マタイヨハネ受難曲におけるイエスの言葉「Du sagest's.」の訳について

はじめに

 2017年3月、盛岡バッハ・カンタータフェラインの「ヨハネ受難曲」演奏会を聴いた。(この演奏会の感想はこちら
 私にとってこの演奏会は初の字幕付き演奏会体験だった。聴きながらにして曲がよく理解できるものだ、と(遅ればせながら)思った。

 その演奏会、第18曲の字幕で、ピラトに「お前は王なのか?」と聞かれたイエスの台詞の訳は、「お前の言うとおり、私は王である」というものだった。ドイツ語の歌詞はハッキリ「Du sagst's, ich bin ein König.」と聞き取れた。

 私はこの瞬間、かなり違和感をもった。
 私は「マタイ受難曲」はたくさん聴き込んでいて“なじみがある”が、「ヨハネ受難曲」はそれと比べたらかなり“なじみが無い”。なので、「ヨハネ」ではイエスの台詞にこんなものがあったのか、と思ったのである。
 しかし同時に、「これは誤訳じゃないのか?」とも思った(フェラインの字幕が、ではなく、ルターがギリシア語から訳す際の)。私は田川建三氏の本を読んで勉強していたから、歴史上実在したイエスはこんなことを言う人ではない、と理解している。
 イエスは、ユダヤ教指導者や政治権力者と、まともに同じ土俵で論争する気などさらさらなかった。「それはお前が言ってることだろ?(ドイツ語版聖書で Du sagst es.)」と捨て台詞で応酬するのが、彼の基本姿勢だ。「ユダヤ人の王なのか」と聞かれても、それは「お前が言ってることで、俺の知ったことじゃないよ。」というはずなのだ。
 ところが一方で「ヨハネ福音書」に登場するイエスは、その編著者によって、「私は王だ」などと言いかねない威厳ある宗教家として脚色されていることも確かだ。バッハの「ヨハネ受難曲」もその雰囲気にあわせて作曲されている。

 バッハの受難曲におけるイエスは、「ギリシア語で書かれた福音書をルターがドイツ語訳した台詞」をしゃべらされている。そこで、次の2つの問題が出てくる。
1.ギリシア語の福音書では、どう書かれているのか。
2.もし歴史的に実在したイエスの台詞ならばアラム語だったはず。そこから福音書に記載される際にギリシア語にきちんとニュアンスまで含めて訳されているか。

 しかしこの2点とも、私が自力で検証することはできない。
 以下で私がやったことは、バッハの「マタイ」「ヨハネ」両受難曲にでてくる計4カ所(両福音書全体としてもこの4カ所だけ)のDu sagst es.について、手元の様々な訳(下記参照)を検証してみたというだけである。
 なおバッハの歌詞としては、マタイの3カ所はいずれも「Du sagest's.」である。しかし問題の上記ヨハネの1カ所は「Du sagst's,〜」となっている。

(なお、その作業中、Wikipedia「マルコによる福音書」のページの、「マルコ福音書に見られる特徴」の項に、「14:62ではイエスははっきりと自分がメシアであることを宣言。」と書いてあるのを発見した。この件については当ページの一番下に「追記」で検討する。

 まず最初に「マタイ」の2カ所を紹介する。いずれもイエスが尋問を受けている場面であり、この点で「ヨハネ」の1カ所と場面状況は同じである。

1.マタイ26章63-64 大祭司の尋問、バッハ「マタイ受難曲」第36曲a

 「マタイ福音書」では第16章で、イエスは「あなたは生ける神、キリストです」と答えたペテロを大変褒めている。しかしもとの話は「マルコ福音書」第8章の同じ場面、「あなたはキリストです」と答えたペテロをイエスは戒めた(叱った、と訳すべきギリシア語が使われている)である。そしてこれはイエスの真実の台詞である。(「あなたはキリスト」と言われたイエスが、それを否定したという内容を、キリスト教会がわざわざ捏造するはずがないからである。)
 そんなわけで「マタイによる福音書」はイエスの事跡を改竄してできた書物であるから、そこに登場するイエスならば、「お前は神の子・キリストなのか」と問われたら、「その通りだ」と答えてもおかしくないどころか、そうでないと首尾一貫性がない。
 しかしながら、RSV英訳など学術的な訳だけでなく古いルター訳ドイツ語ですらも「それはお前が言ってることだ」としか訳せない言葉を使っている。やはりもともとのギリシア語の福音書のギリシア語もそのような台詞であるのだろう。改竄の手を入れておきながらも、真実のイエス像の痕跡はしっかり残ってしまっている。(ちゃんと読めば様々な古代史料も皆そういうところがある。それを読み解くのが歴史家というものだ。)

