ヴァレリー・ゲルギエフ

1953.5.2〜

略歴

1953年、北オセチア共和国(コーカサス地方)出身の両親のもとモスクワに生まれ、コーカサスで育つ。
初めピアニストとしての教育を受けていたが、のちレニングラード音楽院でイリヤ・ムーシンに師事。
在学中に全ソ連指揮者コンクールに入賞、77年にはベルリンのカラヤン指揮者コンクールで1位なしの第2位。
翌年からキーロフ劇場の指揮者として活動を開始。87年にはベルリン・フィルの定期に登場した。
1988年、35才の若さでキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)の芸術監督・首席指揮者に就任し、ソ連崩壊の激動も乗り切り劇場改革を成し遂げ、コヴェントガーデンなど海外の一流劇場との提携にも成功した。
90年にはボストン響を指揮してアメリカにデビュー。シカゴ響やニューヨーク・フィルにも招かれている。
メトロポリタン歌劇場首席客演指揮者、ロッテルダム・フィル首席指揮者も務め、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルにも客演が多い。


 私が彼に興味をもったのは、なんと言っても2002年のレコ芸読者の選んだナンバー1ディスク「シェヘラザード」を確か銀座山野楽器で視聴し てからである。これは凄い、と思って彼のディスクをまとめて注文・入手した。
 上記「シェヘラザード」の他、チャイコフスキー「悲愴」、第5(VPO)ヴァイオリン協奏曲、「展覧会の絵」(VPO)、「春の祭典&法悦の詩」、DVDで「火の鳥古典交響曲」(VPO)などである。
 いずれも緻密さと土俗的な面を併せ持った熱い演奏になっている。
 しかしロシア物以外では、果たしてどんな演奏になるのだろうか? 来日公演ではブルックナーの「ロマンティシェ」を演奏したらしいが...