1967年創立。1982年以降、佐々木正利を常任指揮者に迎え、ドイツ・バロック期の宗教合唱曲を中心にすえて活動してきました。近年はモーツァルト、ブラームス、フォーレなどレパートリーも広げています。
 「作品の本質に迫るためには、“歌詞の深い表現とそこに込められたメッセージへの共感”を十全に表現することが大切であり、そのためにはまず“正確な発音・訓練された発声”と“正しい様式感”が不可欠である」という佐々木正利の指導のもと、様々なバックグラウンドを持つ団員が集まり、演奏会を目指し毎週練習を重ねています。

団員は随時募集中です。お気軽に見学においでください。

仙台宗教音楽合唱団創立50周年記念 第37回演奏会

期日:2017年7月30日(日)
会場:萩ホール(東北大学百周年記念会館)
曲目:H.シュッツ 「Musikalische Exequien(音楽による葬送) SWV.279-281」
   J.S.バッハ 「Magnificat BWV.243」
    〃  教会カンタータBWV.79「Gott der Herr ist Sonn und Schild(主なる神は太陽にして楯)」
          (宗教改革記念日用、宗教改革500周年記念)
↑チラシはクリックすると拡大できます。

第4回3.11祈りのコンサート

今年の3.11は、週末土曜日ということもあってほぼ満席の来場者とともに、祈りを捧げることができました。
(曲目:モーツァルト「Ave verum corpus」「REQUIEM」。黙祷に始まり黙祷で終わる演奏会です。)

仙台フィル特別演奏会「カルミナ・ブラーナ」が映像&ハイレゾ配信!

テレビマンユニオンのクラシックチャンネルで抜粋映像(最後の2曲)が配信されています!

また全曲録音は、ソニーの音楽配信システムmoraでハイレゾ配信されています(1500円)。

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞受賞

2016年3月に行われた東日本大震災 心の復興コンサートシリーズ(ブラームス「ドイツ・レクイエム」、写真)と、3月11日の第3回祈りのコンサート(モーツァルト「レクイエム」)が、第4回ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞を受賞しました。