2011GW ドイツ旅行

2011年のドイツ旅行の写真を掲載してある。

2012年3月、台湾演奏旅行。曲目はマーラー「復活」。
合唱団名はSasaki Kantoreiではなく「日本復興祈念合唱団」。

2013夏 ドイツ演奏旅行

2013年8月、Sasaki Kantorei Japanドイツ演奏旅行。ローテンブルク、ライプツィヒ、ロストックで歌った。
旅行前に、2011年の写真を元にして「ドイツ都市観光の栞」(PDFファイル12ページ、5MB)を作成した。

仙台宗教音楽合唱団WebSite

所属する仙台宗教音楽合唱団のWeb Siteです。

近況

 仙台宗教音楽合唱団の次の演奏会曲目はグノーの「聖チェチーリア荘厳ミサ」、Ola Geiloの小品集他である。

 東北大学混声合唱団在籍中に、ラテン語辞書・文法書を独学してミサ通常文&レクイエム固有文を全文逐語訳したの小冊子を団内で発行した。それを30年以上ぶりに大改訂してPDFファイルに清書してみました。
 ・PDFファイル(1.0MB)「ミサ通常文&レクイエム固有文 全文逐語訳と解説」
 そのうちまた同じ形式でStabat MaterやMagnificatなども逐語訳してみたいと思う。

 2017年12月20日、久石譲指揮仙台フィル「カルミナ・ブラーナ」に出演しました。

 2017年10月12日、ラデク・バボラーク&小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団の「第9」リハーサルを聴くことができた。

 2017年8月3-6日、自由学園明日館で行われた佐々木バッハセミナーに参加し、ついに第1部だけですが「マタイ受難曲」を歌うことが出来ました。6日の終了演奏会では第2コーラスの他、ソロも冒頭2回のイエス役を担当しました(→mp4ファイル、第2曲第4e曲)。

2017年7月30日、仙台宗教音楽合唱団演奏会でバッハ「マニフィカト」「カンタータ70番」、シュッツ「音楽による葬送」を歌いました。

 2017年3月に盛岡バッハ・カンタータフェラインの「ヨハネ受難曲」演奏会を聴いて以来、ずっと懸案だった「マタイ・ヨハネ両受難曲でのイエスの台詞"Du sagest's."の訳について」というもの凄い長文がようやく完成しました。(あわせて演奏会の感想のページ、そして「ヨハネ受難曲」のページの下の方には台本たる「ヨハネ福音書」の問題も書きました。)