ドヴォルザーク スラヴ舞曲集

付、セレナーデ


この曲集は、第1〜8番までが作品46、第9〜16番までが作品72となっている。よって「op.72-No.2」は第10番となる。

モノラル録音

ヴァツラフ・ターリヒ指揮チェコ・フィル

スプラフォン。1950年録音。全16曲
古い輸入盤でもっていたが、2005年に始まったスプラフォンのターリヒ・エディション第1弾で24bit-96kHzリマスターされた輸入盤を入手。

カレル・アンチェル指揮ベルリン放送交響楽団

TAHRA。TAH 118。1960年6月18,20,21日、正規の放送用録音。全16曲

カレル・アンチェル指揮チェコ・フィル

TAHRA。TAH 136/7。作品72の全8曲
1959年9月21日、ニュージーランド、ウェリントン、タウン・ホールでのライヴ。

アンチェルはスプラフォンには同曲集を録音していないので、TAHRA盤2つは貴重である。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル

TAHRA。FURT 1008/11。1930年、ポリドールによるSP録音。第3番op.46-3のみ。
この曲はPOCG 2342/4には収録されていなかったが、TAHRAが没後40周年記念で出した4枚組に収録された。
しかし2004年、没後50周年記念でDGから出た2枚組00289 477 5238にもOIBPリマスタリングされて収録されている。
TAHRA盤はSPレコードからの復刻だったのに対し、DG盤は原盤からの復刻ということである。

ステレオ録音

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団

DG。1973〜74年録音。OIBP化(写真左)。全16曲
2011年、シングルレイヤーのSACD国内盤も出た(写真右)。

他に、Altusレーベルから、1965年4月13日、大阪フェスティヴァルホールでのバルトークの後のアンコールで演奏されたop.72-2,72-7の2曲がCD化されている。

カレル・シェイナ指揮チェコ・フィル

スプラフォン。廉価国内盤(現・廃盤)。全16曲
シェイナは、チェコ・フィルのオーボエ奏者でもあった人らしい。

ニコラウス・アーノンクール指揮ヨーロッパ室内管弦楽団

TELDEC。2000年6月(op.72)、2001年6月(op.46)、グラーツ、シュテファニエンザールでのライヴ。全16曲
COEを用いたことで、アーノンクールの意図がすみずみまでいきわたった演奏になっている。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

DG。OIBP化。1959年録音。Nr.1,3,7,10,16。スケルツォ・カプリチオーソop.66、
及びブラームスのハンガリー舞曲Nr.1,3,5,6,17,18,19,20とカップリング。

フリッツ・ライナー指揮ウィーン・フィル

DECCA。1960年録音。Nr.1,3,8,9,10
オリジナルLPのカップリングは、ブラームスのハンガリー舞曲Nr.1,5,6,7,12,13,19,21。
ORIGINAL REMASTERED RECORDING輸入盤448 568-2(写真左)では「ティル」も収録。
さらに2000年10月入手した、DECCA LEGENDSシリーズで、96kHZ, 24bit リマスタリングされた輸入盤467 122-2(写真右)では、「死と変容」まで収録しているが、その分「ハンガリー舞曲」のNr.12,13が入っていない

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

EMI。1970年録音。Nr.3,10。交響曲第8番とカップリング。

セルは、ソニーに全16曲を録音している(62-65年)が、私は持っていない。

ロリン・マゼール指揮ベルリン・フィル

EMI。1989年録音。
この時彼は全曲録音しているが、私が持っている盤は、HMV発売のテンシュテットの「新世界」にカップリングされた作品46のNr.1,2,3,4,7,8の6曲のみである。

セルジュ・チェリビダッケ指揮ロンドン交響楽団

NHK。DVD。1980年4月18日、NHKホールでのライヴ。
「展覧会の絵」がメインのコンサートで、アンコールにop.46-8


ドヴォルザークのセレナーデには「弦楽セレナーデ」と「管楽セレナーデ」の2つある。

弦楽セレナーデ E-dur op.22

ラファエル・クーベリック指揮イギリス室内管弦楽団

DG。1969年録音。
AMSI処理された国内盤で、ジュリーニ指揮「第8番」とカップリング。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団

ORFEO。1977年5月25日、ヘルクレスザールでのライヴ。
新世界」とカップリング。腰のある良い音色である。

ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル

ソニー。1968年5月録音。
ケンペがドイツCBSに残した録音が2002年春にCD3枚で復活したうちの1枚。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲(フレイレ)とカップリング。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

DG。1980年録音。チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」とカップリング。

管楽セレナーデ d-moll op.44

イシュトヴァン・ケルテス指揮ロンドン交響楽団員

DECCA。1967年録音。
ウィーン・フィルとの「新世界」とカップリングのユニバーサル国内盤。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団

ORFEO。1977年5月27日、ヘルクレスザールでのライヴ。
第8番とカップリング。