モーツァルト ファゴット協奏曲 K.191

カール・エールベルガー、アルトゥール・ロジンスキ指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団

ウェストミンスター。1954年モノラル録音。
エールベルガーは90年代のウィーン・フィルのファゴット奏者全員の師匠にあたる。
ヴラッハのクラリネット協奏曲とのカップリング。

ミラン・トゥルコヴィッチ、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーン

TELDEC。1987年録音。使用楽器についての記載なし。
レオポルト・モーツァルトのトランペット協奏曲、ハイドンの協奏交響曲及びピアノ協奏曲ニ長調とのカップリング。

ダニー・ボンド、クリストファー・ホグウッド指揮AAM

オワゾリール。1987年録音。
使用楽器は、ハインリヒ・グレンザー製オリジナル(18c末)である。

ポール・オンニュ、テオドール・グシュルバウアー指揮バンベルク交響楽団

ERATO。WPCS-4017/8(4509-95361-2)。1960年代の録音。
フランスの名手たちによるモーツァルトの管楽器協奏曲録音集2枚組のお買い得盤。

ギュンター・ピースク、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

EMI。1971年8月、サンモリッツでの録音。
ベルリン・フィル首席奏者たちによる協奏曲集。輸入盤2枚組。
2005年、カラヤン・コレクションでART処理された輸入盤を入手。交響曲第39番と「プラハ」の余白に入っている。
2013年、シングルレイヤーのSACD国内盤「管楽器協奏曲集」を入手(写真)。

ディートマー・ツェーマン、カール・ベーム指揮ウィーン・フィル

DG。1973年録音。OIBP化された輸入盤457 719-2(左)。
クラリネット協奏曲、フルート協奏曲第1番とのカップリング。
99年末、国内盤で管楽器のための協奏曲集としてもOIBP化された(右)。

Gwydion Brooke、トマス・ビーチャム指揮ロイヤル・フィル

EMI。1959年ステレオ録音。
ジャック・ブライマーとのクラリネット協奏曲、ジョコンダ・デ・ヴィートとのVn協第3番(mono)とのカップリング。