ルター訳ドイツ語聖書(1710年 カンシュタイン聖書会議版) バッハの受難曲の歌詞

Und der Hohepriester antwortete und sprach zu ihm: Ich beschwöre dich bei dem lebendigen Gott, das du uns sagest, ob du seiest Christus, der Sohn Gottes.
Jesus sprach zu ihm: Du sagst es(Du sagest's). Doch sage ich euch: Von nun an wird's geschehen, das ihr sehen werdet des Menschen Sohn sitzen zur Rechten der Kraft und kommen in den Wolken des Himmels.

改訂標準英語訳RSV(1952年)

(大祭司)"I adjure you by the living God, tell us if you are the Christ, the Son of God."
Jesus said to him, "You have said so. But I tell you, ...
お前がそう言ったのである。しかし私はお前に言う..)

新共同訳(1987年日本語)

(大祭司)「生ける神に誓って我々に答えよ。お前は神の子、メシアなのか。
イエスは言われた。「それはあなたが言ったことです。しかし、私は言っておく。あなたたちはやがて、人の子が全能の神の右に座り、天の雲に乗って来るのを見る。」

聖書学者 田川建三氏の訳

大祭司が彼に言った。「生ける神に誓って、お前に言う。我々に答えよ。お前は神の子キリストであるのかどうか。
イエスは彼に言う。「あなたがそう言っておいでなのだ。むしろ私はあなた方に言う、今から後、...」

しかし、古い翻訳、あるいは原理主義的な翻訳では、「お前の言うとおりだ(=私は神の子キリストだ)」となっている。

英訳New King James Version

(大祭司)"I put You under oath by the living God: tell us if You are the Christ, the Son of God!"
Jesus said to him, "It is as you said.(お前の言うとおりだ) Nevertheless, I say to you,...."

日本語「口語訳」(1954年)

(大祭司)「あなたは神の子キリストなのかどうか、生ける神に誓ってわれわれに答えよ
イエスは彼に言われた。「あなたの言うとおりである。しかし、私は言っておく...」

日本語「新改訳」(原理主義的)

(大祭司)「私は生ける神によって、あなたに命じます。あなたは神の子キリストなのか、どうか。その答えを言いなさい。
イエスは彼に言われた。「あなたの言うとおりです。なお、あなた方に言っておきますが、...」

Neue Evangelische(福音主義=原理主義)

Darauf fragte ihn der Hohe Priester noch einmal: "Ich beschwöre dich bei dem lebendigen Gott: Bist du der Messias, der Sohn Gottes, oder nicht?"
"Ich bin es!", erwiderte Jesus. "Doch ich sage euch: ...."
私はまさにそれ(神の子メシア)だ!

 この部分、赤字の「Du sagest's.」問題とは別の問題がある。それは青字にした大祭司の詰問部分の日本語訳である。
 ドイツ語訳・英語訳を読む限り「生ける神に誓って言う」の主語は大祭司自身のはずである。しかし日本聖書協会による「口語訳」「新共同訳」の2つはそうなっておらず、大祭司がイエスに対して「生ける神に誓って答えよ」と命令する形になっている。確かにそのほうが“通りが良い”のはわかるが、文法的にはおかしいだろう。
 田川建三氏の訳が大祭司を主語にしているのは当然として、もう1つそう訳しているのが何と「新改訳」だというのは意外である。

2.マタイ第27章11 総督ピラトの最初の質問 バッハ「マタイ受難曲」第43曲

これも1.と同じような場面であるから、訳の傾向も全く同じである。まずはドイツ語から。

ルター訳(1710) バッハの受難曲

Und der Landpfleger fragte ihn und sprach: Bist du der Juden König?
(総督がイエスに尋ねて言った「お前がユダヤ人の王なのか?」)
Jesus aber sprach zu ihm: Du sagst es.(Du sagest's.

