1967年創立。1982年以降、佐々木正利を常任指揮者に迎え、ドイツ・バロック期の宗教合唱曲を中心にすえて活動してきました。近年はモーツァルト、ブラームス、フォーレなどレパートリーも広げています。
 「作品の本質に迫るためには、“歌詞の深い表現とそこに込められたメッセージへの共感”を十全に表現することが大切であり、そのためにはまず“正確な発音・訓練された発声”と“正しい様式感”が不可欠である」という佐々木正利の指導のもと、様々なバックグラウンドを持つ団員が集まり、演奏会を目指し毎週練習を重ねています。
 団員は随時募集中です。お気軽に見学においでください。

第38回演奏会について

仙台宗教音楽合唱団 第38回演奏会
期日・時間:2018年8月19日(日) 15時開演
場所:日立システムズホール
指揮:佐々木 正利
曲目:オラ・イェイロ(Ola Geilo)
      「Ubi Caritas」「Northern Lights」「Agnus Dei」「Tota pulchra es」「Serenity」
    シュッツ 「ヨハネ伝による受難曲」(A.Mendelssohn校訂版、コラール挿入)
    グノー  「聖セシリアの荘厳ミサ曲」

2018年3月11日も「祈りのコンサート」に出演しました。

会場:電力ホール  14:46 黙祷・開演
曲目:モーツァルト「レクイエム」
指揮:佐々木正利
「3・11祈りのコンサート」合唱団&管弦楽団
鈴木たたえ(S)、植松智穂(A)、伊藤陽平(T)、村上直樹(B)

創団50周年・佐々木正利指揮者就任35周年記念パーティ

パーティの写真(団員閲覧用、パスワード認証)