モーツァルト セレナード第10番「グラン・パルティータ」

付:セレナード第11番、第12番「ナハトムジーク」(管楽器によるセレナード)


コンソルティウム・クラシクム

EMI。モーツァルトの管楽器アンサンブル曲全集である。
「グランパルティータ」は1985年、第11番・第12番は1978年、その他の曲も73年、82年などの録音である。
この団体はクラリネット奏者のディーター・クレッカーが中心だが、オーボエが入る曲ではすべて第1オーボエはゲアノート・シュマールフスが吹いている。この件については、ベートーヴェンの木管アンサンブルの項を参照。

コンソルティウム・クラシクム

M-DG。2001年録音。こちらは「MOZART?」というシリーズのVol.7。
「グランパルティータ」の正体不明別バージョンが収録されている。


ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル団員

EMI。Referenceシリーズ輸入盤。1947年11〜12月録音。
下のウェストミンスターのメンバーと重なる人が多いのではないだろうか。
アルフレート・プリンツが若い頃フルトヴェングラーの指揮でこの曲を演奏した、というが、この録音かどうかは定かでない。
2011年1月、フルトヴェングラー生誕125周年でSACD化された。Reference盤、SACDとも「アイネ・クライネ」とカップリング。

ウィーン・フィルハーモニー木管グループ

ウェストミンスター。1953年録音。MVCW 19016。
L・ヴラッハ、H・カメシュ、G・フライベルク、K・エールベルガーなど。
第12番「ナハトムジーク」とカップリング。
また、MVCW 19015 には、第11番が、バリリSQとの「ポストホルン」とのカップリングで収録されている。

フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ団員

PHILIPS。1988年録音。LDも出ているが持っていない。
エビンゲ(ob)、ホープリチ(cl)、コスター(hr)などが参加している。

フランス・ブリュッヘン指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン

IPPNW-CONCERTS。1997年10月10日、ベルリン・フィルハーモニー室内楽ホールでのライヴ。
IPPNW(核戦争抑止国際医師会)による「チェルノブイリの子供たちのため」のコンサートで、同日演奏された交響曲第25番も収録されている。

ナハトムジーク(エリック・ホープリチ等)

Glossa。次の2枚ある。
GCD 920601----1996年録音。セレナーデ第11番K.375、及び「魔笛」からの編曲14曲
GCD 920605----2001年録音。「グランパルティータ」他。
セレナーデ第11番K.375は、2cl,2fg,2hrの編成で録音されているので、改訂前の版による演奏である。

フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団員

HMF。1995年録音。
第12番「ナハトムジーク」とのカップリング。

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・モーツァルト管楽合奏団

TELDEC。1983,85年録音。オリジナル楽器ではない。
ウィーン交響楽団のトップメンバーなどからなるメンバーである。
第11番、第12番「ナハトムジーク」とのカップリング。

ベルリン・フィル管楽アンサンブル

Orfeo。
シェレンベルガー(ob)中心のメンバーで指揮者なしの新録音である。
この団体は、ローター・コッホ(ob)中心の頃に1970年にベーム指揮で、
また、指揮者なしでも80年に録音している。(DG)


第12番「ナハトムジーク」

オットー・クレンペラー指揮ウィーン・フィル団員

TESTAMENT。8枚組SBT8 1365。1968年5月19日、ムジークフェラインでのウィーン音楽週間ライヴ。
メンバーは、Karl Mayrhofer, Hans Hanak (ob)、Alfred Prinz, Christian Cubasch (cl)、Dietmar Zeman, Camillo Öhlberger (fg)、Rorand Berger, Volker Altmann (hr)。