聖書学的権威のある訳も「それはお前が言ってることだ」となっている。

RSV

and the governor asked him, "Are you the King of the Jews?"
Jesus said, "You have said so."

新共同訳

総督がイエスに「お前がユダヤ人の王なのか」と尋問すると
イエスは「それはあなたが言っていることです。」と言われた。

田川建三訳

そして代官が彼に尋ねて言った「汝はユダヤ人の王であるのか」。
イエスは言った、「あなたがそう言っておいでなのだ

これに対し、古かったり、原理主義的だったりするものでは「あなたの言う通りだ(=私はユダヤの王だ)

NKJV

And the governor asked Him, saying, "Are You the King of Jews?"
Jesus said to him, " It is as you say."

口語訳

すると総督はイエスに尋ねて言った「あなたがユダヤ人の王であるか」。
イエスは「そのとおりである」と言われた。

新改訳

すると総督はイエスに「あなたはユダヤ人の王ですか」と尋ねた。
イエスは彼に「そのとおりです」と言われた。

Neue Evangelische

Als Jesus dem Statthalter vorgeführt wurde, fragte ihn dieser: "Bist du der König der Juden?"
- "Ja, es ist so, wie du sagst", erwiderte Jesus.

3.マタイ 第26章25 最後の晩餐 バッハ「マタイ受難曲」第11曲

ルター訳=バッハの受難曲

Da antwortete Judas, der ihn verriet, und sprach: Bin ich's, Rabbi?
Er sprach zu ihm: Du sagst es.(Du sagest's.

 この場面は上2つとは全く場面が異なる。最後の晩餐の席上、イエスは「この中に裏切り者がいる」と宣言する。弟子達が口々に「主よ、私ですか?」と言う。最後にユダが「私ですか?」と言うと、イエスが「Du sagest's.」と答えるのである。
 ここはイエスも、裏切り者がユダであると分かっているのだから「その通りだ」と答えて全くおかしくない。にもかかわらずドイツ語版では「お前がそう言っている」なのである。
 他の訳はどうなっているか。ここではまず、古かったり、原理主義的だったりするものを先に見る。

Neue Evangelische

Da sagte auch Judas, der Verräter, zu ihm: "Ich bin es doch nicht etwa, Rabbi?"
- "Doch", antwortete Jesus, "du bist es."(いや、あなただ。)

口語訳

イエスを裏切ったユダが答えて言った。「先生、まさか私ではないでしょう。」
イエスは言われた。「いや、あなただ。

新改訳(原理主義)

するとイエスを裏切ろうとしていたユダが答えて言った。「先生、まさか私のことではないでしょう。」
イエスは彼に「いや、そうだ。」と言われた。

 場面が場面だけに、躊躇無く勝手な意訳=誤訳を行っている。しかし、英語の欽定訳は次の通り。

NKLV

Then Judas, who was betraying Him, answered and said,"Rabbi, is it I?"
He said to him, "You have said it."

 これではRSVとほとんど変わりない。

RSV

Judas, who betrayed him, said, "Is it I, Master?"
He said to him, "You have said so."

 なお、ドイツ語版が現在形なのに対し、この英語版2つは現在完了形で「お前がそう(それを)言った」になっている。日本語「新共同訳」も同じである。

新共同訳

イエスを裏切ろうとしていたユダが口をはさんで「先生、まさか私のことでは」と言うと、
イエスは言われた。「それはあなたの言ったことだ。

 ところで、日本が誇る世界最高の聖書学者 田川建三はどう訳したか。

田川建三訳

彼を引き渡そうとしていたユダが答えて言った、「ラビ、まさか私ではないでしょうね。」
彼に言う、「おまえがそう言うのか」。

 何と、平叙文を疑問文として訳している(=You say it ?!)。比類無い名訳だ。(ちなみに時制は「現在形」である。)

