1967年創立。1982年以降、佐々木正利を常任指揮者に迎え、ドイツ・バロック期の宗教合唱曲を中心にすえて活動してきました。近年はモーツァルト、ブラームス、フォーレなどレパートリーも広げています。
 「作品の本質に迫るためには、“歌詞の深い表現とそこに込められたメッセージへの共感”を十全に表現することが大切であり、そのためにはまず“正確な発音・訓練された発声”と“正しい様式感”が不可欠である」という佐々木正利の指導のもと、様々なバックグラウンドを持つ団員が集まり、演奏会を目指し毎週練習を重ねています。
 団員は随時募集中です。お気軽に見学においでください。

仙台宗教音楽合唱団創団50周年記念 第37回演奏会 ご来場ありがとうございました!

2017年7月30日(日)15:00開演、萩ホール
バッハ「カンタータ第79番」「マニフィカトBWV.243/243a」,シュッツ「音楽による葬送」
佐々木正利指揮東京バッハ・カンタータ・アンサンブル、他

創団50周年・佐々木正利指揮者就任35周年記念パーティ

2017年5月13日(土)、14時〜17時、仙台駅前AERの30階にてOB・OGの方もお招きして盛大なパーティを開催しました。創立指揮者の佐藤泰平先生や歴代の委員長、盛岡バッハ・カンタータフェラインや山響アマデウスコア、仙台フィルなど、縁の深い諸団体の代表の方々などからご挨拶をいただきました。宗音50年に関するクイズ大会、50周年記念誌の紹介をへて、最後に佐々木先生からも80歳ぐらいまでは元気にやりたい、と力強いご挨拶をいただきました。

パーティの写真はこちらのページ(団員閲覧用、パスワード認証)