1949年のライヴ録音

オルセン番号年月日レーベルDISC No.作曲家作品オケ場所
欠番1949/02/08ORFEOC834 118Y
MOZART2台のピアノのための協奏曲K.365VPO,
Badura-Skoda,
Dagmar Bella
WMV
154 1949/03/14 TESTAMENTSBT1143

EMI(SACD)TOGE11012
BRUCKNERSym.Nr.8BPODGH
放送録音(聴衆無)
155 1949/03/15 EMI CHS5 66210 2
BRUCKNERSym.Nr.8BPO TP
audite BOX 21.403
1671949/06/10 TAHRAFURT 1021/2
PFITZNER歌劇「パレストリーナ」
第1・2・3幕前奏曲
BPOWiesbaden
168MOZARTSym.Nr.40
169BRAHMSSym.Nr.4
1701949/07/27TAHRAFURT 1049/51
MOZART歌劇「魔笛」 VPO,
Seefried,Greindl,
Ludwig,Lipp,
Schoffler
Salzburg
1721949/08/07ORFEOC409 048L(8CD)PFITZNERSym.C-durVPOSalzburg
1751949/10/18 DG477 006-2(6CD)
BEETHOVEN「レオノーレ」ov.Nr.2 BPODGH
放送録音(聴衆無)
177EMICHS5 66206 2
BRUCKNERSym.Nr.7
1781949/12/18 DGPOCG 3791(OIBP)
474 030-2(6CD)
UCGG 9020(SACD)
SCHUMANN「マンフレッド」ov.BPO TP
audite BOX 21.403
179EMICHS5 65513 2
BRAHMSSym.Nr.3
180MD+GMDG 642 1113-2FORTNERVC.
1811949/12/19DGPOCG 3792(OIBP)
474 030-2(6CD)
WAGNER「ジークフリート葬送」BPO
182「マイスタージンガー」第1幕前奏曲

 2月にウィーンやスイスでコンサート、3月にベルリン・フィルとのコンサート、5月にイタリアでコンサート。
 6月はベルリン・フィルとの演奏旅行。1,2日ハンブルク、3日ヒルデスハイム、4日ハノーヴァー、5日ビーレフェルト、6日バート・ピルモント、7日フィーアゼン、8日ヴッパータール、9日デュッセルドルフ、10日ヴィースバーデン、12日午後フランクフルト、同夜ヴィースバーデン、13日ハイデルベルク、14日バーデン・バーデン。そしてベルリンに凱旋して、18日午後と夜、19日にコンサート。
 夏はザルツブルク音楽祭(「魔笛」「フィデリオ」)とルツェルン音楽祭(メヌーヒンとブラームスの協奏曲をスタジオ録音)。
 9月は24,25日にウィーンでウィーン・フィルとコンサートの後、その足で演奏旅行。28日〜10月5日までロンドン(途中1度オックスフォードにも)、10月8,9日パリ、11日ジュネーヴ、12日チューリヒで終わり。その後16〜18日にベルリンでベルリン・フィルとのコンサート(この最終日18日にティタニア・パラストでのコンサートに先立って、ゲマインデハウスで放送用録音もしている。)暮れにはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団に戦後唯一の客演をしている。