京都

訪問記

2回目

 2010年9月26日、前日の奈良めぐりの帰路、まず午前中にJRで宇治に立ち寄り平等院を訪問。これも中学校の修学旅行以来だ。鳳凰堂の内部も参観した。
 その後京都でも新幹線の時間まで時間があったので、前回工事中だった西本願寺を再訪。修復完了しした御影堂のほか唐門、書院も門外から外観を見ることができた。飛雲閣は塀に囲まれ非公開だが..

1回目

 2007年6月30日から2泊3日で京都へ。30日は着いてすぐ「城めぐり」で二条城を訪問。
 翌7月1日は、世界遺産寺院めぐりとした。中学の修学旅行での金閣・清水寺・二条城・平安神宮・延暦寺、私大入試のついでで銀閣・京都御所周囲・東本願寺を見て以来、20年以上ぶり3度目の京都訪問であるため、もう一度最もメジャーな所を見てまわることにしたのである。
 まずはホテルからタクシーで銀閣へ。開門前の8:15着。8:30開門と同時に入り、9:10にはまたまたタクシーで金閣へ。銀閣の修学旅行中学生は班別行動だったが、さすが金閣は全生徒での見学のようで、池のまわりは観光客でぎっしり。なかなか撮影スポットの確保が大変だ。
 10:20には出てバスですぐ近くの竜安寺へ。有名な石庭に臨む方丈の縁側は観光客、しかも外国人だらけで侘び寂びどころではない。方丈裏の「吾唯足知」のつくばえは水戸黄門が寄進したものという。その形の栓抜き(置物・文鎮にもなる)を購入。そのあと境内の西源院で湯豆腐をたべる。竜安寺は初体験だったが、ここまではまぁ予習したもの以上のものはなかった。
 竜安寺を12:00すぎに退出し、歩いて仁和寺へ。ここも紫宸殿を移築した金堂だけが目当てで来たのだが、まず仁王門がデカいのにビックリ。そこを入るとなんと門跡の御殿がある。その中を見るだけで40分以上かかった。他にも境内は広いし重文建造物も多い。仁和寺はイマイチ観光地としての知名度が低いが実は凄いところなのであった。通り雨もあって結構時間を食った。
 仁和寺を14:15に退出し、またまたタクシーで東寺へ向かう。ここも五重塔が有名だが、金堂・講堂の中が凄い。その内部は撮影禁止のため、これらの絵葉書を購入した。東側の門から出入りしたので南大門を見るのを忘れた。
 東寺を15:50に出て、タクシーで清水寺へ。仁和寺以降ここまで降ったりやんだりだが、かろうじて本降りにならずにすんだ。17:00この日の日程終了。
 翌2日はまず朝の散歩で河原町近辺を散歩。本能寺の他、池田屋事件跡などを見てまわる。
 帰りの新幹線は2時半なので、午前中に三十三間堂へ。後白河院政期には法住寺の院庁がおかれていた。法住寺は三十三間堂の東隣にあり、その奥には後白河天皇陵がある。
 その後まだ時間があるので西本願寺へ向かう。ここは当初の予定に入っていなかったので予習もしておらず、また御影堂が工事中だったので再訪の必要がある。