マーラー 交響曲第8番「千人の交響曲」


 1906年6月21日〜8月18日スケッチ、翌07年オーケストレーション。1910年9月12日、ミュンヘンで自身の指揮で初演。交響曲というよりオラトリオというべき巨大な作品である。
2楽章構成で第1楽章はラテン語の聖歌「Veni creator spiritus(来たれ、創造主たる聖霊よ)」(約25分)、第2楽章がゲーテの「ファウスト」第2部最終シーン(もちろんドイツ語)である。「永遠の女性は我らを導き昇られる」の壮麗な合唱でおわる。
スケッチが完成した1906年8月18日、マーラーが指揮者メンゲルベルクに宛てた手紙には

「今しがた8番を完成させました。私が書いた最大の作品であるばかりでなく、内容・形式ともに類のないものなので言葉では言い表せません。宇宙が震え鳴り響くさまを想像してください。それはもはや人間の声ではなく、惑星や太陽のそれなのです。」

とある。初演時に、250名ずつの混声合唱団2組、350名の児童合唱、8名の独唱者、146名のオーケストラという千人を超す演奏者が舞台にのったため、『千人の交響曲』の異名がある。


ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団、ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン少年合唱団、ヘザー・ハーパー、ルチア・ポップ、
アーリーン・オジェー(以上S)、イヴォンヌ・ミントン(MS)
ヘレン・ワッツ(A)、ルネ・コロ(T)、
ジャン・シャーリー・カーク、マルッティ・タルヴェラ(B)

DECCA。1971年8-9月、ウィーン、ゾフィエンザールで録音。
「ショルティ自伝」によれば、1969年にショルティがシカゴ響監督に就任した時点で、同響はアメリカ5大オケでヨーロッパ・ツアーを行ったことのない唯一の楽団だった。アメリカ国内すらそんなに回っていなかった。そこで、ショルティの組織指導者としての手腕が発揮され、初めてのヨーロッパ・ツアーを行った際に、ウィーンでこの記念碑的録音を行ったというわけである。

なお、この盤は、ORIGINAL REMASTERED RECORDINGでも発売された(POCL 9789/90)が、それを購入したら盤面の印刷もジャケットも全部正しいのに、録音された中身は全く別のものだった。その翌月のレコ芸広告欄にお詫びが載っていた。後でちゃんとしたのが発売されたのかもしれないが、結局買い直さなかった。

99年6月、DECCA LEGENDSシリーズのリマスター盤で買いなおした(写真左2面、POCL-6001)。
今まで2枚組だった(79分34秒)が、この盤は1枚で収録してある。
2014年8月、ブルーレイオーディオ盤も入手(写真右)。

レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル
国立歌劇場合唱団、楽友協会合唱団、ウィーン少年合唱団
エッダ・モーザー(S),ジュディス・ブレゲン(S),ゲルティ・ツォイマー(S)
イングリット・マイル(A),アグネス・バルツァ(A),ケネス・リーゲル(T)
ヘルマン・プライ(B),ホセ・ヴァン・ダム(B)

UNITEL。DVD。1975年9月、ウィーン、コンツェルトハウスでの収録。

ピエール・ブーレーズ指揮シュターツカペレ・ベルリン
ベルリン国立歌劇場合唱団、ベルリン放送合唱団、カルヴ・アウレリウス少年合唱団
トワイラ・ロビンソン(S)、エリン・ウォール(S)、アドリアネ・ケイロス(S)、ミシェル・デヤング(A)、シモーネ・シュレーダー(A)
ヨハン・ボータ(T)、ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(Br)、ロベルト・ホル(B)

DG。2007年4月 ベルリン、イエス・キリスト教会での録音。第1部23:44、第2部61:31。
これで2007年度レコード・アカデミー賞大賞受賞盤。ブーレーズのDGマーラー・シリーズは第10番が出るのかどうか? 出ないならばこれで完成。

クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル、同合唱団、ティフィン学校少年合唱団
エリザベス・コンネル、エディト・ヴィーンズ、フェリシティ・ロット、トゥルデリーゼ・シュミット
ナディーヌ・デニゼ、リチャード・ヴァーサル、ヨルマ・ヒンニネン、ハンス・ゾーティン

EMI。1986年4月20-24日、ウォルサムストウ・タウン・ホールにおける録音。
マーラー交響曲全集の最後を飾る録音。1987年度グラモフォン賞オーケストラ部門賞受賞盤。
何と85年10月のガン宣告直後の録音である。病人が演奏する曲ではないと思うのだが..(彼が療養したのはこの後の87年である。)

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団・同合唱団
北ドイツ放送合唱団、西ドイツ放送合唱団、レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊、ミュンヘン・モテット合唱団女声部
マーティナ・アーロヨ、エルナ・スポーレンベルク、エディット・マティス(S)
ユリア・ハマリ、ノーマ・プロクター(A)、ドナルド・グローベ(T)、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、フランツ・クラス(B)

DG。419 433-2。1CD。1970年6月、ミュンヘン、ドイツ博物館コングレスザールでの録音。
クーベリックのマーラー録音は今でも不当にマイナー扱いされているが、この曲だけはかなり早い時期にCD化されたのは、この演奏がちょうどCD1枚に収まったからであろう。まったく現金なものである。
それはともかく、これもまたショルティ盤に負けず劣らず素晴らしいメンバーで録音されている。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団・同合唱団
北ドイツ放送合唱団、西ドイツ放送合唱団、レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊、ミュンヘン・モテット合唱団女声部
マーティナ・アーロヨ、エルナ・スポーレンベルク、エディット・マティス(S)
ユリア・ハマリ、ノーマ・プロクター(A)、ドナルド・グローベ(T)、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、フランツ・クラス(B)

audite。92.551。1CD。1970年6月24日、ミュンヘン、ドイツ博物館コングレスザールでのライヴ録音。
上記のスタジオ録音のために集められたメンバーそのままによる白熱のライヴである。第1楽章の白熱ぶり、第2楽章の説得力、ともにスタジオ録音を上回る。
しかも、きちんとリマスタリングされたゴールドCDでかつSACDハイブリッドであり、音質も実に素晴らしい。

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル、同合唱団、ベルリン放送合唱団、テルツ少年合唱団
シェリル・ステューダー、シルヴィア・マクネアー、アンドレア・ロスト(S)、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、ローズマリー・ラング(A)
ペーター・ザイフェルト(T)、ブリン・ターフェル、ヤン・ヘンドリク・ロータリング(B)

DG。1994年ライヴ録音。
1990年代のDGを支えるソリストを総動員したが、パワー的には上2つに劣る。

サイモン・ラトル指揮バーミンガム市交響楽団・同合唱団・同ユース合唱団、ロンドン交響合唱団
クリスティン・ブリュワー、ゾイレ・イソコスキ、ユリアネ・バンゼ(sop)、
ビルギット・レンメルト、ジェーン・ヘンシェル(alt)
ジョン・ヴィラーズ(ten)、デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(bar)、ジョン・レリーア(bas)

EMI。2004年6月、バーミンガム、シンフォニー・ホールにおけるライヴ録音。
2004年12月、BPOジルベスターの「カルミナ・ブラーナ」が期待はずれだったので、その直後のリリースとなったこの曲も心配だったが、こちらは素晴らしい。繊細さと力強さが両立している。

ミヒャエル・ギーレン指揮フランクフルト歌劇場博物館管弦楽団、
ヘッセン放送合唱団、フランクフルター・カントライ
フランクフルター・ジンクアカデミー、リンブルク大聖堂少年合唱隊
ファイエ・ロビンソン、マーガレット・マーシャル、ヒルデガルト・ハイヒェレ(S)
オルトゥルン・ヴェンケル、ヒルデガルト・ラウリッヒ(A)、マロリー・ウォーカー(T)、
リチャード・スティルウェル、サイモン・エステス(B)

