ジョルディ・サヴァール

 私がこの人の演奏を初めて聴いたのは、セレロールスの「戦争ミサ」のCDである。タリス・スコラーズが続々とルネサンス宗教音楽の録音をリリースしていた頃で、ちっとも有名でない作曲家の作品にも日があたるようになったバブルの時期であった。

 Jordiという名はスペイン標準語ではホルディになるが、彼はバルセロナ近郊の出身なのでカタルーニャ方言でジョルディと発音する。
 はじめバルセロナ音楽院でチェロを学んだが、マラン・マレやフォルクレなどによるヴィオラ・ダ・ガンバのための曲に魅せられ、1968年からバーゼルのスコラ・カントルムに入学しアウグスト・ヴェンツィンガーらに師事した。
 1974年、自らの団体「エスペリオンXX」を発足。(ここには一時コープマンも属していた。ずっと後に2000年に2人の録音したバッハのヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタは名盤である。)

 しかし私が持っている彼のCDは、1980年代後半になって彼が新たに創設した声楽&器楽アンサンブル「ラ・ カペリャ・レイアル」のものが多い。はじめに書いたセレロールスの曲もこの団体によるものである。 さらに、室内管弦楽団「ル・コンセール・デ・ナシオン」も組織して、ブランデンブルク協奏曲やベートーヴェンの「英雄」、ラ・カペリャ・レイアルの合唱団とあわせてモーツァルト「レクイエム」なども録音している。

 サヴァールの演奏の特徴は、近年ますます洗練されてきた古楽器演奏の中で、ほどよい騒音性をずっと保持しているところにあるのではないか。