モーツァルト 協奏交響曲 K.364

クラウディオ・アバド指揮オーケストラ・モーツァルト、ジュリアーノ・カルミニョーラ(Vn)、ダニューシャ・ヴァスキエヴィチ(Vla)

ARCHIV。2CD。2007年11月、ボローニャでの録音。
ヴァイオリン協奏曲全集とカップリング。

フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、トマス・ツェートマイヤー(Vn)、ルース・キリウス(Vla)

GLOSSA。GCD 921108(2CD)。2005年録音。
ヴァイオリン協奏曲全集とカップリング。

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・フィル
ギドン・クレーメル(Vn)、キム・カシュカシアン(Vla)

DG。OIBP化。輸入盤2枚組。1983〜87年録音。
映像でも出ている。ヴァイオリン協奏曲全集とカップリング。

寺神戸亮(Vn)、ジギズヴァルト・クイケン(Vla)、ラ・プティット・バンド

DENON。1995年録音。別項のVn協第3番とカップリング。
クイケンのインタビュー記事

カール・ベーム指揮ベルリン・フィル
トマス・ブランディス(Vn)、ジュスト・カッポーネ(Vla)

DG。1964年録音の古典的名盤。
CENTENARY COLLECTION(459 025-2)でOIBP化。カップリングはR.シュトラウス「ティル」「ドン・ファン」など。
2000年6月には、紙ジャケットの国内限定盤でもOIBP化されたものが出た。(こちらはBPOとのK.297bと)

ベンジャミン・ブリテン指揮イギリス室内管弦楽団
ノルベルト・ブレイニン(Vn)、ピーター・シドロフ(Vla)

BBC LEGENDS。1967年11月27日ライヴ。ソリストはアマデウスSQ団員である。
リヒテルとのPC第22番、及びアダージョとフーガK.546とのカップリング。

フェリックス・プロハスカ指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団
ヴァルター・バリリ(Vn),パウル・ドクトール(Vla)

ウェストミンスター。1951年モノラル録音。K.297bとカップリング。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団
ラファエル・ドルイアン(Vn)、エイブラハム・スカーニック(Vla)

ソニー。1963年録音。クラリネット協奏曲とカップリング。

コレギウム・アウレウム合奏団
フランツ・ヨゼフ・マイヤー(Vn),ハンス・オットー・グラーフ(Vla)

DHM。2枚組。1978年録音。
オリジナル楽器によるが、演奏スタイルはモダン楽器によるものと大して変わらない
K.297bクラリネット協奏曲オーボエ協奏曲ホルン協奏曲第3番を収録している。

今井信子(Vla)、アイオナ・ブラウン(Vn,指揮)、アカデミー室内管弦楽団

PHILIPS。1989年録音。
未完の作品をP.ウィルビーが補筆完成した2曲(K.Anh.56 & 104)収録。

アムステルダム・モーツァルト・プレーヤーズ、ライナー・クスマウル(Vn),ユルゲン・クスマウル(Vla)

チャンネル・クラシックス。1991年録音。カップリングは、K.190,K.Anh.104の2曲。
他にもヴェラ・ベス(Vn),アンナー・ビルスマ(Vc)など、古楽器奏者の名前が載っていたので、オリジナル楽器の演奏かと思って買ったのだが違うようである。

カール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団
ローラ・ボベスコ(Vn),ジュスト・カッポーネ(Vla)

新星堂発売、SGR 2004/7 3枚組(EMI)。1957年録音。
上のコンビでは、協奏交響曲K.297b(ジャック・ランスロ、ピエール・ピエルロら)、オーボエ協奏曲(ピエルロ)、フルートとハープのための協奏曲(ランパル、ドラ・ワーグネル)を収録。