医療関連の本

近藤 誠氏の本はこちら


戦争と医学

人間の価値 − 1918年から1945年までのドイツの医学 −

クリスティアン・プロス、ゲッツ・アリ編。林 功三訳。1993年刊。→詳しくはこちら
健康とか予防とかいったことを必要以上に強調する現代日本の風潮は、「健康ファシズム」というべきものではないか。ナチの人種差別も、同じような風潮の中から出てきたものであることを、この本を読んで考えよう。

医の倫理を問う − 731部隊での体験から −

秋本寿恵夫。勁草書房。1983年刊。
 本書は部隊での体験記そのもの、という内容ではない。著者が部隊で体験した人体実験は「ウマの血清を人体に注射したらどうなるか」というものだけであったという。しかしその内容なら、当時とっくの昔にアレルギーについて解明されていたのだから、全く無用の実験なのであった。
 むしろ本書は、731部隊を体験した著者による現代医学界に対するさまざまな批評文の集まり、といったほうがよい内容である。
 中で私が注目したいのは「解剖実習は是か非か」というところである。これは「生体解剖」(著者はこれが731部隊で行われていたところを見たことは一度もないが、確実にあったであろう、と考えている)には科学的必要性はない、と述べた章に続くものである。解剖実習は医学部・歯学部では必須のものとして行われているが、検査技師学校などでは行われていない。「医学を志すものには必須のもの」というようにはなっていない。確かに現在の医学は過去の解剖の成果によるところが大きいが、現代においても昔と同様の繰り返しを続けることが「実物をよく見る」ということになるのか、というのが著者の疑問・批判である。これについては養老猛司氏あたりからは反論がありそうだ。
 また、森村誠一「続・悪魔の飽食」の巻頭写真中、731部隊とは別の「明治43・44年南満州ペスト流行誌附録写真帖」(関東都督府臨時防疫部編、満州日々新聞社発行)から複写されたものであった(この件については森村氏が全面的に謝りを認めた)ことに始まる、「悪魔の飽食」偽書問題についての作者の指摘も的確である。すなわちそれらの写真は、731部隊と同じアジア諸民族蔑視の精神によって撮影されたものであり、だからこそ731部隊のニセモノ写真として通用したのだ。そう考えるならば、上記写真誌も731部隊と同列に批判されるべきであり、「続・悪魔の飽食」がその写真を取り違えて掲載した誤り自体は、小さなミスでしかない、というのである。全くその通りである。
 さらに「防衛医科大学校」が軍医養成機関である、という批判もされている。


臓器移植問題

私は臓器を提供しない

洋泉社 新書y。2000年1月刊。洋泉社新書編集部編。執筆者は以下の人々。
医者----近藤誠、阿部知子(小児科)、近藤孝(脳神経外科)、評論家----吉本隆明、小浜逸郎
仏教の立場から----宮崎哲弥(評論家)、山折哲雄(白鳳女子短大学長)、ジャーナリスト---平澤正夫、中野翠、橋本克彦

 これは、脳死による(あるいは脳死に関係なく)臓器提供に反対、という立場からの、ほとんどあらゆる意見を網羅しているといってもよい一冊である。執筆者のスタンスはそれぞれ微妙に異なるが、「臓器移植」という医療を非人間的なものと感じている点では一致しているようである。
 これを読んで、私は以前書いた「脳死と臓器移植」という文章が的を射ていたことを改めて確認できた。
 ただ、その文章では「私は脳死は人の死であると考える」と書いていた。確かに「脳死」というものが判定できるのであれば、私は今でもそう考える。しかし、この本を読むと、どうやら「脳死(つまり、そのまま放っておけば確実に呼吸停止・心臓死に至る状態)」というのものを、キチンと判定することはできないようなのである。また、「脳死」とされた人から臓器を摘出する際にその人(死体のはずなのだが..)は痛みを感ずるらしいのである(近藤孝氏)。
 だとすれば、私は「脳死は人の死ではない」と宗旨変更したい。ただ、だからと言って余計な延命治療はお断りだが。とにかく心停止になってから死亡宣告をしてもらいたい。

 この本をもとに、「脳死・臓器移植の歴史」について年表形式にまとめてみた。実に問題だらけの歴史である。

臓器移植 我、せずされず

池田清彦著。小学館文庫。2000年4月刊。
上の本が出てすぐに、この本も出ていたわけだが、文庫本への書き下ろしということで目立たなかったため、2003年夏に初めて店頭で見かけた。この本の巻末に、脳死・臓器移植年表も載っている。
池田氏の他の著作についてはこちら


山崎章郎氏の本

病院で死ぬということ

主婦の友社。1990年。当時、著者は千葉県八日市場市立病院消化器科医長。
これは、すべて事実をもとに書かれた物語である。
末期ガン患者の多くは、多忙な一般病院の医療システムの中で見捨てられて死んでいく。
人は90%が病院で死ぬ。だが、今の病院は人間らしく死んでいくのにふさわしい場所ではないということを知ってもらいたい。16年間で1万人の患者とかかわってきた外科医が、医療者としての痛惜の思いをこめながら現在の日本の終末期医療の現状を変えたい、いや変えうるのだ…と訴える。

続 病院で死ぬということ ― そして今、僕はホスピスに

主婦の友社。1993年。
著者は前掲書出版の翌年から聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科に移り同部長となった。

