信州

 1998年の長野五輪の時にTVか何かで聞いた話だが、長野県の人たちにとっては「長野」よりも「信州」のほうが一体感が持てるらしい。確かに長野というのは「善光寺の門前町」の名でしかなく、あの広い地域全体は「信濃の国」「信州」なのだろう。
 私の家の別荘が上田市南西の青木村にあるので、松本・上田・松代・諏訪高遠・諏訪高島などの城や、善光寺、諏訪大社、和田峠・和田宿など多くの名所・名跡を見てまわっている。

上田

 信州上田はなかなか歴史的見どころが多い場所である。詳しくは「上田市役所 信州上田観光情報HP」を見ればわかる。
 “信州の鎌倉”と呼ばれる上田市南西部の「塩田平」と呼ばれる地帯(別所温泉もこの盆地西部にある)は、鎌倉時代に塩田北条氏によって栄えた所であり、国宝・重文の寺院がある。あわせて松本街道沿いの青木村にある大法寺、上田市街地東部にある信濃国分寺(未訪問)もここに掲載する。

 2007年9月23日午後、午前中に松本城を見たあとの訪問で時間もなく、なおかつ空模様が怪しかったので、常楽寺はパスして、安楽寺→北向観音→塩田城跡→中禅寺→前山寺の順にまわり、青木への帰路、大法寺に寄る。以前、常楽寺も含めてこれらの場所を一度すべてまわったことがあるのだが、その時はデジカメを持っていなかった。

諏訪大社

上社本宮
上社前宮
下社春宮
下社秋宮

和田峠・和田宿

善光寺