メンデルスゾーンの交響曲

全集

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル
ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団、エディト・マティス(S)、リゼロッテ・レブマン(S)、ヴェルナー・ホルヴェーク(T)

DG。1971〜72年録音。
2008年リリースのカートンBOX入り3枚組輸入盤を入手。3枚目が「スコッチ&イタリア」だが、OIBP化されたものかどうか不明。「フィンガルの洞窟」も入っていない。


交響曲第1番

フランス・ブリュッヘン指揮オランダ放送室内管弦楽団

BRILLIANTレーベルの交響曲全集BOX。1992年11月27日録音。

ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団

ヘンスラー。2004年9月、シュトゥットガルト・リーダーハレにおけるヨーロッパ音楽祭ライヴ。
「宗教改革」とカップリング。

アンドリュー・リットン指揮ベルゲン・フィル

BIS。SACD。2007年録音。「イタリア」とカップリング。
このコンビは「スコットランド&宗教改革」、および第2番も録音し、全集を完成している。(第2は持っていない。)


交響曲第2番「賛歌」

エド・デ・ワールト指揮オランダ放送フィル&合唱団

BRILLIANTレーベルの交響曲全集BOX。2001年2月8日録音。


弦楽のための交響曲全集

クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

BRILLIANTレーベルの交響曲全集BOX。Berlin Classics原盤。1971年11月録音。
12曲からなる少年時代の作品。第8番の管弦楽ヴァージョン、第13番とも呼ばれる断章を含む完全な全集である。