ショパン EMIのSP復刻CD

アルフレッド・コルトー & アルトゥール・ルービンシュタイン 2人の録音曲目

収録曲を下に掲載する。一部例外を除き、いずれも録音は1930年代である。
EMIは明らかに、ショパンのレパートリーをルービンシュタインとコルトーとの間でダブらないように商業的に配慮している。よって、2人の録音した曲を表にしてみる。
○×は録音の有無である。

曲名ルービンシュタインコルトー
協奏曲2曲ともTOCE8889,第2番のみ
ソナタ×TOCE8890,2曲とも
夜想曲全19曲TOCE8889,6曲
24の前奏曲×TOCE8893
練習曲×TOCE8892(24曲+新しい3曲)
ワルツ第2番、第7番TOCE8891,全14曲
バラード×TOCE8891,全4曲
スケルツォ全4曲×
即興曲×TOCE8890,全4曲
マズルカ第1〜51番×
ポロネーズ第1〜7番TOCE8893,第6番「英雄」
Andante Spianato &
華麗な大ポロネーズ
×
舟歌TOCE8893
子守歌TOCE8889
幻想曲op.49×TOCE8893
タランテラ×TOCE8889

アルフレッド・コルトー

 EMI。国内盤で5枚分売。うち1枚はピアノ協奏曲第2番(バルビローリ指揮の管弦楽団)&夜想曲数曲。
輸入盤Referenceシリーズでは分売では1枚(24の前奏曲,即興曲,舟歌,子守歌)しかない。あとはセット6枚組(国内盤より1枚多いが...)である。
国内盤では他に新星堂によるコルトーの録音の大掛かりな復刻もあるが、ショパンの録音はこれ以上あったかどうか不明である。

 コルトーについては、以前「レコ芸」で内田光子が次の様なことを言っていた。

 コルトーを聴いた時には、「このスケベじじい」と思うが、いざ自分でテンポ・ルバートして弾こうとすると、コルトーほどルバートの何たるかを知っていた人はいないことに気付く。

 いや全くその通りである。とにかくそのテンポの操りかたは、とことんツボにはまっているので、これぞ曲と一体になった名演、と言いたくなる。

 コルトーとルービンシュタインの差がよく出ているのは「英雄ポロネーズ」」であろう。ルービンシュタインが推進力で聴かせる曲を、コルトーは腰のタメをきかせてやっている。それと比べれば「舟歌」はあまり差がないように思われる。(もちろん十分すぎるほど違うが)


アルトゥール・ルービンシュタイン

EMI。TOCE9615/19。5枚組。輸入盤Referenceシリーズの解説の翻訳が入っている。
ルービンシュタインは、第2次大戦勃発後、アメリカで活動し、RCAにレコーディングをショパン作品全集録音をしている。しかし、ここでの録音は、ロンドンのアビー・ロード・スタジオでの1930年代のものである。なぜこちらを選んで購入したか、というと、音楽之友社ONTOMO MOOK「クラシック 不滅の巨匠」のルービンシュタインの項(執筆は岩井宏之氏)を読んだからである。

 それによれば、1966年来日公演を聴いた野村光一氏は「生気が抜けてしまい形骸だけになってしまった。ただしテクニックは完璧だった。」と評したという。
 また、柴田南雄氏は

1934年以降のルービンシュタインのショパンは、ポーランド出身のユダヤ人の当時の心的状況をよく表わしているのではないか。祖国がまさに崩壊しつつある日々、祖国を離れて外国で演奏するというのは、ショパンが置かれていたシチュエーションに非常によく似ている。だが、大戦中アメリカに移住したルービンシュタインは、そういうストレスから解放され、ひたすら幸福な、功なり名を遂げたピアニストとして演奏し、かつ繁栄の国アメリカの聴衆を喜ばせる、というふうに変わってしまった

と言われたらしい。もっともその後半部分は、そこまでは言い切れないだろうが。

 さて、こうなるとやはりEMI盤のほうにどうしても触手がのびてしまう。で、結果は大変良かった。録音も実に聴きやすく、例えばシュナーベルのベートーヴェン全集みたいにミスタッチが目立つなどということは全くといっていいほど無い。
 このセットには、独奏曲の他にピアノ協奏曲2曲も入っている。バルビローリ指揮ロンドン響のバックである。

 なお、RCAから「ルービンシュタインのラスト・リサイタル」というLDが出ている。
そこに、スケルツォ第2番、練習曲op.25-5,op.10-4、夜想曲op.15-2、英雄ポロネーズ、ワルツop.64-2 が入っている。この「英雄ポロネーズ」が物凄い。1975年1月15日のカリフォルニアでのライヴであるが、40年前と全く変わらない推進力である。