小泉首相の靖国参拝問題


 小泉純一郎は、首相に就任する際に「8月15日靖国公式参拝」を公約していた。しかし、折からの「新しい教科書を作る会」の教科書が国際問題化する中で、田中真紀子外相の反対もあって、「外交的配慮から」15日を避けて13日に参拝を行った。そのことについて首相は左右両派から批判をあびた。


2001.8.13記

 本日13日、小泉首相は予定の15日を繰り上げて靖国参拝を強行した。
 それについて、yahooのアンケートでは13日23時50分現在で、次のような結果になっている。(計7670票)

 同じくyahooの掲示板も、結構「反動的」意見が多い。yahooのアンケートや掲示板に書き込む人々の傾向が、全国的傾向と全く一致するかどうかは定かではない。やはり特定の意見をもった人は、それに見合ったメディアを選ぶだろうから。

 夜23時頃、TBSでは、戦争で生き残った高齢の元兵士3人の話が放映されていた。彼ら曰く、
「靖国に行きますと、兵士たちの遺書がある。それを見て女の人たちは泣いてますね。でも、われわれに言わせれば、あんなのは、みんな書かされましたよ。ああいうふうに書かないと上官の検閲が通らなかったんですから。」

 一方同じ時間帯、日本テレビでは、その「女の人」の1人(東条という名字だった)が、「小泉さんが、外圧に負けて日程を15日を避けられたことは本当に残念。彼自身にとっても心に刺さったとげになるはず。」などと語っていた。

 TBSに出ていた元兵士たちは、以前は学校などあちこちで話す機会もあったのだが、最近は学校からも声がかからず、むしろ来ないでほしい、といわれるらしい。
 このように、歴史的事実を実際に体験した人の話を闇に葬る一方で、反動的デマゴーグがのさばり、それを無知でミーハーな国民の人気が支える。これを「末期的症状」と言わずして何だろうか。


opinion-frameへ