ロジャー・ノリントン

ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ

 ノリントン(1934-)は、ケンブリッジの学生時代に聖歌隊で歌い、のち指揮を学んで、1962年にハインリヒ・シュッツ合唱団を組織している。69年にケント歌劇場監督となり、74年に「ポッペアの戴冠」を古楽器を使用して上演。75年にロンドン・バロック・プレイヤーズを組織。これがロンドン・クラシカル・プレイヤーズとなるわけである。

 このコンビを初めて聴いたのは、「幻想交響曲」「ベートーヴェン交響曲第7番」の2枚であった。特に前者は、この曲ばかりではなくロマン派の曲をオリジナル楽器で演奏したディスクの草分けであり、大変注目されたのであった。
 特に「幻想」については、吉田秀和氏が「レコ芸・今月の1枚」欄で、オーケストレーション巨大化の先駆けというよりは、むしろ、管弦楽曲においてすべての楽器に主役として活躍できる場を与えた最初の曲ということがわかる演奏だ、と書かれていた。まったく同感である。

 その後、彼らのベートーヴェン、メンデルスゾーン第3第4、シューマン第3第4ブラームスの交響曲、さらについにはブルックナーの第3番第1稿や、ヴァーグナー管弦楽曲集(トリスタン名歌手など)、スメタナの「我が祖国」まで買い込むことになった。(考えてみると彼らのバロック音楽のCDは「水上の音楽王宮の花火の音楽」ぐらいしか持ってない。)

 彼らの演奏は、ベートーヴェンにおいてはオリジナル派特有の「騒音性」を前面に押し出したものになっているが、一方でドイツ・ロマン派の曲においては、結構多めの人数の弦楽器でふくよかな音を聴かせたりもしている。
 おそらく同名のオケではあるが、楽器その他きちんと使い分けているものと思われる。モーツァルトやハイドンの録音も出ているが、私がまだ入手しないうちに、録音原盤がEMIからヴァージンに移動してしまった。そのうちまとめて再発売された時に入手したい。

 なお、「我が祖国」がLCPの最後の録音ということにどうやらなりそうである。LCPは解散したらしい。
 かわって、シュトゥットガルト放送交響楽団の音楽監督となり、ヘンスラーからベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームスなどの交響曲録音が続々と出ている。