DG盤のCD

 ドイツ・グラモフォン(DG)から出ているフルトヴェングラーの録音は、その由来をたどると4種類からなっている。


国内盤の「ORIGINALS(OIBP)」シリーズ、およびシングルレイヤーSACD

 国内盤でOIBP化された盤がリリースされたのは1997年のことである。2011年にリリースされたシングルレイヤーのSACD国内盤は、この国内盤とカップングを同じにしている。97年盤CDと2011年SACDをまとめて国内盤を整理してみる。(OIBP化もSACD化もされていないノーマルな国内盤はここでは除く。)

CD作曲家オケ,共演種別場所年月日オルセン番号SACD
447 439-2

(OIBP)
シューベルト交響曲Nr.9「グレイト」BPOSJCK1951/12270UCGG 9019
ハイドン交響曲Nr.88「V字」BPOSJCK1951/12269
457 722-2

(OIBP)
フルトヴェングラー交響曲Nr.2BPOSJCK1951/12271-
シューマン
POCG 3791

譲渡済み
交響曲Nr.4BPOSJCK1953/5/14334UCGG 9020
-「マンフレッド」序曲BPOLTP1949/12/18178
POCG 3788

譲渡済み
ベートーヴェン
POCG 90445

(OIBP)
「エグモント」序曲BPOLTP※1947/5/27110UCGG 9016
交響曲Nr.5「運命」BPOLTP※1947/5/27111
ベートーヴェン大フーガBPOLTP1952/2/10285
POCG 3789

譲渡済み
ベートーヴェン交響曲Nr.7BPOLTP1953/4/14333UCGG 9017
ベートーヴェン交響曲Nr.8BPOLTP1953/4/14330
POCG 3793

譲渡済み
ブラームス交響曲Nr.1BPOLTP1952/2/10288UCGG 9018
グルック「アルチェステ」序曲BPOLシラー劇場1951/9/5262
POCG 3790

譲渡済み
シューベルト交響曲Nr.8「未完成」BPOLTP1952/2/10287
シューベルト「ロザムンデ」序曲BPOLTP1953/9/15367
ヘンデル合奏協奏曲op6-5BPOLTP1954/4/27395
POCG 3794

譲渡済み
ブラームス交響曲Nr.3BPOLTP1954/4/27396
ブラームスハイドンの主題による変奏曲BPOLTP1950/6/20206
POCG 3792

譲渡済み
ヴァーグナー

476 154-3
ジークフリート葬送行進曲BPOLTP1949/12/19181
「マイスタージンガー」第1幕前奏曲BPOLTP1949/12/19182
楽劇「パルシファル」聖金曜日の音楽BPOLAlexandria1951/4/25247
「トリスタン」第1幕前奏曲BPOLTP1954/4/27399
「トリスタン」愛の死BPOLTP1954/4/27400
-歌劇「タンホイザー」序曲BPOLRoma1951/05/01252

ソ連からの返還テープによる戦時中マグネットフォン録音 BOX2セット・・(2).

これらは、2001年に外盤の紙BOX×2セットで再発売された。その内容を下に表にしておく。→全マグネットフォン録音一覧表

輸入盤BOXOlsen
No.
年月日作曲家オケ,共演種別場所国内盤初出外盤初出
471 289-2
CD1-1944/02/07-08モーツァルト交響曲Nr.39BPOLStaatsoper BerlinF20G 29089427 776-2
851943/06/30ベートーヴェン「コリオラン」序曲BPOLBPF20G 29093427 780-2
841943/06/27-30ベートーヴェン交響曲Nr.4BPOLBPF20G 29090427 777-2
CD2861943/06/30ベートーヴェン交響曲Nr.5「運命」BPORBPF20G 29088427 775-2
891943/10/31-11/03ベートーヴェン交響曲Nr.7BPOLBP
CD3-1944/01/12ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲BPO,RohnLBPF20G 29093427 780-2
-1944/02/07-08ヘンデル合奏協奏曲op6-10BPOLStaatsoper BerlinF20G 29090427 777-2
CD4701942/12/06-08シューベルト交響曲Nr.9「グレイト」BPOLBPF20G 29094427 781-2
-1944/03/20-22ヴェーバー「魔弾の射手」序曲BPOLStaatsoper Berlin
471 294-2
CD1671942/03/01-03シューマンピアノ協奏曲BPO,GiesekingLBPF20G 29092427 779-2
-1942/10/25-28シューマンチェロ協奏曲BPO,MachulaLBP
CD2731942/11/08-09ブラームスピアノ協奏曲Nr.2BPO,FischerLBPF20G 29091427 778-2
CD3711942/10/25-28ブルックナー交響曲Nr.5BPOLBPF20G 29087427 774-2
CD4-1944/01/12R・シュトラウス家庭交響曲BPOLBPF20G 29095
(POCG 30080)
427 782-2
-1942/02/17R・シュトラウス「ドン・ファン」BPOLBP
CD5-1943/02/10シベリウス「エン・サガ」BPOLBPF20G 29096
(POCG 30081)
427 783-2
901943/11/16R・シュトラウス「ティル・オイレンシュピーゲル」BPOLBP
-1944/03/21ラヴェル「ダフニスとクロエ」no.2BPOLStaatsoper Berlin

