ヴィヴァルディの協奏曲

「四季」はこちら


調和の霊感 op.3 (全12曲)

ファビオ・ビオンディ指揮エウロパ・ガランテ

ヴァージン・クラシック(EMI国内盤2枚組)。1998年、このコンビのレーベル移籍第1弾。
この後同レーベルに「四季」を含む「和声と創意の試み」全12曲も録音している。


その他のヴァイオリン協奏曲

ファビオ・ビオンディ指揮エウロパ・ガランテ

opus111。1990年録音。
このディスクは、例の「四季」と間違えて買ってしまい、帰宅して聴いて初めて「ありゃっ?」と思ったのであった。
収録曲は、次の通り。

  • ヴァイオリン協奏曲c-moll RV.761
  • 弦楽のための協奏曲d-moll「マドリガル風(madrigalesco)」RV.129
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲g-moll RV.517
  • ヴァイオリンとチェロのための協奏曲B-dur RV.547
  • ヴァイオリン協奏曲c-moll RV.202(op.11-5)
  • シンフォニア第21番「聖墓にて(Al Santo Sepolcro)」RV.169
  • 4声のソナタ「聖墓にて(Al Santo Sepolcro)」RV.130

しかしこれも「CHOC」のシールが張ってある名盤であることは間違いない。

ファビオ・ビオンディ指揮エウロパ・ガランテ

ヴァージン・クラシック(EMI国内盤)。1999年録音。収録曲は次の通り。

  • リコーダー,Vn,Ob,Fgのための協奏曲RV.570「海の嵐」
  • リコーダー協奏曲RV.439「夜」
  • Vn,Ob,シャリュモー及び3つのヴィオールのための協奏曲RV.579「葬送」
  • Vn協奏曲RV.552「遠くのこだま」
  • Vn協奏曲RV.270「安らぎ」
  • 2つのチェロのための協奏曲RV.531

青太字の2曲は、下のブリュッヘンの録音と聴き比べるとおもしろい。(「海の嵐」のRV.570という番号の根拠が見つけられないが、解説中にRV.98の焼き直しであることが記されている。)


フルート協奏曲

フランス・ブリュッヘン(fl,Bfl)、18世紀オーケストラ団員

セオン。1979年1月録音。「フルート協奏曲op.10 全6曲」を収録。

 この曲集の6曲は普通、下の表の左側のリオム(Ryom)作品番号で表されるが、これはアムステルダムで1728年頃出版された全曲フラウト・トラヴェルソ用の楽譜によるものである。
 しかし、ヴィヴァルディは、これらの曲をヴェネツィアの女子孤児院の生徒のために1703年ころから作曲していて、その「ヴェネツィア版」ともいうべき楽譜が、第4番を除く5曲には自筆譜・筆写譜の形でトリノ国立図書館に残っている。
 ブリュッヘンは、ここではこのヴェネツィア版を演奏しており、そのため、この盤の作品番号表記も異なっている。
 なお、ヴィヴァルディは「Flauto」と書いた場合「ブロックフレーテ=リコーダー」を意味しており、横笛はトラヴェルソ(=Flauto Trav.)と特記している。また、トラヴェルソと表記された曲も、ほとんど全てリコーダーで吹ける。これは、女子孤児院では、まだ新顔の楽器トラヴェルソを吹きこなす娘がいなかったため、「トラヴェルソ」指定の曲も、もとはリコーダー用に作曲された、という理由によると考えられる。ブリュッヘンは、ここで第1番・第2番の2曲がそのような場合にあたると考え、リコーダーで演奏している。

出版譜のRV.録音使用譜とそのRV.使用譜での楽器指定録音での使用楽器
第1番「海の嵐」F-dur433筆写譜,98Flauto Trav.リコーダー
第2番「夜」g-moll439自筆譜,104Flauto Trav.リコーダー
第3番「ごしきひわ」D-dur428筆写譜,90Flauto Trav.Flauto Trav.
第4番G-dur435異稿なし,435Flauto Trav.Flauto Trav.
第5番F-dur434自筆譜,442Flautoリコーダー
第6番G-dur437筆写譜,101Flautoリコーダー

リュート協奏曲

ヤコブ・リンドベルイ(Lute)、ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル

BIS。1984〜85年録音。

  • リュートと2つのヴァイオリンのための協奏曲D-dur RV.93
  • リュートとヴィオラ・ダモーレのための協奏曲d-moll RV.540
  • リュート、ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオC-dur RV.82
  • リュート、ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオg-moll RV.85

上の4曲が収録されたヴィヴァルディの「リュート作品」全集である。