 ところで、バッハはこの田川訳のようなニュアンスを感じ取っていたのではないだろうか。
 彼はここの「Du sagest's.」にだけは、他の場面とは違って、Du からsa-gest's に向かって「レーソーソー」と4度の上昇音型で作曲している。
 この通りに、イエスのユダに対する台詞を歌うならば、「(裏切り者の張本人である)お前が、ここでそう言っちゃうわけ?(あきれて物も言えないよ)」という感じであろうか。
 ちなみに、その前の2カ所ではいずれもDu sa-からgest'sに向かって、1.(第36曲a)では5度の、2.(第43曲)では4度の下降音型である。

4.ヨハネ第18章37 ピラトの2回目の「王なのか」という質問に対して

ここが一番問題。なぜなら単なる「Du sagest's.」ではないからだ。

ルター訳 1710年版=1912年版

Da sprach Pilatus zu ihm: So bist du dennoch ein König?
Jesus antwortete: Du sagst es (sagst's), ich bin ein König.Ich bin dazu geboren und in die Welt kommen, daß ich die Wahrheit zeugen soll. Wer aus der Wahrheit ist, der höret meine Stimme.

このイエスの返答のドイツ語は「お前はそう言う、私は王である。」と訳すしかない。
1545年のルター最終稿も「Jhesus antwortet / Du sagsts / Jch bin ein Konig.」となっている。
前半と後半の間に接続詞がないので、その関係がよくわからず、何を言ってるのかよくわからない文章である。

古い翻訳や原理主義的翻訳では、ここぞとばかり...

Neue Evangelische(新福音主義)ドイツ語訳

"Also bist du doch ein König", sagte Pilatus.
"Du hast Recht", erwiderte Jesus, "ich bin ein König, ich bin dazu geboren. Und ich bin in die Welt gekommen, um für die Wahrheit einzustehen. Wem es um die Wahrheit geht, der hört auf mich."

お前は正しい」とイエスは答えた。「私は王であり、私はそうなるために生まれたのである。〜」
いったいどこからRechtなんて言葉を持ってきたのか? そしてそれに続く文も、切り方がだいぶ他と違う。

NKJV

Pilate therefore said to Him, "Are You a King then?"
Jesus answered, "You say rightly that I am a king.

that節で括らないとおかしい、と気がついたのは良いが、say rightlyときたか。(あなたは、私が王である、と正しいことを言っている。)

口語訳

そこでピラトはイエスに言った、「それでは、あなたは王なのだな」。
イエスは答えられた、「あなたの言うとおり、私は王である。〜」

新改訳

そこでピラトはイエスに言った。「それではあなたは王なのですか」
イエスは答えられた。「私が王であることは、あなたの言うとおりです。〜」

しかし学術的に正確とされるものは、やはり以下のようにthat節として訳している。

RSV

Pilate said to him, "So you are a king?"
Jesus answered, "You say that I am a king. 〜"
(おまえが、私が王である、と言っているのだ。)

新共同訳

そこでピラトが「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。
私が王だとは、あなたが言っていることです。私は真理について証しをするために生まれ、そのために世に来た。真理に属する人は皆、私の声を聞く。」

田川建三訳

それでピラトが言った、「では汝は王ではないのか」
イエスが答えた、「私が王だというのは、あなたが言っておいでのことだ。〜」

Interlinearübersetzung(逐語訳ドイツ語)

Da sagte zu ihm Pilatus: Also doch ein König bist du?
Antwortete Jesus: Du sagst, daß ein König ich bin. Ich dazu bin geboren und dazu gekommen in die Welt, daß ich zeuge für die Wahrheit; jeder Seiende aus der Wahrheit hört meine Stimme.