 私はこれらの録音を表の右のほうにある1989年初出国内盤で8枚(初出は「1989年10月末日までの限定プレス」)、残りの2枚も初出と同じカップリングの再発盤で持っているため、新しい紙BOX盤は所有していない(その写真はHMVのSiteからとった)。
 外盤・国内盤初出のうち、F20G 29090(427 777-2)には、ハイドンの交響曲第104番「ロンドン」が録音日不明ということで収録されていた。しかし、それはのちに非フルトヴェングラー盤(要するにニセモノ)と判定されたため、新しいBOX盤には収録されていない。
 これら、モスクワ放送から自由ベルリン放送(SFB)に返還されたテープは、本物のオリジナルではなく、オリジナルからのデジタルコピーである。そしてどうやら、そのテープには若干余計な残響が付加されている。新しいBOX盤発売に際しても、特に音質を変えるようなことはしていないようである。
 いずれもベルリンでの「ライヴ録音」という表記になっているが、別に記したように43年の「運命」は放送用録音である。
 また「第7番」の第4楽章冒頭、および「コリオラン」の末尾のピツィカートは、オリジナル・テープでは欠落しているが、別の所の音で補完している。

 なお、初出発売時には、各盤にそれぞれ立派な解説がついていた。(再発されたPOCG 30080,30081の2枚も初出時と同じカップリングが保持されていたため同じ解説がついていた。)それら執筆者と題名は以下の通りである。

番号執筆者
F20G 29087カルラ・ヘッカーヴィルヘルム・フルトヴェングラー − 対話を通じて受けたその人となりの印象
F20G 29088デイヴィッド・ケアーンズ古典派・ロマン派音楽の解釈者としてのヴィルヘルム・フルトヴェングラー
F20G 29089デイヴィッド・ケアーンズヴィルヘルム・フルトヴェングラー略伝
F20G 29090ユーディ・メニューインヴィルヘルム・フルトヴェングラー賛
クラウス・ラング(SFB)ヴィルヘルム・フルトヴェングラー − このコンサート録音が成立するまで
F20G 29091ダニエル・バレンボイム指揮者バレンボイム フルトヴェングラーを語る
F20G 29092カルラ・ヘッカーヴィルヘルム・フルトヴェングラー 芸術家たちの回想
F20G 29093エリーザベト・フルトヴェングラー1942年から1944年にかけての戦時下のベルリンでの演奏会
クラウス・ラング(SFB)「フルトヴェングラー・オデッセイ」−モスクワから返還されたフルトヴェングラーの録音
F20G 29094ヨアヒム・カイザーヴィルヘルム・フルトヴェングラー − その人と演奏に触れて
POCG 30080(F20G 29095)ジョルジョ・ペステッリヴィルヘルム・フルトヴェングラー − 音楽の展開に見られる統一感
POCG 30081(F20G 29096)ルイージ・ベリンガルディヴィルヘルム・フルトヴェングラー − 指揮者としての使命とその遺産

その他のライヴ録音集 BOX2セット+1CD ・・(3)(4)

 これらはいずれもEmil Berliner Studioにおいて新たにリマスタリングされたものである。この中に、DECCAから発売されていたシューマン「春」が入っているのは、DECCAとDG(とPHILIPS)がともにUNIVERSALグループ傘下となり、Emil Berliner Studioはその3レーベルのマスタリングを行っているからである。
 また、プラス貴重な1枚、ベートーヴェン「運命&V協」もeloquenceシリーズ輸入盤で出た。47年5月27日の「運命」と「エグモント」がDG外盤でCD化されたのはこれが初めてである。従来DGから発売されていてこのBOX2組+1枚に入っていない録音は、ほんの少しだけである(下記参照)。

CDOlsen
No.
年月日作曲家オケ,共演種別場所
474 030-2(6CD)

