愛新覚羅氏関連の本


「激動の時代を生きた人々」へ

 ラスト・エンペラー愛新覚羅溥儀「わが半生」だけは、激動の時代を生きた人々のページに掲載したが、下の同一族の人々もまた、それぞれ皆「激動」を生きた。また、その多くは文化大革命の被害者にもなっている。


わが半生

愛新覚羅溥儀。→激動の時代を生きた人々のページ

溥傑自伝 −満州国皇弟を生きて−

愛新覚羅溥傑著。河出書房新社。

最後の公爵 愛新覚羅恒煦

愛新覚羅烏拉煕春著。朝日選書。
著者は女真語・満州語の研究家。訳者の吉本道雅氏は著者の夫である。
これは著者の祖父の伝記である。
彼は、退位後の溥儀に出仕したが、満州には行かなかった。
日中戦争終戦直後に国民党国民政府の行憲国民大会に満州族選出議員として参加したが、台湾には行かず、中華人民共和国にとどまった。文化大革命で迫害されたが、まもなく亡くなった。
この本の前半には、混乱の1920年代が「帝政復古」派的観点から描写されている。なかでも衝撃的なのは、混乱の中で乾隆帝・西太后らの陵墓があばかれたのを修復しにいった時のリアルな記述である。

清朝最後の王女に生まれて

愛新覚羅顕キ著。中公文庫。
著者の名「ケンキ」の「キ」は「王へんに奇」である。
清朝八大親王の一人・粛親王の末娘として1917年に旅順に生まれ、日本の女子学習院に留学、1940年に日本女子大学英文科に入学するが翌年太平洋戦争勃発ともに帰国。戦後は食堂経営などをし、1956年に北京編訳社に入り中・日の翻訳にたずさわる。反右派運動の激しくなった1958年に逮捕・投獄され15年の獄中生活・7年の強制労働をへて、文化大革命後に自由の身となる。
彼女の姉は男装の麗人・女スパイとして有名な川島芳子である。(川島芳子は、本名・愛新覚羅顕シ、「ケンシ」の「シ」は「王へんに子」である。日本人・川島浪速の養女となる。戦後、中国国民党に捕らえられスパイ容疑で処刑された。)

わが夫、溥儀―ラストエンペラーとの日々

李淑賢著。王慶祥編。学生社。
著者は溥儀の釈放後再婚した相手でありその最期もみとっている。編者は溥儀日記の編集も行った人である。
ラストエンペラー溥儀の知られざる私生活と素顔。「最後の皇帝」とまずしい家庭に育った夫人との出会い、「皇帝」から一市民となった私生活の実態、溥儀におそいかかる文化大革命の嵐!ガンとの闘いに明け暮れた晩年の日々!など、溥儀の夫人が人間・溥儀と結婚生活の実像を赤裸々に公開。

溥儀・戦犯から死まで − 最後の皇帝溥儀の波瀾に満ちた後半生

王慶祥著。学生社。
中華人民共和国にとって溥儀らの「改造」は大きな宣伝材料だったため、周恩来・毛沢東らが相当気を使って彼らを「保護」したことがわかる。


本のトップ・フレームに戻る