グリーク ピアノ協奏曲

モノラル録音

ワルター・ギーゼキング、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア

EMI。1951年録音。ART処理の輸入盤でシューマンとのカップリング。

ディヌ・リパッティ、アルチェオ・ガリエラ指揮フィルハーモニア

EMI。1947年録音。
Reference輸入盤(写真左)は、アッカーマン指揮のショパンの協奏曲とカップリング。
2012年初め、カラヤン指揮のシューマンの協奏曲とカップリングでSACD Hybrid国内盤も出た(写真右)。

ステレオ録音

スヴャトスラフ・リヒテル
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団

EMI。1974年録音。ART処理。
同時録音のシューマンの協奏曲、および62年ライヴの「蝶々」op.2とカップリング(写真左)。
2012年、輸入盤のSACD Hybrid盤2枚組では、クライバーとのドヴォルザークの協奏曲もカップリングされているかわりに、「蝶々」は収録されていない(写真右)。

ラドゥ・ルプー、アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団

DECCA。1976年録音。
2012年末、シングルレイヤーのSACD国内盤で入手(写真、オリジナルジャケット)。
カップリングはシューマンの協奏曲。

クリフォード・カーゾン、エイヴィン・フィエルスタート指揮ロンドン交響楽団

DECCA。1959年録音。ORIGINAL REMASTERD RECORDING。

オラシオ・グティエレス、クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル

EMI。1977年録音。シューマンとカップリング。両曲とも熱い演奏。
タワーレコード・新星堂・山野楽器の共同企画によるEMI録音の復刻CDである。

エミール・ギレリス、オイゲン・ヨッフム指揮コンセルトヘボウ管

TAHRA。ヨッフム生誕100年記念の4枚組TAH 474/7。1979年1月28日、ライヴ。

ソロモン、ヘルベルト・メンゲス指揮フィルハーモニア管弦楽団

EMI。1956年録音。
Profileシリーズ2枚組でベートーヴェンの第1・第3、シューマンなどとカップリング。
のちTESTAMENTの復刻盤(シューマンと)も入手。

ネルソン・フレイレ、ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル

ソニー。1968年5月録音。
ケンペがドイツCBSに残した録音が2002年春にCD3枚で復活したうちの1枚。それはまたフレイレの録音デビューとなった一連の録音でもあり、当盤のカップリングのシューマンの他、チャイコフスキーの協奏曲も出た。

レオン・フライシャー、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

ソニー。1969年録音。シューマンとのカップリング。