大塚久雄の本


 1907年5月3日〜1996年7月9日。経済学博士。東京大学名誉教授。専攻分野は、西洋経済史;思想史;社会科学論。
 東京帝国大学経済学科〔1930年〕卒。法政大学教授を経て、1947年東京大学教授、1968年国際基督大学教授、のち客員教授。
 比較経済史学の中心として活躍、「近代欧州経済史序説」「近代資本主義の系譜」などの業績で国際的評価をうけた。マックス・ウェーバーの宗教社会学とマルクスの唯物史観論の方法を総合した、いわゆる「大塚史学」を構築、多くの門下生を育てた。1975年文化功労者。1988年ウェーバーの名著「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」の改訳を出版する。
 他の著書に「社会科学における人間」「大塚久雄著作集」(全13巻,岩波書店)などがある。文化功労者〔1975年〕;勲二等旭日重光章〔1977年〕;文化勲章〔1992年〕;キリスト教功労者(第25回)〔1994年〕。


社会科学の方法 − ヴェーバーとマルクス −

岩波新書。1966年。

  1. 社会科学の方法 − ヴェーバーとマルクス −
  2. 経済人ロビンソン・クルーソウ
  3. ヴェーバーの「儒教とピュウリタニズム」をめぐって − アジアの文化とキリスト教 −
  4. ヴェーバー社会学における思想と経済
社会科学における人間

岩波新書。1977年。

 少年時代に「ロビンソン・クルーソー」は読んでいたが、それがヴェーバーのいう「プロテスタンティズムの倫理」と密接につながりのある社会・経済学的な意味を持っていたとは知らなかった。

生活の貧しさと心の貧しさ

みすず書房。1961〜76年の間の講演・対談などを集めたもの。
講演は「真理への畏敬」「生活の貧しさと心の貧しさ」ほか8篇。
対談の相手は、矢内原忠雄・森有正・湯川秀樹・内田義彦の各氏である。


本のトップ・フレームに戻る