シューマン ピアノ協奏曲


映像

マリア・ジョアン・ピリス、
ジョン・エリオット・ガーディナー指揮ロンドン交響楽団

LSO。Bluray-Audio,Video&SACD Hybridの2枚組。
2014年1月21日、バービカンセンターでのライヴ収録。
Bluray Audioの音質は24bit-192kHzである。Bluray Videoのほうがオマケ扱いらしい。
カップリングは同日演奏のメンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」と「スコットランド」である。

ダニエル・バレンボイム、セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル

TELDEC。LD。WPLS-4026。
1991年7月、Erlangen,Stadthalleで収録。(おそらくブラームスの協奏曲第1番と同じ日)。
カップリングはチャイコフスキーの協奏曲第1番
チェリはバレンボイムを「指揮はできないが、良いピアニスト」と評価している。

EuroArts。DVD輸入盤。チャイコの協奏曲とカップリングで2011年末に発売された(写真)。
ブラームスの2曲のDVDも同時に発売されている。

モノラル録音

ワルター・ギーゼキング、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル

DG。1942年ライヴ録音。
マヒュラのソロでのチェロ協奏曲とのカップリング。マグネットフォン録音

ワルター・ギーゼキング、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア

EMI。1951年録音。ART処理の輸入盤でグリークとのカップリング。

ディヌ・リパッティ、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア

EMI。1948年4月9,10日、アビー・ロード・スタジオで録音。
Referenceシリーズ輸入盤でモーツァルト第21番ライヴ録音とカップリング。
2002年春、GREAT RECORDINGS OF THE CENTURYシリーズART処理輸入盤も入手(写真左)。カップリングも同じ。
2012年初め、ガリエラ指揮のグリークの協奏曲とカップリングでSACD Hybrid国内盤が出た。(写真右)。

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、セルジュ・チェリビダッケ指揮スウェーデン放送交響楽団

WEITBLICK。1967年11月19日、ストックホルム・コンツェルトハウスでのライヴ録音。
カップリングは、このコンビによるステレオ・ライヴでの「皇帝」である。

ステレオ録音

マリア・ジョアン・ピリス、クラウディオ・アバド指揮ヨーロッパ室内管弦楽団

DG。1997年9月、ベルリン、イエス・キリスト教会での録音。
2007年にリリースされた輸入盤2枚組で、モーツァルト第23番(ブリュッヘン指揮モーツァルテウム管)などとカップリング。

マルコム・フレイジャー、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン

Profil。シングルレイヤーSACD国内盤。1974年3月15日、ドレスデン、クルトゥーア・パラストでのライヴ録音。
この日演奏されたR・シュトラウス「英雄の生涯」、ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」がカップリングされている。

ヴィルヘルム・バックハウス、ギュンター・ヴァント指揮ウィーン・フィル

DECCA。1960年録音。
この録音の際のエピソードについては、こちらへ。

ラドゥ・ルプー、アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団

DECCA。1976年録音。
2012年末、シングルレイヤーのSACD国内盤で入手(写真、オリジナルジャケット)。
カップリングはグリークの協奏曲。

オラシオ・グティエレス、クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル

EMI。1977年録音。グリーグとカップリング。両曲とも熱い演奏。
タワーレコード・新星堂・山野楽器の共同企画によるEMI録音の復刻CDである。

ホルヘ・ボレット、クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル

BBC LEGENDS。1984年10月7日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ録音。
90年のブラームス交響曲第1番とカップリング。

ソロモン、ヘルベルト・メンゲス指揮フィルハーモニア管弦楽団

EMI。1956年録音。
Profileシリーズ2枚組でベートーヴェンの第1・第3、グリークなどとカップリング。
のちTESTAMENTの復刻盤(グリークと)も入手。

スヴャトスラフ・リヒテル、ヴィトルド・ロヴィツキ指揮ワルシャワ国立フィル

DG。1958年録音。OIBP化。
カップリングはスタニスラフ・ヴィスロツキ指揮の「序奏とアレグロ・アパッショナートop.92」、およびソロで、ノヴェレッテop.21-1、トッカータop.7、「森の情景」op.82

スヴャトスラフ・リヒテル
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団

EMI。1974年録音。ART処理。
同時録音のグリーグの協奏曲、および62年ライヴの「蝶々」op.2とカップリング(写真左)。
2012年、輸入盤のSACD Hybrid盤2枚組では、クライバーとのドヴォルザークの協奏曲もカップリングされているかわりに、「蝶々」は収録されていない(写真右)。

ネルソン・フレイレ、ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル

ソニー。1968年5月録音。
ケンペがドイツCBSに残した録音が2002年春にCD3枚で復活したうちの1枚。それはまたフレイレの録音デビューとなった一連の録音でもあり、当盤のカップリングのグリークの他、チャイコフスキーの協奏曲も出た。

レオン・フライシャー、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

ソニー。1969年録音。グリークとのカップリング。

マウリツィオ・ポリーニ、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル

DG輸入盤。1989年録音。
カップリングはソロで、交響的練習曲op.13、およびアラベスクop.18。

マルタ・アルゲリッチ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団

DG。1978年録音。OIBP化。
ショパン第2番とのカップリング。

マルタ・アルゲリッチ、ニコラウス・アーノンクール指揮ヨーロッパ室内管弦楽団

TELDEC。1993年録音。クレーメルのVn協奏曲とのカップリング。

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル

ARTISTS。海賊盤。
最後の拍手の聞こえ具合からして明らかに会場での盗み録りであるが、その割にはまずまず。
この2人の関係については「異端のマエストロ チェリビダッケ」に詳しい。

オリジナル楽器での録音

アンドレアス・シュタイアー、フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団

HMF。1996年録音。交響曲第2番とカップリング。
1850年頃J.B.Strecher製作のフォルテ・ピアノを使用している。