パーヴォ・ヤルヴィ

(1962〜)


略歴

 エストニア出身の著名な指揮者ネーメ・ヤルヴィ(イェテボリ交響楽団首席)の長男である。名前は、フィンランドの指揮者パーヴォ・ベルグルントにちなんでつけられた。
 2001年、シンシナティ交響楽団首席指揮者(〜2011年)。
 2004年からはドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンの芸術監督となり、ベートーヴェン交響曲全集、シューマン交響曲全集という名盤を生み出した。
 2006年からはフランクフルト放送交響楽団の首席指揮者(〜2014年まで)となり、マーラーやブルックナーなどの録音を精力的に行っている。
 2015年からはNHK交響楽団首席指揮者に就任している。

 ベルリン・フィルの次期指揮者が誰になるのか、2015年5月に行われた1回目の投票では決まらなかった。アバド・ラトルと続いてきた、オーセンティックな演奏路線から外れない人ということなら、私としてはパーヴォ・ヤルヴィが適任だと思うし、是非そうあってほしいと期待している。ティーレマンはべたーっとしたつまらない指揮者になってしまったし、シャイーは大変素晴らしいが残念ながらオーセンティック路線とは言えない(それにラトルより年上だ)。