ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番


モノラル録音

セルゲイ・ラフマニノフ、レオポルド・ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団

Pickwick。ビクター。RCAからも発売されている。1929年4月20日録音。
作曲家自らの伝説的録音。指揮をつとめるのがストコフスキーというのも素晴らしい。

ヴァルター・ギーゼキング、ウィレム・メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウ

AUDIOPHILE。1940年10月30日、ライヴ録音。
これは素晴らしい。音質も年代を感じさせないクリアーなものである。

スヴャトスラフ・リヒテル、クルト・ザンデルリンク指揮レニングラード・フィル

メロディア。BMGからCD化。1959年録音。音質も悪くない。
55年録音の第1番とのカップリング(ソヴィエト国立響)

ステレオ録音

ユジャ・ワン(Yuja Wang、王羽佳)
クラウディオ・アバド指揮マーラー室内管弦楽団

DG。2010年4月、フェラーラでのライヴ録音。
「パガニーニの主題による狂詩曲」とカップリング。
ルツェルンでのアバド指揮プロコフィエフ第3番のBlu-ray盤(メインはマーラー「巨人」)で彼女を知り、購入。

アルトゥール・ルービンシュタイン、フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1956年1月9日、オーケストラホールでの録音。
このXRCD24(写真)ではアルフレッド・ウォーレンシュタイン指揮RCAビクター響とのリストの協奏曲第1番とカップリング。

ヴァン・クライバーン、フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。LIVING STEREO。1962年録音。

ガプリエル・タッキーノ、アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団

EMI。「伴奏指揮者クリュイタンス」という輸入盤4枚組CZS5 73177 2 に収録。
1959年録音で、この4枚組のうち唯一のステレオ録音である。オケの音色が聴きもの。

スヴャトスラフ・リヒテル
スタニスラフ・ヴィスロツキ指揮ワルシャワ・フィル

DG。1959年録音。OIBP化(写真左)。
1960年度 Grand Prix International du Disque 受賞。
オケがそんなに強力でないので、ゴージャスな感じがしないのが逆に良い。
2013年、ESOTERIC社によるSACD Hybrid国内盤も入手(写真右)。
ともにカラヤンとのチャイコフスキーとカップリング。

アレクシス・ワイセンベルク、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

EMI。1972年録音。国内盤でパリ管とのチャイコフスキーとカップリング。
DG-UNITEL。1973年収録DVDも入手。

Dejan Lazic、キリル・ペトレンコ指揮ロンドン・フィル

CHANNEL CLASSICS。2008年録音。
ペトレンコがラトルの後継者としてベルリン・フィル首席になることが決まったので、ディスクを探したのだが、ほとんどない。Amazonで中古品をオーストリアから取り寄せてようやくこれをゲットした。しかし、指揮者の特徴がわかる録音ではなかった。


その他の曲

ピアノ協奏曲は4曲ある。

アルトゥーロ・ベネッデッティ・ミケランジェリ、エットーレ・グラチス指揮フィルハーモニア管

EMI。ART処理輸入盤。1957年3月録音。第4番
ラヴェルの協奏曲とカップリング。