グノーの宗教曲

 グノーは1818年パリ生まれ。パリ音楽院に入学。1839年にカンタータ『フェルディナン』(Ferdinand)でローマ大賞を受賞、ただちにローマへ留学し、パレストリーナの作品を研究。2年間のローマ留学の後、ウィーン、ベルリン、ライプツィヒ等を経由して、1843年にパリに戻り、サン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊楽長兼教会オルガニストとなる。
 1859年の『ファウスト』で成功をおさめる。1870〜75年、普仏戦争を避けてイングランドに過ごし、のちの王立合唱協会の首席指揮者を務めた。
 彼は宗教音楽を多く手がけた。中でもバッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1巻第1曲の前奏曲に旋律をかぶせた『アヴェ・マリア』(1859)は有名である。「聖チェチーリア荘厳ミサ」は1855年、コラール・ミサは1888年の作である。

聖チェチーリア荘厳ミサ

CREDOの後に管弦楽のみのOffertoriumが入っており、SanctusとBenedictusが分かれている。
さらにこの曲の録音には、いずれも別に作曲された「Domine Salvum」(1853)がAgnus Deiの後ろに付加されている。これを付けるのが慣例らしいが、「教会の祈り、軍の祈り、国家の祈り」という副題は、いかにも鎮護国家宗教っぽくて気にくわない。

2017年の仙台宗教音楽合唱団演奏会で歌う予定。

もう1つEMI録音のジョルジュ・プレートル盤があるはずだが、版権がERATOに移っているようでなかなか入手しづらい。Youtubeでは聴ける。

ジャン・クロード・アルトマン指揮パリ音楽院管弦楽団、ルネ・デュクロ合唱団、アンリエット・ピュイ・ロジェ(org)
ピラール・ローレンガー(S)、ハインツ・ホッペ(T)、フランツ・クラス(B)

ワーナー(EMI)。1963年録音。4:46, 9:23, 11:26, 2:38, 5:15, 3:15, 4:48, 2:57。
カップリングはバルビローリ指揮ハレ管弦楽団の「小交響曲」(1885作曲、1958年録音)。

イーゴリ・マルケヴィッチ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団・合唱団
イルムガルト・ゼーフリート(S)、ゲルハルト・シュトルツェ(T)、ヘルマン・ウーデ(B)

DG。1965年録音、OIBP輸入盤。6:14, 8:57, 13:17, 3:17, 10:17(S・B), 4:49, 3:57。
さすがマルケヴィッチはアルトマンとは格が段違い。ここでソリストがヘフリガーあたりだったら鉄板だったのだが、シュトルツェが起用されているのがまた面白い。ベックメッサーやアルベリヒや、またカルミナ・ブラーナの焼かれた白鳥でしか彼を聴いたことがない人が多いだろうから。

コラール・ミサ(1888)

2015年2月1日の仙台宗教音楽合唱団第36回演奏会で歌った。

ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブル、マリー・クレール・アラン(org)

ERATO。1988年4月録音(作曲100周年)。オルガンはローザンヌ大聖堂の大オルガンを使用。
カップリングは、サンサーンスのミサ曲op.4である。この曲でアラン・クレマン(コルボの1972年録音フォーレクでボーイソプラノ・ソロを歌っていた)がバリトン・ソロをつとめている。