live recordings
1944-1953
(2002年)
1001944/06/02ベートーヴェン「レオノーレ」序曲Nr.3VPORWMV
1031944/10/17ブルックナー交響曲Nr.8VPORWMV
1071945/01/28ブラームス交響曲Nr.2VPOLWMV
1061945/01/29フランク交響曲d-mollVPOLWMV、28日表記
1201947/09/16ヒンデミット交響的変容BPORDGH
1211947/09/16R・シュトラウス「ドン・ファン」BPORDGH
1781949/12/18シューマン「マンフレッド」序曲BPOLTP
1811949/12/19ヴァーグナージークフリート葬送行進曲BPOLTP
1821949/12/19ヴァーグナー「マイスタージンガー」第1幕前奏曲BPOLTP
2061950/06/20ブラームスハイドンの主題による変奏曲BPOLTP
2461951/04/19,22チャイコフスキー交響曲Nr.6「悲愴」BPOLCairo
2471951/04/25ヴァーグナー楽劇「パルシファル」聖金曜日の音楽BPOLAlexandria
2521951/05/01ヴァーグナー歌劇「タンホイザー」序曲BPOLRoma
欠番1951/10/22ラヴェルスペイン狂詩曲VPOLStuttgart
2871952/02/10シューベルト交響曲Nr.8「未完成」BPOLTP
3331953/04/14ベートーヴェン交響曲Nr.7BPOLTP
3991954/04/27ヴァーグナー「トリスタン」第1幕前奏曲BPOLTP
4001954/04/27ヴァーグナー「トリスタン」愛の死BPOLTP
477 006-2(6CD)

an anniversary
tribute
(2004年)
771942-1943モーツァルト交響曲Nr.39BPORBP
1021944/10/07ブルックナー交響曲Nr.9BPORBeethovenssaal
1101947/05/27ベートーヴェン「エグモント」序曲BPOLTP※ベルリン英占領区ソ連放送局スタジオ
1241947/10/27R・シュトラウス「メタモルフォーゼン」BPOLTP
1331948/10/22バッハ管弦楽組曲Nr.3BPORDGH
1751949/10/18ベートーヴェン「レオノーレ」序曲Nr.2BPOLDGH
2621951/09/05グルック「アルチェステ」序曲BPOLシラー劇場
2671951/10/29シューマン交響曲Nr.1「春」VPOLMunchen
2851952/02/10ベートーヴェン大フーガBPOLTP
2881952/02/10ブラームス交響曲Nr.1BPOLTP
3301953/04/14ベートーヴェン交響曲Nr.8BPOLTP
3671953/09/15シューベルト「ロザムンデ」序曲BPOLTP
3961954/04/27ブラームス交響曲Nr.3BPOLTP
4011954/05/04ヴェーバー「オイリアンテ」序曲BPOLParisOP
474 728-2

(2003年)
1111947/05/27ベートーヴェン交響曲Nr.5「運命」BPOLTP※ベルリン英占領区ソ連放送局スタジオ
3361953/05/18ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲BPO,SchneiderhanLTP

 上記のうち、1945年1月末のウィーン・フィルとの「ブラームス第2」「フランクの交響曲」の2つは、1991年になって初めてDGから出たものである。東芝EMI=ユニコーン・レーベルではずっと前から出ていたが、そのうちのフランクのほうは実はDECCAのスタジオ録音だった。(→こちらを参照。)
 さて、従来はこの2曲とも「1月28日」の録音とされていた。上記BOX盤の記載もそうなっている。
 しかし、「45年盤フランク」の世界初発売となったPOCG 2340 の桧山氏の解説によれば、フランス・フルトヴェングラー協会のR. Tremine (TAHRAのディスコグラフィ作成者)がウィーン・フィルハーモニー資料室収蔵の同フィル録音記録を調査した結果、ブラームスは28日、フランクは29日の録音と記録されているとのことである。(なのに、当のTAHRAのディスコグラフィでは、それが逆に記載されているのはどうしたことか?)

従来、DGからCDが発売されていながら、上記のBOXに収録されていないもの

Olsen
No.
年月日作曲家オケ,共演 種別場所番号備考
831943/06/27-30ベートーヴェン交響曲Nr.4BPO RBPPOCG 2349これが唯一のCD
返還テープとは別演奏の放送用録音。
881943/10/31-11/03ベートーヴェンピアノ協奏曲Nr.4BPO,Hansen LBPPOCG 2349→TAHRA FURT 1084/7
-1951/10/22ブルックナー交響曲Nr.4「ロマンティック」VPO LStuttgart445 415-2廉価2CD(44年の第8と)。
国内盤も出ている。
2441951/04/23ブルックナー交響曲Nr.7BPO Lカイロ445 418-2廉価2CD(44年の第9と)。
国内盤も出ている。
2051950/06/20ヘンデル合奏協奏曲op6-10BPO LTPPOCG 2352DGでは唯一のCD→audite盤BOX
3951954/04/27ヘンデル合奏協奏曲op6-5BPO LTPPOCG 3790 OIBP。通常盤でPOCG 2352。→audite盤BOX
-1953/05/30ベートーヴェン交響曲Nr.9「合唱」 VPO,
Singakademie,
Seefried,Anday,
Dermota,Schoffler
LWMV435 325-2VPO百周年CD。
→Altus ALT 076で再発売。
4231954/08/30ベートーヴェン大フーガVPO LSalzburg435 324-2VPO百周年CD(44年のブラームス第2)。
→ORFEOのザルツブルク録音BOXで再発売。