教会暦

 バッハの教会カンタータを理解するためには、ある程度「教会暦」についての知識が必要である。ただし、カトリック、ルター派、カルヴァン派によって、祝日の規定が異なっていることにも注意すべきである。

 ここではバッハの信仰していたルター派の「教会暦」について概略を見ていく。加えて、カール・リヒターが録音を残した教会カンタータを挙げておく。リヒターはカンタータ全集は録音完成しなかったが、教会暦1巡分は網羅しており、毎週日曜日・祝日にリヒターの指揮でその日用の教会カンタータを聴く、というのも面白いだろう。(私自身は、リヒターのカンタータ録音を全部は所有していないので、CDについてはARCHIVのカタログによった。)

備考98〜99年リヒターの録音
待降節第1日曜11月30日に最近の日曜日98.11.2961
第2日曜98.12.6
第3日曜98.12.13
第4日曜98.12.20132
降誕節第1祝日12月25日98.12.2563
第2祝日12月26日98.12.26121
第3祝日12月27日98.12.2764
降誕節後第1日曜98.12.2728
新年1月1日99.1.1171
新年後第1日曜99.1.358
顕現節主の公現1月6日99.1.665
第1日曜99.1.10124
第2日曜99.1.1713
第3日曜99.1.24111
第4日曜99.1.3181
マリアの潔めの祝日2月2日99.2.282
七旬節復活節前第9日曜99.2.792
復活節前第8日曜99.2.14126
復活節前第7日曜99.2.2123
四旬節灰の水曜日復活祭の46日前99.2.24
復活節前第6日曜99.2.28
復活節前第5日曜99.3.7
復活節前第4日曜99.3.14
復活節前第3日曜99.3.21
マリアへの受胎告知の祝日3月25日99.3.251
復活節前第2日曜99.3.28
棕櫚の主日
(枝の日曜)
復活節前第1日曜四旬節最終日
聖週間の始まり
99.4.4182
聖週間聖木曜日(洗足の木曜日)最後の晩餐にあたる99.4.8
聖金曜日(受難)十字架刑99.4.9
聖土曜日(大安息日)99.4.10
復活節第1祝日(日曜)春分の日後の最初の満月後の最初の日曜99.4.114
第2祝日(月曜)99.4.126
第3祝日(火曜)99.4.13158
復活後第1日曜99.4.1867
復活後第2日曜99.4.25104
復活後第3日曜99.5.212
復活後第4日曜99.5.9108
復活後第5日曜99.5.1687
昇天日復活祭の40日後99.5.2111
復活後第6日曜(昇天後の日曜)99.5.2344
聖霊降臨節聖霊降臨第1祝日復活後第7日曜(=50日後、ペンテコステ)99.5.3034
第2祝日(月曜)99.5.3168
第3祝日(火曜)99.6.1175
三位一体節三位一体主日復活後第8日曜99.6.6129
三位一体後第1日曜99.6.1339
三位一体後第2日曜99.6.2076
バプテスマのヨハネの祝日6月24日99.6.2430
三位一体後第3日曜99.6.2721,135
聖母マリアのエリザベツご訪問の祝日7月2日99.7.210,147
三位一体後第4日曜99.7.424
三位一体後第5日曜99.7.1193
三位一体後第6日曜99.7.189
三位一体後第7日曜99.7.25187
三位一体後第8日曜99.8.145,178
三位一体後第9日曜99.8.8105
三位一体後第10日曜99.8.15102
三位一体後第11日曜99.8.22179,199
三位一体後第12日曜99.8.29137
三位一体後第13日曜99.9.533
三位一体後第14日曜99.9.1217,78
三位一体後第15日曜99.9.1951
三位一体後第16日曜99.9.268,27
大天使ミカエルの祝日9月29日99.9.29130
三位一体後第17日曜99.10.3148
三位一体後第18日曜99.10.1096
三位一体後第19日曜99.10.175,56
三位一体後第20日曜99.10.24180
三位一体後第21日曜99.10.3138
宗教改革記念日10月31日、ルターの95ケ条99.10.3180
三位一体後第22日曜99.11.755,115
三位一体後第23日曜99.11.14139
三位一体後第24日曜99.11.2126,60
三位一体後第25日曜116
三位一体後第26日曜70
三位一体後第27日曜140

 なお、上記以外に有名な106番がある。これは哀悼行事用とされ、特定の祝日と関連していない。またリヒターは録音していないが、これまた有名な131番「深き淵より」も特定の祝日用ではない。

 主日(祝日)は毎週日曜日であるのが原則である。これだと日付が移動するので「移動祝日」という。

 しかし、クリスマス(12/25)や顕現祭(1/6)が固定されて以後、聖母マリア、使徒、殉教者などの記念日を日付で決定するようになった。これらは「固定祝日」という。