やはりここはdaß節で括るべきなのだ。「私が王だ、とはお前が言ってることだ」。

 というわけで、この場面も、マタイの尋問2カ所と同様に「私が王だとはお前が言ってることだろ」と捨て台詞的に訳すのが正しい
 しかし宗教者たるルターは、ここを“勇み足”的に「その通り、私は王である」と訳してしまった。それもまた彼らしい、と言うべきだろう。ルターの業績は偉大であるが、少なくともここは“誤訳”であったと結論づけられる。


ここで紹介した様々な翻訳聖書について

 まず書籍として所持している聖書である。田川建三「書物としての新約聖書」を読んだ後、カトリックのフランシスコ会による日本語訳聖書や、様々な英語訳の聖書(RSV、NRSV、TEV、CEV)などを購入したが、今はすべて手放してしまった。(田川建三氏の翻訳&解説を本棚に収めるため。)現在、所有しているのは以下のもの。

田川建三氏による翻訳

新約聖書 訳と註 1 マルコ福音書/マタイ福音書」「新約聖書 訳と註 第五巻 ヨハネ福音書
日本が世界に誇る最高の聖書学者による正しい(ギリシア語原典に忠実な)翻訳。

日本聖書協会「口語訳」(新約1954年、旧訳1955年)

昔の勤務先のキリスト教系高校で、古いものだからあげるよ、ということでいただいたもの。
「口語訳」は、時代的には古今最高の英語訳RSVに依存しているが、神とイエスに対してのみ敬語を使用する(パリサイ派がイエスに敬語を使うはずが無いのに)など、いろいろ日本語の文体としては問題がある。(田川氏の解説)

日本聖書協会「新共同訳」(1987年)

 私が所有しているのは日本国際ギデオン協会が無料配布していたものだが、1999年 日本聖書協会発行となっている。もちろんこの訳はちゃんと日本聖書協会自身から発行されている本がある。
 聖書協会の長年の仕事のうち、現在一番新しい翻訳である。その前の「共同訳」(1978年)が、アメリカ聖書協会のTEV(Today's English Version、自由に現代的に意訳した)に影響された酷いものだった。
 「新共同訳」それを反省し修正したものである。とはいえまだTEV的な所はたくさんある。表題も「使徒行伝」が「使徒言行録」に、「〜人への手紙」が「〜の信徒への手紙」になったりしていてダメ(田川氏)。

新改訳聖書刊行会「新改訳」

 これも日本国際ギデオン協会が配っていたもので所有している。日本聖書刊行会による1988年発行、1991年第19刷と記載されている。
なお「新改訳」の初版は1973年である。「聖書を『誤りなき神のみことば』と告白する福音主義の立場に立つ委員会訳である」、と称しているが、学術的聖書翻訳に関して言うならば“福音主義”とはほとんど原理主義(ファンダメンタリズム)と同義である。

 なお日本国際ギデオン協会は、上記日本聖書刊行会の常任理事をつとめた泉田昭による個人訳なども配付しており、団体としては原理主義的であると言うべきだろう。現在は「新共同訳」は扱っていないのではないか?

英語版New King James Version(NKJV、1983年)

 上2つの日本国際ギデオン協会が配布していた聖書に載っている英語版。同協会の国際組織「国際ギデオン協会」が長年配布していたものである。
 1611年にAV(Authorized Version)として完成した「欽定訳」と呼ばれていたものの別名が「King James Version」であり、本格的英語訳聖書の最初のものである。これがRV(Revised Version、新約1880年)、ASV(American Standard Version、1901年)をへて、RSVとなっていくわけである。
 しかしこのNKJVは、昔の欽定訳を現代英語に直したものでしかない。新約の初版は1979年である。

以上の手持ちの書籍版の他に、インターネット上で読める英語訳・ドイツ語訳も参照した。

RSV(Revised Standard Version、改訂標準英語訳1952年)

RSV Bible -- Browseというサイトで旧約・新約とも読める。
現在、最高の英語訳聖書である。これを改訂したNRSV(1989年)は、いろいろ問題がある。

