オトマール・スイトナー

1922.5.16 インスブルック 〜

略歴

1922年、オーストリアのインスブルックにて、ドイツ系の父とイタリア系の母との間に生まれる。
生地の音楽院とザルツブルク・モーツァルテウム音楽院で学び、指揮をクレメンス・クラウスに師事した。
1941年、インスブルック・ティロル州立劇場の副指揮者として活動開始。
第2次大戦後は一時ピアニストとして活動し、52年ケムシャイト市立劇場音楽監督、57年ファルツ管弦楽団音楽総監督となり、西ドイツの各都市で指揮していた。
1960年、ドレスデン国立歌劇場と同管弦楽団の音楽総監督となってからは東ドイツで活動。
1964年にベルリン国立歌劇場音楽総監督となり90年に辞任するまでその地位を維持した。
また1964〜67年にはバイロイト音楽祭に出演。
1971年にNHK交響楽団を指揮するため初来日、73年に同響の名誉指揮者となり、毎年のように来日。
手兵のベルリン国立歌劇場や同管弦楽団との来日も多い。89年にN響を指揮しに単身来日したのを最後に、90年に健康を害してベルリン国立歌劇場を辞任して以来、事実上の引退状態にある。


 この指揮者は高校の頃から、N響の指揮者としてなじみがあった。しかし、彼のドイツにおける地位などは知らなかったこともあり、「風采のあがらない指揮者だなぁ」ぐらいにしか思っていなかった。実際、N響アワーなどをTVで見ても、そんなに凄い演奏には聞こえなかったし、味があるとすら思えなかった。
 彼に対する評価を改めたのは、シュターツカペレ・ベルリンとの「第9」と「田園」のCDを聴いてからである。特に「田園」はワルター以来の名演である。また、シューマンの「春の交響曲(オリジナル版)」は文句なしの名盤だ。他にこの版で演奏している録音が未だ出ていないので貴重でもある。

 続いて、最近になってシュターツカペレ・ドレスデンとの録音がBOXで発売されたのを入手し、モーツァルトの後期交響曲集の素晴らしい演奏に心が洗われた(写真左)。この演奏・録音を“味がある”と感じられるほどに私も年をとったということか? このBOXには他にも「巨人」、「春の祭典」、チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」、ビゼーの交響曲ハ長調、R・シュトラウス「メタモルフォーゼン」などなど興味深い録音が多数収録されている。
 続いてシュターツカペレ・ベルリンとのBOXが2セット発売された。ひとつは「ブルックナーの主要交響曲+マーラー第2・第5」(写真中央)、もうひとつは「ブラームス全集ドヴォルザーク全集」(写真右)である。いずれも奇をてらったところがない演奏である。

 しかしスイトナーは単に味のあるだけの指揮者ではない。Altusから出たブラームス第1番や、TOKYO FMから出たモーツァルトの3大交響曲のライヴ録音に聴ける“燃える指揮者”でもあった。
 1987年ベルリン国立歌劇場の来日公演におけるテオ・アダム、ペーター・シュライヤー、ライナー・ゴルトベルクらによる「ニュルンベルクのマイスタージンガー」も結構よかった。(TVで見、FMをエアチェックした。そのテープは何度も聴いたので、今では劣化がひどくて聴けたものではない。)

 そうそう! 彼のオペラ録音と言えば、なんと言っても「魔笛」である。これはドイツ語が実に良い。