トン・コープマン

アムステルダム・バロック管弦楽団・合唱団

 彼は1944年生まれ。レオンハルトにオルガンを学んだ、言ってみれば「第2世代」の代表である。
 私は、オルガン奏者としての彼を水戸芸術館で聴いた。実に楽しそうにムジツィーレンする彼を「見る」だけで幸福になってくる。1991年、モーツァルト没後200年で日本で交響曲を演奏した際もTVで見たが、全く同じ印象である。

 彼自身がチェンバロを弾いてのバロック管弦楽曲の録音はいずれも素晴らしい。バッハのチェンバロ協奏曲は彼で聴くのが一番良いと思われる。

 問題は、それだけでは済まない曲がある、ということである。バッハの大規模な宗教曲録音を一気に片づけ、現在は教会カンタータ録音が進行中だが、その精神性は彼の弟子である鈴木雅明指揮BCJのほうが上である。また鍵盤楽器のソロにおいても、時としてその腰の軽さが気になることがある。