ヴュルテンベルク

赤ワイン用品種トロリンガーは、ローマ時代より根付く土着の品種。ドイツ産トロリンガーの99%はヴュルテンベルク産で、食用としても愛され、ワインもほとんど現地で消費される。

ハイルブロンナー・ヴァルトベルク・トロリンガー・QbAトロッケン 2011
Heilbronner Wartberg Trollinger QbA trocken 2011
ドラウツ・アーブレ醸造所(Weingut Drautz-Able、ゴーミヨ3房)。13% 750ml 2800円。
1496年創業当時から家紋の3羽の鳩がラベルに描かれる。
ソーヴィニヨン・ブラン・シュペトレーゼ・トロッケン 2012
Sauvignon blanc Spätlese trocken 2012
ドラウツ・アーブレ醸造所(Weingut Drautz-Able、ゴーミヨ3房)。13.5% 750ml 5000円。
ゴーミヨ2012年版では、当醸造所の2010年産のこのワインは85点となっている。

ソーヴィニヨン・ブランはフランス西部を原産とする品種で、ボルドー、ロワール川地域での白ワインのメイン品種。(これと黒ブドウのカベルネ・フランとを交配したのが赤ワインの人気品種カベルネ・ソーヴィニヨンである。)
ゲヴュルツトラミナー・シュペトレーゼ・トロッケン 2012
Gewürztraminer Spätlese trocken 2012
ドラウツ・アーブレ醸造所(Weingut Drautz-Able、ゴーミヨ3房)。13.5% 750ml 5000円。
ヴュルテンベルクとライン川を挟んだ西側フランスのアルザス地方のワインを代表する品種である。ゲヴュルツとはドイツ語で香辛料の意味である。トラミナーは現イタリア南チロルの村Traminに由来する。
ウンターテュルクハイマー・ヘルツォーゲンベルク・トロリンガー・QbAトロッケン 2003
Untertürkheimer Herzogenberg Trollinger QbA trocken 2003
ヴェールヴァーク醸造所(Weingut Wöhrwag、ゴーミヨ3房)。12.5% 750ml 2625円(エスポアとびた)。
フーバーのシュペートブルグンダー、マリエンターラーのドミナにつぐ3本目の赤だが、一番飲みやすい。


トロリンガー種は、ヴュルテンベルクの特産と言って良い品種である。(赤用葡萄ドイツ第4位の2500ha以上の栽培面積であるが、バーデンに約8ha栽培されている他はすべてヴュルテンベルクで栽培されているのである。)
晩熟のリースリングよりもさらに遅く熟するため、酸の多い軽いワインになる。ヴュルテンベルク特産のロゼ「シラーヴァイン Schillerwein」の原料にもなっている。
(シラーヴァインは、ヴュルテンベルク出身の文豪シラーSchillerといかにも関係ありそうだが、実は全く無関係。schillern=色が変わる、という意味からこう呼ばれている。かつては、赤用葡萄と白用葡萄を混植し、一緒に収穫して醸造されていた。)
ウンターテュルクハイマー・ヘルツォーゲンベルク・リースリング・QbAトロッケン ゴルトカプセル 2009
Untertürkheimer Herzogenberg Trollinger QbA trocken Goldkapsel 2009
ヴェールヴァーク醸造所。12.5% 750ml 3190円。