グスタフ・レオンハルト


 いわずと知れた、オランダ・ベルギー系の古楽奏者たちの総元締めである。
 クイケン、ブリュッヘン、ビルスマらは彼と共演した不 滅の名盤「ブランデンブルク協奏曲」によって名をあげたといってもよい。クイケン兄弟率いるラ・プティット・バンドも、もとはDHMがレオンハル トの指揮でリュリの曲を録音するために結成された団体である。
 鍵盤楽器奏者としてはコープマンやアスペレンの師匠にあたる。(アスペレンは「フーガの技法」で共演している。)
 またウィーンのアーノンクールと分担して録音したバッハの教会カンタータ全集では、ヘレヴェッヘなども顔を出している。(この全集によりアーノンクール とレオンハルトは1980年に芸術のノーベル賞と呼ばれる「エラスムス賞」を受賞している。)
 さらにバッハ役で映画にも出演したこともある。
 私は水戸芸術館で彼がチェンバロを弾くのを聴いたことがある。残念な がらバッハの作品はプログラムになかったが、彼が舞台に出てきた時に感じた風格は比類がないものであった。