ハイドンの交響曲 オリジナル楽器派の録音

モノラル録音

ステレオ録音


ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレーヤーズ

Virgin。2CD。1992〜93年録音。第99〜104番(後期ロンドン・セット)
もとはEMIレーベルで出ていたものだろう。小気味よい演奏だ。103番冒頭や104番終楽章などあちこちでバロック・ティンパニが大活躍。

ジギズヴァルト・クイケン指揮ラ・プティット・バンド

2つのレーベルに録音がある。

  • 「ロンドン・セット」全曲(Nr.93-104)
    DHM。1992〜97年録音。輸入盤5枚分売。チェンバロによる通奏低音付き(Nr.96-98ではピエール・アンタイ)である。
  • Nr.88〜92
    ヴァージン・クラシックス。国内盤TOCE-11264/5。
    Nr.88,89,92は、1991年録音で通奏低音はピエール・アンタイ(cemb)。
    Nr.90,91は、1989年録音で通奏低音はジェローム・アンタイ(fortepiano)である。

 他にも疾風怒濤期の曲などを録音しているようだが、私は持っていない。
 クイケンのハイドン演奏は、現代の規範といえよう。まさしく古典主義・啓蒙主義・理性と普遍性の時代の作品にふさわしい。
 クイケンがハイドンについて述べた「レコード芸術」誌のインタビュー記事を参照。

ジョス・ファン・インマゼール指揮アニマ・エテルナ

ZIGZAG。2003年6月11,12,14日、ブリュージュのコンセルトヘボウで録音。
第44番「葬送」、第45番「告別」、およびピアノ協奏曲ニ長調が収録されている。
どれも素晴らしいの一言である。ロンドン・セットやV字も聴いてみたいものだ。

ニコラウス・アーノンクール指揮コンセルトヘボウ

TELDEC。1986〜92年録音。
「ロンドン・セット」全曲(Nr.93-104)およびSym.68

  • WPCC 5229・・・Sym.Nr.93,100,68
  • WPCC 4301・・・Sym.Nr.94,95
  • 3984-21337-2,輸入2CD・・・Sym.Nr.96-99
  • 0630-18953-2,輸入2CD・・・Sym.Nr.101-104

私は上のような形で揃えた。上2つはレギュラー価格。下2つは廉価盤2CD。
モーツァルトと並んでアーノンクールとコンセルトヘボウ(このオケの対応力の高さ)の相性の良さを示す名演集である。

ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーン

12年の年月を隔てて次の2セットがある。
DHM。2001年12月10〜15日、2002年6月4-5日、ウィーン・コンツェルトハウス、モーツァルト・ザールでの録音。「パリ・セット」
TELDEC。1989年録音。Nr.6「朝」、Nr.7「昼」、Nr.8「晩」

フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ

PHILIPS。ブリュッヘンは1986〜93年に「ロンドン・セット」全曲(Nr.93-104)を録音しており、現在はBOXでも入手可能だが、私が持っているのは次の4枚。

  • PHCP 508・・・Nr.88「V字」、Nr.86。1988年録音。
  • 438 152-2・・・Nr.94「驚愕」、Nr.95、Nr.96「奇跡」。1992-93年録音。
  • PHCP 5101・・・Nr.100「軍隊」、Nr.104「ロンドン」。1990年録音。
  • PHCP 506・・・Nr.101「時計」、Nr.103「太鼓連打」。1987年録音。

アーノンクールやブリュッヘンの演奏は、表現芸術としての素晴らしさ・面白さは文句がない。
しかし、その「あふれる意欲」がハイドン演奏と常にマッチするとは限らないのではないかと、クイケン盤と聴き比べて思う。ブリュッヘンは根がロマン主義者なのだ。

フランス・ブリュッヘン指揮エイジ・オヴ・インライトゥンメント管弦楽団

PHILIPS。462 147-2(5CD)。疾風怒濤期の交響曲集(Nr.26,35,38,39,41-52,58,59,65)。
1994〜96年録音だが、分売なしで1998年にいきなり5枚組セットで出た。

クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オヴ・エンシェントミュージック

オワゾリール。1983〜84年録音。Nr.94「驚愕」、Nr.100「軍隊」、Nr.104「ロンドン」
ホグウッドは、フォルテピアノを弾きながら指揮している。

初期の曲などは、かなり録音も進んでいたのだが、不況により全集計画は中止となってしまったらしい。パリ・セット以降の曲の録音はこの3曲しか残っていない! 何ということだ! クイケン盤と並ぶ普遍性を持った名演なのに。

クルト・ヴァイル指揮ターフェルムジーク

ソニー。1994年録音。Nr.88「V字」、Nr.89、Nr.90
音色はコクがあるが、演奏は快適なテンポで特に可もなく不可もなく、といった感じ。
もう少し洒落たところが欲しい。

トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック管弦楽団

ERATO。WPCC 4488。1984年録音。
Nr.44「哀悼」、Nr.45「告別」、Nr.49「受難」の疾風怒濤期の3曲。
コープマンがチェンバロを弾きながら指揮している。

ピーター・ウィスペルウェイ、フロリレジウム(レイチェル・ポッジャー等の古楽器Ens.)

CHANNEL CLASSICS。1994年録音。
Nr.104「ロンドン」。ただし、ヨハン・ペーター・ザロモンが室内楽(Fl,2Vn,Vla,Vc,pf)に編曲した版である。
メインはチェロ協奏曲第1番、第2番である。