バッハの受難曲の歌詞と同じルター訳は、次のサイトで読める。

ルター聖書1710年版

このサイトの「Text der unrevidierten Lutherbibel 1545(未校訂のルター聖書テキスト)」という表題は“偽りあり”。
Wikipediaの「ルター聖書」の項からこのサイトへのリンク先説明には、「ルターの手による最終的なテクストと同じではなく、1710年のカンシュタイン聖書会議によるものである」と書いてある。
見てみると、「マタイ受難曲」第2曲のイエスの台詞(第26章-2)が「Ihr wisset, das nach zween Tagen Ostern wird,..」となっている。旧バッハ全集(ブライトコプフ版)の歌詞と同じだ。(新バッハ全集では「zweien」となっている。)

しかし、全体的には「Luther 1912」との差違はほとんどない。旧バッハ全集と新バッハ全集で、受難曲の歌詞がほとんど違わないのだから。これは考えてみると凄いことだ。日本で言うなら近松門左衛門の日本語と現代日本語が同じ、ということなのだから。

 以下のドイツ語訳は、いずれも「Bibel-Online.net」というサイトで読むことができる。

ルター版ドイツ語訳

現在に至るまで「ルター訳」は何度も改訂されてきたが、基本的な構造はそのままである。
上記のサイトでは2つの版が読める。
1.Luther 1545(Letzte Hand)・・・ルターの最終稿。ドイツ語の“古文”である。
2.Luther 1912」・・・現行のルター訳と言って良いのだろう。新バッハ全集の受難曲の歌詞はこれのようだ。
この2つの間の段階が、上の1710年版ということになる。

Neue Evangelische(新福音主義)

「福音主義」の本来の意味は宗教改革の立場をとる、ということであった。
しかし現代においては、聖書の言葉=福音を重視するあまり、原理主義(ファンダメンタリズム)と化した人たちを指す。
ここで読めるドイツ語訳聖書は、まさにそれで、期待に違わぬ?原理主義的翻訳となっている。

Interlinearübersetzung

Interlinearは「行間の」という意味なので、「翻訳」(Übersetzung)と合わせて、“行間を読んだ大胆な意訳”のことなのかな、と思ったら大間違い。その正反対で、行間に単語1つ1つの意味を付けていく「逐語訳」という意味である。よって、ギリシア語の原文に忠実に訳したものということになる。
上記のようにヨハネ第18章37をdaß節の従属文に訳している。

しかしマタイの3カ所は、ちょっとどう訳したものか、というものになっている。言う内容を表す代名詞esが無いので、「お前は言った(言う)」では意味がわからん。

マタイ26章25(裏切り者のユダに対して)
・・・Antwortend aber, Judas der verratende ihn sagte: Doch nicht etwa ich bin, Rabbi? Er sagt zu ihm: Du hast gesagt.

マタイ26章63-64(大祭司の詰問に対して)
・・・Und der Hohepriester sagte zu ihm: Ich beschwöre dich bei dem Gott lebendigen, daß uns du sagst, ob du bist der Gesalbte, der Sohn Gottes.
Sagt zu ihm Jesus: Du hast gesagt; doch ich sage euch:...

マタイ27章11(総督ピラトに対して。なぜピラトという個人名を出さないのか?)
・・・Aber Jesus wurde vorgeführt vor den Statthalter; und fragte ihn der Statthalter, sagend: Du bist der König der Juden? Aber Jesus sagte: Du sagst.


追記:
「マルコ」第14章-62 で大祭司から「キリストなのか」と聞かれたイエスが「私はそれである」と答えている件

 「マルコ」第14章61後半から62にかけて、新共同訳、英語RSV、ルター独訳では次のようになっている。

新共同訳

「お前はほむべき方の子、メシアなのか?」と(大祭司は)言った。イエスは言われた。「そうです。〜」

RSV

"Are You the Christ, the Son of Blessed?" Jesus said,"I am.〜"

ルター訳

Da fragte ihn der Hohepriester abermal und sprach zu ihm: Bist du Christus, der Sohn des Hochgelobten?
Jesus aber sprach: Ich bin's.