ソニー。廉価輸入盤SBK48281。1CD。
1981年8月28日、フランクフルト、アルテ・オパーの再開記念コンサートのライヴ録音(拍手あり)。
これはまた意外な録音が意外なレーベルから、目立たずに発売されていたものだ。なんでソニーはもっと広告しないのだろう、と不思議でしょうがない。

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団、ヨーロッパ・コール・アカデミー、アウレリウス少年合唱団
アレサンドラ・マーク、マーガレット・ジェイン・レイ、クリスティアーネ・ベジガー、
ダグマール・ペコヴァ、ユージニー・グリューネワルト
グレン・ウィンスレード、アンソニー・マイケル・ムーア、ペーター・リカ

ヘンスラー。1998年、フライブルク・コンツェルトハウスにおける新録音。
カップリングは1996年録音のシェーンベルク「ヤコブの梯子」。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮ロンドン交響楽団、BBC合唱団、BBC合唱協会
ハンプステッド合唱協会、ゴールドスミス合唱ユニオン、
オービントン・ジュニア・シンガーズ、イマニュエル・スクール少年合唱団
ジョイス・ベーカー、ベリル・ハット、アグネス・ギーベル(S)、ケルスティン・マイヤー、ヘレン・ワッツ(A)、
ケネス・ニート(T)、アルフレッド・オーダ、アルノルト・ヴァン・ミル(B)

BBC LEGENDS。BBCL 4001-7。1959年3月20日、ロイヤル・アルバート・ホール、ライヴ。
98年末に発売されたBBC録音の1つ。何とこの年代のライヴなのにステレオ録音である!
さすがマーラーのスペシャリスト。素晴らしい!の一言である。
以下、この演奏の裏話を「レコ芸」99年1月号から引用する。(英文ライナーノーツにも記載あり)

この、マーラーが一般に浸透していなかった時代に756人もの演奏家が参加した大演奏会が可能になったのは、BBCが年度末に余った巨額の予算を消化するためだった。年度内ということで3月20日というギリギリの日付が選ばれ、半年間で準備したものの急ごしらえで、ついに一度も会場のロイヤル・アルバート・ホールで全員が練習することなく本番となった、という。予算を削減されるよりも無駄遣いしてしまえ、という国営放送らしい発想で、いかにも「英国病」と言われた当時のイギリスらしい不経済ぶりだが、それでこんな名演が生まれたのは楽しい。
レイフ・セーゲルスタム指揮デンマーク放送交響楽団・同合唱団、ベルリン・フィルハーモニー合唱団、コペンハーゲン少年合唱団

Chandos。1993年録音。
デンマーク放送合唱団とベルリン・フィル合唱団は、どちらもウヴェ・グロノスタイが合唱指揮をつとめていることから、この共演となったのであろう。
このレーベルの優れた録音で聴きたかったので購入。

ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ交響楽団・同合唱団
エーテボリ歌劇場管弦楽団・同合唱団、ストックホルム・フィルハーモニー合唱団
エストニア少年合唱団、ブルンスブー児童合唱団

BIS。1994年11月25,27日ライヴ録音。1CD。
同年9月に、エストニアのタリン発ストックホルム行きのフェリー「エストニア号」の沈没事故犠牲者へのチャリティ・コンサートのライヴ録音である。このCDの売り上げの98%は「エストニア号財団」に寄付され、犠牲者の遺児の資金にあてられる。
しかし、演奏としてはあまり良くない。


第1部のみ

レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル

ソニー。1962年9月23日、リンカーン・センターのオープニング・コンサートのライヴ。

ヘルマン・シェルヒェン指揮シュターツカペレ・ベルリン、ベルリン国立歌劇場合唱団

TAHRA。1951年10月8日ライヴ録音。
ライプツィヒ放送響との第3番・第6番・第10番などとカップリング。