フランス・ブリュッヘン

18世紀オーケストラ

 不世出のリコーダー奏者ブリュッヘン(1934-)が、1981年に「もうテレマンはたくさんだ。これからは指揮に専念する。」ということで結成した団体である。ごく初期の録音としては、SEONレーベルの、自らリコーダーを吹いたヴィヴァルディの協奏曲集や、マックス・ファン・エグモントと共演してのバッハのカンタータ第56&82番がある。
 その後、PHILIPSと契約して、「モーツァルト第40番&ベートーヴェン第1番」で実質的デビュー。モーツァルトの後期の交響曲、バッハ「ロ短調ミサ」、ラモーのオペラの管弦楽曲と録音していったが、当初はベートーヴェンの「英雄」までとブリュッヘン自身が言明していて、例外は「シューベルト第5番&メンデルスゾーン第4番」だけだった。
 ところが、途中で方針転換し、ベートーヴェン・シューベルトの全交響曲や、メンデルスゾーンの後期3曲なども録音し、また並行してバッハの両受難曲やハイドンの後期交響曲および「天地創造」も録音完了した。
 一方、PHILIPS以外に、メンバーが創立したGlossaというスペインのレーベルにも、ラモーなどを録音している。ここから日本公演のモーツァルト「レクイエム」のライヴ録音も限定盤で発売された。これは予定には入っていたが、出来あがりにイマイチ不満だったのかリリースしないつもりだったらしいが、ちょうど亡くなられた佐々木節夫氏の追悼ということでリリースに踏み切ったという。

 この団体の音については、故佐々木節夫氏は常々「ボディがある」と書かれていた。まことに適切な表現であり、それに替わる言葉をなかなか思いつかないほどである。
 それがブリュッヘンの「表現主義的」な指揮によってドライヴされることにより、従来の古楽器演奏の貧血気味なイメージとは全く違う次元の演奏が生まれることになる。

 私自身、彼らの録音を初めて聴いた時に、「これなら古楽器でも聴ける。モダン楽器のオケのしょうもない不完全燃焼の録音は、これからはとても聴けない。」と思ったほどである。彼らのベートーヴェンは、ベートーヴェンがどんなに楽器に無理難題を強いていたかがよくわかる演奏になっているのである。音が出しやすい現代楽器で8割以下の音で演奏するハイドン・モーツァルトは聴衆にインパクトを与えない。音がなかなかでない古楽器を演奏者が頑張って音を出している演奏のほうが作曲家の真実に近いのである。

 もっとも、コツコツと録音してくれば出来不出来も当然ある。もちろんすべてが「偏差値60」近いものにはなっているが、ベートーヴェンの第9は、東京で聴いた実演のほうがあまりに素晴らしかったので、今CDで聴いてもあまり感動できない。「未完成」は素晴らしいが、それと比べると「グレイト」はイマイチかな、という気もする。しかし、そんなあら探しはどうでもよい。ブリュッヘンの録音は買って損はない。

 また、ブリュッヘンは、他のオリジナル派の指揮者たちと違って、少なくとも古典派を指揮する際にはあまり「版」の問題に深入りしない。(ヴィヴァルディの協奏曲など自分でソロを吹いていた時には、結構な学究肌だったのだが..)。それが、「不徹底」と感じるところもあるが、版よりも演奏そのものを大事にする姿勢は高く評価したい。


 ブリュッヘンは、ウィーン・フィルを指揮してハイドン?を演奏したことがあるらしい。また、コンセルトヘボウもブリュッヘンと指揮者として契約しているようだ。しかし、こうした現代楽器の団体と共演しての録音は今のところない。

 現在、18世紀オーケストラ以外の団体との録音としては、エイジ・オヴ・インライトゥンメント管弦楽団との、バッハ「管弦楽組曲」、ハイドン「疾風怒濤期の交響曲集」、そして同オケと18世紀オケとの合同演奏でのモーツァルト第40番の再録音があるぐらいである。