 現在、ギリシア語聖書の原典とされているのは「ネストレ」と呼ばれるものである。20世紀に正文批判の進歩とともに改訂が繰り返され、現在は1979年の第26版となっている。
 そのギリシア語「ネストレ」の原文が上記のようになっており、全世界でそのように訳されているのである。

 しかし、田川建三「新約聖書 訳と註 1 マルコ福音書/マタイ福音書」では、このイエスの台詞を「私がそうだということは、お前が言っていることなのだ」とされている。
 田川氏はここで、単に「ネストレ」を“底本”として翻訳したのではない。「ネストレ」原文を確定するために聖書学者が行った資料批判(「正文批判」という)を、自らも行い、その「正文批判」の成果としてこのように記したのである。
 聖書学という学問には“底本”という概念は無い。「ネストレ」も金科玉条ではないのである。

 以下、田川建三著『書物としての新約聖書』からのまとめである。この本は「新約聖書」成立の歴史から始まり、その文書に使われている言語の分析、正文批判の資料としての古写本、そして各言語への翻訳の歴史が書かれているもの凄い本である(700ページ越、1.5kg!)。

 原資料たる古い写本には、いくつかの系統がある。
 有力な考え方として、「アレクサンドリア型(ヴァチカン写本(B)・シナイ写本(χ)等)」と「西方型(ベザ写本(D)等)」の一致が見られれば、それが正文だろうということになっている。
 しかし、「マルコ福音書」にのみに見られるカイザリア型(コリデティ写本(Θ)等)」というのがあって、同福音書においては、「アレクサンドリア型・西方型」と「カイザリア型」が対立した場合、「カイザリア型」を優先すべき場合も多いという。

 ではこの「マルコ」第14章62において、古写本はどうなっているか。
 同じく田川氏の「新約聖書 訳と註 1 マルコ福音書/マタイ福音書」の解説によれば、
 ・「カイザリア型」は、「私がそうだということは、お前が言っていることなのだ」(つまりthat節従属文の形)となっている。
 ・「アレクサンドリア型・西方型」はその後半「お前が言っていることだ」を削除した形、つまり「私はそうだ」となっている。
 ギリシア語「ネストレ」は後者の形を採用したのである

 しかし、ここで、この部分の「マタイ」の並行記事は「第26章63-64」(つまり上記の1.)であることを考えてみよう。そこでは「お前がそう言っているのだ」となっている。

 マタイ著者はイエスのことを「予言されていた救世主」であると考えている人物だ。その彼が「マルコ福音書」を脇に置いて引き写しながら、それに自分の思想を盛り込んで「マタイ福音書」を書いているのだ。(こちらを参照
 彼が、「マルコ福音書」にイエスの台詞として「私はそうだ」(アレクサンドリア型・西方型)と書いてあるのを見たら、“我が意を得たり”と思ってそのまま書き写すだろう。それを“わざわざ削除して”、さらに、自分の考えにそぐわない「お前がそう言っているのだ」に書き換えるなどということが考えられるだろうか?

 やはりマタイ著者が見ていた「マルコ福音書」は「カイザリア型」だったのだ。すなわち「私がそうだということは、お前が言っていることなのだ」と書かれていたはずだ。これを見てマタイ著者が「私がそうだということは」を削除したのは、単に重複を避けるためだったと考えれば説明がつく。

 よって田川建三氏の措置が正しい。この部分における「ネストレ」の方針は歴史学の原則に反しているのだ。
 ある集団が作成した記録に
 「彼らにとって不利なことが書かれている場合は、おおむね信用できる」
 「彼らにとって有利なことが書かれている場合は、真実かどうかよく検討しなくてはならない」
のである。

 これで、イエスは全ての福音書の尋問の場面で、「お前は王なのか」「キリストなのか」と聞かれても、「それはお前が言ってるんだろ」と捨て台詞で応答した、ということが確認できた。

(唯一、このページで話題に上らなかった「ルカ福音書」でも、
第22章67 大祭司「お前がメシアならそう言うが良い。」イエス「私が言っても、あなたたちは信じないだろう。..」
 同 70 皆が言った「では、お前は神の子なのか。」イエス「それはお前たちが言っていることだ。」
第23章3 ピラト「お前はユダヤ人の王なのか。」イエス「お前がそう言っているのだ。」
となっている。第22章67だけは他に無いパターンだが、下2つは公式通りだ。)