僕のホスピス1200日

海竜社。1995年。引き続き聖ヨハネ会桜町病院ホスピスでの記録。
日本放送協会出版の月刊誌「きょうの健康」の1992年4月号から3年間にわたって掲載された「ホスピスの現場から」のうち24回分をもとに、それぞれに解説・感想などを書き加えたものである。
 主な内容は、近藤誠氏の著作にも言及しての「抗ガン剤の無効性」「ガン検診の有効性は疑問。それよりも在宅ケア・ホームヘルパーの充実を」「ガンの疼痛コントロールはモルヒネを正しく使用すればOK」いった医学的なことの他、「生前給付型保険もガンの告知を本人にしないで、家族だけにすると、保険金は本人に知らせず家族が受け取る例が多いようで、本当に本人が自分のためには使えない」などということも書かれている。
 さらに「燃え尽き症候群にはならない」の章では、「国内のホスピスや緩和ケアにおけるスタッフのストレスは全国の医療スタッフの平均よりも高い」とする研究報告について、「この結果は異常である」と指摘。聖ヨハネホスピスでも海外の例からも、その反対であるはずであり、この結果は「国内のホスピス入院患者の多くが、治る希望を持たされている」ことに原因があるという。ということは、日本のホスピスは単に数が少ないだけでなく、その運営のあり方にも問題がある、ということになる。(治らないと覚悟した人が入るのがホスピスだから。)
 また、前掲書をもとにした映画「病院で死ぬということ」(市川準監督、日本労働者協同組合連合会映画事務局)の他、伊丹十三監督の映画「大病人」についての章もある。それによれば伊丹監督も「病院で死ぬということ」の映画化をしたいと著者に申し入れてきたのだが市川監督のほうが先に決まっていたので断った。そこで「大病人」の脚本を制作するにあたって伊丹監督は著者をホスピスに訪問しいろいろ質問して帰ったその日に一時間もしないうちに「ミンボーの女」がらみで伊丹監督が暴漢におそわれた、というエピソードも書かれている。

この本は勤務校の図書室で借りて読んだ。


その他

ガンで死ぬのも悪くない

 諏訪邦夫。講談社。
 だいたい主張するところは、近藤誠氏と同様である。ただし、医者の側に現状を変えるのを要求するのは土台無理であり、患者の側がもっと勉強すべきである、という論調であるのが特徴である。
 患者に「説明」をしても全く頭に入っていない、それは患者の側が予習をしていないからだ、というわけである。考えてみればあたりまえで、医療の知識をいくら「わかりやすく患者に説明せよ」とお題目を言われても、出来の悪い学生のような患者ではどうしようもない、というのは私にも大変よく理解できる。

→諏訪氏にはコンピュータ関連の著書もある。

幸せなご臨終 ― 「医者」の手にかかって死なない死に方

中村仁一。講談社。

自然な穏やかな死であるべきなのに、はた迷惑な「親切」と「延命治療」が、人生の最終ステージをけがしている。死ぬときくらいは、自分の思いどおりに死にたいと思っている人は多い。しかし、医療への過信と周囲の困った口だしで多くの人が苦しんでいる。医療現場の第一人者が明かす「人間らしい一生とは?」。

はるかなる東洋医学

本多勝一。朝日新聞社。
 第3章「西洋医学的発想と東洋医学的発想」で述べられていることは、いままでも他の人々によって結構論じられてきたことであり、特に目新しい面はない。「抑え込む医学(西洋医学)と追い出す医学(東洋医学)」「救急医療としての西洋医学」といったものなどである。また、「(西洋医学)の現代型迷信を利用した搾取構造」といった点に関しても、近藤誠氏が「がん検診」「抗ガン剤」などについてはっきり指摘している。近藤氏といえば、

西洋医学者の中にも東洋医学に手を出すものがいるが、とんでもないことだ。東洋医学も非証明医療という点では民間療法と同じである。

という立場をとっており、これはこれで明快である。(但し「がん治療」という大きな文脈の中でである)。この本多氏の本でも、西洋医学者が安易に折衷的に漢方薬を使うことをハッキリと批判している。この点で、近藤氏も東洋医学の立場も同一である。東洋医学には東洋医学としての体系があり、そこからはずれた漢方薬などの使用は、東洋医学の側からも認められないのである。

 さて、では、この本は「東洋医学のススメ」という本なのであろうか、というとそれは違う。それは第4章「『生き方の問題』としての東洋医学」以降の部分を読めばわかる。そこでは「患者も真剣でなければいけない」「生き方を変えるぐらいの覚悟が」といった段落があり

自分自身が変ること。これが究極的な東洋医学の『治療』だとさえいえないこともない。(第4章)

死に至る悪い病気を治すためには“命がけ”になるほどの覚悟が必要だとしても、それにはまず「生活を変えること」が前提であり、「生き方の問題」にこそ第一に“命がけ”にならねば、本当に真剣とはいえないのだ。そこにこそ養生の真髄がある。多くの場合は「病気を治したい」以上に「生活は変えたくない」のである。いったい、生きたいのですか、死にたいのですか?(第5章)

「生き方まで変える覚悟のない人は、東洋医学の門をたたく前に、西洋医学について患者の側ももっと姿勢を変え、あるいは武装(勉強)して、医療に利用されることなく、医療を利用すべきではないか」(第4章)

と書いている。
 もっともこうした部分は、また別の論者がたくさん似たようなことを書いているので、これまた目新しいこともない。結果的に、東洋医学への勧誘にはなっていない、不思議な本である。


本のトップ・フレームに戻る