R・シュトラウスの交響曲


 ここに挙げたもの以外には、シュトラウス自身によるアルプス交響曲(41年EMI録音があるらしい)があればいいだろう。


アルプス交響曲

カール・ベーム指揮シュターツカペレ・ドレスデン

DG。OIBP化。1957年モノラル録音であるが古典的名盤とされている。
BPOとの「ティル」(63年録音)とのカップリング。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィル

Altus。1952年4月20日、ムジークフェラインにおけるライヴ。ロートヴァイスロート放送による録音。
ことさら大げさな表現はない。「大人の散歩」である。カップリングは58年の「死と変容」。

ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン

EMI。1970年録音。→全集録音

ルドルフ・ケンペ指揮ロイヤル・フィル

TESTAMENT。1966年4月27日、リーダーズ・ダイジェスト録音。
この曲のステレオ初録音である。ケンペはこれ以前に当曲を録音したことがなかったため、直前にロイヤル・フェスティヴァル・ホールでの実演をへて、キングズウェイ・ホールでの録音にのぞんだ。直近に当オケの首席トランペット奏者となったエルガー・ハワーズ、ホルンのアラン・シヴィルなど多くの管楽器の名手をそろえての録音であった。
カップリングはシヴィル独奏のホルン協奏曲第1番。

ゲオルク・ショルティ指揮バイエルン放送交響楽団

DECCA。1979年録音。国内盤2枚組。
ショルティとこのオケは珍しい組み合わせだが、ショルティの戦後の出世の第1歩はミュンヘンのバイエルン国立歌劇場であり、そこでR・シュトラウスの知遇を得たのであった。
VPOとの「英雄の生涯」、シカゴ響との「ツァラトゥストラ」「ティル」「ドン・ファン」とカップリングで「お買い得」。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

DG。1980年録音。OIBP化(カラヤンGOLD)。
なお、ソニーから出ているLDは、これとは別の1983年ライヴ録音である。(そちらは持っていないが)

クリスティアン・ティーレマン指揮ウィーン・フィル

DG。2000年10月ライヴ録音。
カップリングの「ばらの騎士」組曲ともども、ドイツに久々に出現した歌劇場たたきあげの若手が、ウィーン・フィルと初めて顔合わせをした時のライヴ録音である。

朝比奈隆指揮北ドイツ放送交響楽団

EMI。1990年3月19日、ムジークハレでのライヴ録音。
ジャケット写真は若き日の朝比奈なので、てっきりモノラルかと思っていたら、朝比奈が最後にハンブルクに登場した際のデジタル・ライヴ録音であった。朝比奈は1960年から90年までの間に6回このオケを指揮したらしい。


家庭交響曲

リヒャルト・シュトラウス指揮ウィーン・フィル

DG。1944年2月17日、Funkhaus(つまりオーストリア放送)大ホールでのライヴ録音。
DGのウィーン・フィル150周年記念CDの1枚で、「ティル」やワーグナー「マイスタージンガー前奏曲」とのカップリング。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル

DG。1944年1月12日、旧フィルハーモニー・ホール爆撃前最後のコンサートのライヴ。マグネットフォン録音

クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィル

DECCA。1951年録音。2000年夏、TESTAMENTからCD化された(SBT 1184)。

フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1956年録音。LIVING STEREO。「町人貴族」組曲とのカップリング。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

ソニー。1964年録音。「死と変容」とのカップリング。

ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン

EMI。1972年録音。→全集録音
なお当全集には「家庭交響曲への付属小品」op.73という曲も収録されている。(ピアノ独奏付き約20分)

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

EMI。1976年、パリ、サル・ワグラムでの録音。ART処理輸入盤。
ワーグナー「トリスタン」前奏曲・愛の死、「ローエングリン」第1&3幕前奏曲とのカップリング。
2013年、「英雄の生涯」「ドン・キホーテ」も含むシングルレイヤーのSACD国内盤3枚組を入手(写真、右はオリジナルLPジャケット)。