップリング。
その後、シングルレイヤーSACD輸入盤も入手(写真)。こちらは「死と変容」「ドン・ファン」とカップリング(写真)。

ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィル

TELEFUNKEN。1961年録音。
2014年末に、VENIASレーベルからカイルベルトのTELEFUNKEN録音が14枚組BOXでまとめてリリースされたものを入手(写真)。

オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管

EMI。ART処理輸入盤。1961年録音。
「ドン・ファン」「死と変容」「7つのヴェールの踊り」とカップリング。

シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団

RCA。1961年3月20日録音。
XRCDでチャイコフスキー「ロメオとジュリエット」とカップリング。
ミュンシュのR・シュトラウス録音は珍しい(他にないのではないか?)。しかしこの存在があるために、おそらくRCAはライナー指揮シカゴ響でこの曲を録音しなかったのだろう。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

DG。1972年録音。OIBP化。
この時期のカラヤンのスマートな演奏が堪能できる。管のソリストが上手いことこの上ない。
2014年、シングルレイヤーのSACDを入手(写真右)。「ドン・ファン」「サロメ〜7つのヴェールの踊り」とカップリング。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィル

DECCA。1960年録音。
VPOとの録音集9枚組448 042-2(DIAPASON HISTORIQUE, CHOC)に収録されている(写真左)。
シングルレイヤーSACD国内盤でも入手(写真右)。

カール・ベーム指揮ベルリン・フィル

DG。1963年録音。
輸入盤3枚組に含まれるほか、CENTENARY COLLECTION(459 025-2)でOIBP化もされている(右)。

ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団

DECCA。1975年録音。
国内盤2枚組で、「アルプス交響曲」「ツァラトゥストラ」「英雄の生涯」「ドン・ファン」とカップリング。

ルドルフ・ケンペ指揮ベルリン・フィル

EMI。1958年録音。輸入盤profileシリーズ2枚組。「ドン・キホーテ」などとカップリング。

ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン

EMI。1970年録音。輸入盤全集セット

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル

ソニー。LD。1992年12月31日、ジルベスター・コンサートのライヴ。

カレル・アンチェル指揮チェコ・フィル

スプラフォン。1962年録音。
カップリングの「巨人」ともども表現がやや生硬い。
2002年夏、アンチェル指揮チェコ・フィルの録音を24bitリマスターしたゴールド・ディスクのシリーズがリリース開始された。その第1弾の1枚(SU 3666-2)を入手した。

クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮クリーヴランド

DECCA。1991年録音。「英雄の生涯」とカップリング。

ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィル

TELEFUNKEN。1967年録音(TELEFUNKEN国内廉価盤表示)。
もう1曲「ドン・ファン」も録音している。
2014年末に、VENIASレーベルからカイルベルトのTELEFUNKEN録音が14枚組BOXでまとめてリリースされたものを入手(写真)。これには1961年録音と表記されている。
しかしベルリン・フィル・ディスコグラフィにはどちらの年にも掲載されていない。