ハイドンの交響曲

モノラル録音

ステレオ録音

オリジナル楽器派の録音


 とりあえず、モノラル・ステレオ・オリジナル楽器、という分類にしてみたが、私はモダン楽器のステレオ録音をあまり多く所持していない。そもそも私がハイドンの交響曲のCDを意識して集め始めたのは最近のことで、いわば初心者同然なのである。早い話「ロンドン・セット」の12曲のうちホントによく知っていると言えそうなのは「驚愕」ぐらいなものなのだ。モーツァルトのように後期6大交響曲なら何とかどれもなじみがある、というようなレベルにすら達していないのである。

 一方、ハイドンの「ロンドン・セット」を全部録音した指揮者が少ないのも確かである。「驚愕」は録音していても「時計」はない、とか、「軍隊」はあっても「ロンドン」は無し、とかいうのがあたりまえの状態である。
 しかし、不思議と「V字」はかなり多くの指揮者が録音している。特にモノラル時代の巨匠がほとんどもれなく録音しているのである。そして、フルトヴェングラーの名盤でこの曲を聴いて以来、これこそハイドンの交響曲を代表する1曲だと、私は考えている。