04秋の園遊会における米長邦雄の発言について

04.10.31記

 ことは28日の園遊会でおこった。29日付けの朝日新聞社会面によれば次のようである。

 天皇陛下は28日の園遊会の席上、東京都教育委員を務める棋士の米長邦雄さん(61)から「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と話しかけられた際、「やはり、強制になるということではないことが望ましい」と述べた。
 米長さんは「もうもちろんそう、本当に素晴らしいお言葉をいただき、ありがとうございました」と答えた。
 天皇が国旗・国歌問題に言及するのは異例だ。
 陛下の発言について、宮内庁の羽毛田信吾次長は園遊会後、発言の趣旨を確認したとしたうえで「陛下の趣旨は、自発的に掲げる、あるいは歌うということが好ましいと言われたのだと思います」と説明。さらに「国旗・国歌法制定時の『強制しようとするものではない』との首相答弁に沿っており、政策や政治に踏み込んだものではない」と述べた。
 「日の丸・君が代」をめぐっては、長年教育現場で対立が続いてきた。東京都教委は昨秋、都立校の式典での「日の丸・君が代」の取り扱いを細かに規定し、職務命令に従わない教職員を大量に処分。99年に教育委員に就任した米長さんは、こうした方針を推進する発言を繰り返してきた。

 これについて朝日新聞の30日社説にこの問題がとりあげられている。今のところ、このことを社説で論じているのは朝日だけのようである。(読売・産経あたりは天皇にうまくはぐらかされて残念至極、と思っているのだろう。)以下全文引用する。

国旗・国歌――園遊会での発言に思う

04.10.30朝日社説

 園遊会は、天皇、皇后両陛下が東京・赤坂御苑に政府や国会代表、各界の功労者を招いて開かれる催しである。
 戦前は観桜会、観菊会と呼ばれていた。戦後、名を変えて復活し、両陛下が春と秋の2回、親しく招待者の労をねぎらう場となっている。
 その園遊会の席上、棋士で東京都教育委員の米長邦雄さんが「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と話した。天皇陛下は「やはり、強制になるということではないことが望ましい」と述べた。
 このやりとりは新聞やテレビで報道された。翌日の閣議後の記者会見でも閣僚の意見や感想が相次いだ。
 話題となった一因は、国旗・国歌問題で天皇陛下ご自身が発言したことがきわめて異例だからだろう。しかし、その内容は政府の見解の通りだった。
 国旗・国歌法が99年に成立したとき、当時の小渕首相は「児童生徒の内心にまで立ち入って強制しようとする趣旨のものではない」と国会答弁した。当時の野中官房長官も「強制的に行われるんじゃなく、それが自然に哲学的にはぐくまれていく努力が必要」と答えている。
 宮内庁は陛下の発言について「政策や政治に踏み込んだものではない」と説明した。憲法は天皇について「国政に関する権能を有しない」と定めているが、細田官房長官も「憲法の趣旨に反することはない」と述べた。
 いずれも妥当な判断だと思う。
 今回の場合、波紋の原因はむしろ、米長さんが国旗・国歌のことを持ち出したところにあるのではないか。
 米長さんが委員を務める東京都教育委員会は、今春の都立校の卒業式で国旗を飾る場所や国歌の歌わせ方など、12項目にもわたって事細かく指示し、監視役まで派遣した。そして、起立しなかった250人の教職員を処分した。処分を振りかざして国旗の掲揚や国歌の斉唱を強制するやり方には、批判も多かった。
 国旗・国歌のように鋭い対立をはらんでいる問題は、天皇の主催行事である園遊会の場にふさわしくない。
 米長さんの発言に対して天皇陛下があいまいな応答をすれば、そのこと自体が政治的に利用されかねない。陛下が政府見解を述べたことは、結果としてそれを防いだとも言えよう。
 米長さんの発言は「教育委員のお仕事、ご苦労さまです」という陛下の言葉に答えて飛び出した。国旗・国歌問題を意図的に持ち出したかどうかはわからない。もし意図的でなかったとしても、軽率だったと言わざるを得ない。
 東京都の石原知事は「天皇陛下に靖国神社を参拝していただきたい」と述べている。靖国参拝は外交にも絡む大きな政治問題だ。とても賛成できない。宮内庁が慎重な姿勢を示したのは当然だ。
 天皇が政治に巻き込まれれば象徴天皇制の根幹が揺らぐ。園遊会発言を機に、このことをあらためて確認したい。

 大筋で朝日の社説にとくに付け加えるべきこともない。
 私は米長邦雄が都の教育委員だったことを今回初めて知った。それにしても彼は、何という時代錯誤な奴なのだろう。私は陛下のためにこのように粉骨砕身しております、とアピールしたかったのであろうか。それに、一万歩譲って彼のその「仕事」とやらが正しいとしても、この根性はいけ好かないし、こういうアピールの仕方は武士道的観点からも美しくないと思う。
 次に私が思ったのは、天皇も反射的によく「あたりさわりのない返答ができたものだ」と感心したことである。急にこんなことを持ち出されては、天皇もさぞかし面食らったことだろうに。まあ、このあたり「象徴天皇」としての生き方が身に付いているということか。
 これに対し米長邦雄はどういう顔をしてマヌケな返答を返したのであろうか? 「強制になるということではないことが望ましい」という天皇の発言もイマイチ日本語としてはおかしな感じだ。米長は「強制でない形にうまくもっていけばいいんだな」というぐらいに自分に都合よく解釈して返答したのだろうか。
 しかし、彼ら東京都とその教育委員会がやっていることは、強制以外の何物でもない。
 石原慎太郎が都知事で、教育委員にこんなアホな発言をする棋士の米長邦雄ときては、東京都というところは子供の教育上非常によくない環境だ。それだけでも東京都に済みたくない理由に十分なりうるのではないか。まともな子供を育てたければすみやかに東京都を脱出すべきであろう。
 しかしその前に石原慎太郎を当選させてしまっているということは、こういうトンデモナイ教育環境でもよい、と考えている人が都民の多数を占めているということなのだろうか。

04.11.11追記

 今朝のニュースで、都立高校が「奉仕活動」年間35時間=1単位を必修科目にする方針、と報じられた。ついにボランティアではなく‘奉仕’が義務づけられた。復古主義もここまでくると非常に問題である。これでは都立高校の復活はあり得ないな。


opinion-frameへ