 教会暦は年末の「待降節」に始まるが、これは移動祝日である。しかし、クリスマス・新年関係でしばらく固定祝日が続く。
 しかしその後は、最重要祝日である「復活節」が移動祝日であり、しかもその移動範囲は3月下旬から4月下旬の約1ヶ月の幅がある。(ちなみに1997年が3月30日、1998年が4月19日、1999年が4月11日である。)そうなると、教会暦の後半を占める三位一体後の日曜日の数が最大で27回、最小で23回となる。

 以下、主な祝日について簡単に紹介しておく。(なお筆者はキリスト教徒ではないため、こうした知識はあくまでも辞典等で調べたものであり、信者の方から見たら不十分だったり不正確だったりすることがあると思われる。)

 まず何と言ってもクリスマスであるが、イエスが本当に12月25日に生まれたのでないことは定説というより常識となっている。それがなぜ12月25日になったかというと、ミトラ教の影響がある。ミトラ教はイラン起源だがローマ帝国の領土内に広く流布し、紀元後2世紀頃になると、ローマ皇帝コモドゥスも信徒になり、一時はローマ帝国の国教になったこともある。ミトラ教の神は光明神ミトラであり、その最大の祝日は「不滅の太陽の誕生日」(=冬至)である。それが、ローマ帝国東部では1月6日、西部では12月25日であった。
 そこで、東ローマのキリスト教会では1月6日をキリスト教化してイエスの誕生及び公現の祝日とした。一方、西ローマの教会では12月25日をイエスの誕生日としてキリスト教化した。
 のち、東西教会の交流の中で、「12月25日=イエス誕生」「1月6日=イエスの公現」と決定され固定祝日となったのである。

 なお、「公現」とは、東方の三博士(マギ)が生まれたばかりのイエスを拝みにきたことを記念する祝日であり、上の表のように「顕現祭」ともいう。
 ここで言う博士(マギ)とは、メディア(イラン人の国)で宗教儀礼を司る氏族のことであり、彼らの風習の1つに「鳥葬」があることからもゾロアスター教などアーリア人の宗教における聖職者という説が有力である。マギという語はイラン語のmaguがラテン語化したものであり、英語のmagicの語源である。

 なお、マタイ福音書の原文では、複数の「東の方から博士たち」が訪問したとあるだけだが、イエスへの贈り物が「黄金」「乳香」「没薬」という三種類だったので、のちに博士は「三人いた」ことになった。また、ゾロアスター教の祭司階級マギに由来するというのは一つの有力な学説というだけで、「非ユダヤ人の知識人」ということしかわからない。
 そもそも、この博士の訪問自体が、イエスが「ユダヤ人のみならず、異邦人(非ユダヤ人)にとっても、メシアであるのだ」ということを主張するために、福音書記者が創作したものである。

 さて、12/25がイエス生誕と決まると、バプテスマのヨハネはその半年前に生まれたことになっているので、ヨハネ祭が6/24の夏至の日となる。これが「Midsummer Day」であり、シェクスピアの「夏の夜の夢」や、またヴァグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の第2幕の夜の馬鹿騒ぎの舞台となる。(どうやらこの日もまた異教的風習に覆い被せられた祝日のようである。)

 ここでその他の固定祝日をいくつかあげておく。(これらはカトリックだけと思われる。)

聖ペテロ・聖パウロの記念日6/29カラヤンVPOが聖ピエトロ大聖堂でモーツァルト「戴冠式ミサ」を演奏した映像あり
聖母被昇天8/15
マリア生誕9/8
諸聖徒の日11/1All Saints' Day。その前夜10/31が「ハロウィン」で
これも異教徒の風習を抑えるために制定されたものである。
死者の記念日11/2「レクイエム」を演奏する。
聖フランシスコ・ザビエルの記念日12/3
無原罪の聖マリア祭12/8
日本26聖人の記念日2/5長崎で豊臣秀吉に処刑された人々を記念する。
聖ヨセフの記念日3/24マリアの夫

 なお、カラヤン指揮ベルリン・フィル「ブルックナー第9」の映像(SONY)が収録された1985年11月24日は、「死者の霊を慰める教会暦の最後の聖日である全聖徒の日(All Souls' Day)」であったと書かれているが、これが固定祝日なのか、それとも待降節直前の日曜日なのかは不明である。


 2003年末、八木谷涼子著「キリスト教歳時記」(平凡社新書)という本が出た。このページを作った際に、こういう本が欲しかったのだ。しかし本書でも上記11月24日については何も記載がなかった。