東京でつくる会教科書採択相次ぐ

05.9.11記

 こういう事態が頻発するようだと、地方自治体の長を決める選挙においては、候補者に「どういう人を教育委員に任命するか。つくる会採択派か否か」をハッキリさせる運動を起こす必要があるだろう。そして、大人たちは、「つくる会」の教科書に一度目を通して、それがいかに教科書としてふさわしくないものであるかを勉強しなくてはならない。
 それにしても気の毒なのは、現場の教師である。「つくる会」教科書ではまともな授業などできないから、独自の副教材を自らプリントで作成し、授業するしかあるまい。もっとも、そのほうが教師の授業力はあがるし、生徒にとっても好評か(笑)。まともな教師なら、中学レベルの内容の教科書なら自分で作れるはずだ。是非そうするべきであろう。


「作る会の教科書」が都立の中学で事実上全面的採択

05.7.30記

 7月28日、東京都教育委員会は、都立の中高一貫校4校・盲・ろう・養護学校47校(分教室含む)が来春から使用する中学校教科書を決めた。
 歴史および公民の教科書では、「新しい歴史教科書をつくる会」の主導で編集され扶桑社が発行する教科書が、盲学校と知的障害の養護学校を除く計25校で採択された。都立ではすでに、養護学校2校と中高一貫校1校で同社版が使われている。盲学校は点字教科書を使い、知的障害の養護学校では教科書以外の図書を授業で用いるため、今回一般の教科書が採択の対象となった都立学校の全校で、同社版が採択されたことになるという。(朝日新聞より)

 7月30日付け朝日社説は次のように批判している。

教科書採択 こんなやり方でいいのか

 東京都教育委員会は、来春から東京都立の中高一貫校などで使う歴史教科書として「新しい歴史教科書をつくる会」主導の扶桑社版を採択した。
 「つくる会」の教科書は4年前の検定で合格し、採択の対象となった。今回は2度目である。
 私たちは4年前の検定時も今回も、この教科書について、教室で使うにはふさわしくないと主張した。光と影のある近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観が強すぎると考えるからだ。

 そのことは別にしても、都教委の採択のやり方は、きわめて問題が多いと言わざるを得ない。
 まず、歴史教科書の選定にあたって、とくに着目する点として(1)北朝鮮による拉致問題の扱い(2)日本の神話や伝承(3)竹島や尖閣諸島の扱い、を挙げて一覧表をつくったことだ。
 いずれも「つくる会」が力を入れている項目であり、8社の教科書の中では神話などの記述が最も多かった。
 歴史教科書は、日本の長い歴史というものを教科として学ぶための教材である。この3点が大事でないというつもりはない。しかし、何よりも重要な項目だろうか。
 都教委は、中高一貫の各校ごとに、歴史上の人物や文化遺産などの観点を加えた資料を作成し、点数化している。
 検定を重ねるようで点数化には賛成できないが、合計点が最も高いのは4校とも扶桑社以外の教科書だった。
 着目する3点の結果と調査資料の合計点が食い違えば、教育委員会は慎重に検討するのが当然だろう。だが、何の議論もないまま「つくる会」の扶桑社版が採択された。
 これでは、都教委は初めから扶桑社版の採択を決めていたのではないかと言われても仕方あるまい。

 なかでも見過ごせないのは、都教委が学校の意見を排除していることだ。
 教科書を使うのは教師と生徒である。教育は学校全体の取り組みであり、各校とも子どもたちに何を、どのように学習させるかを真剣に考えている。どんな教科書を使うかは保護者にとっても大きな関心事だ。
 教育委員会が一方的に教科書を選び、現場に押しつけるようなやり方では、学校や教師の意欲が低下しかねない。
 東京都教委は卒業式でも教員の処分を振りかざして日の丸・君が代を強制してきた。教科書採択でも同じような押しつけを繰り返すつもりだろうか。
 法律の上では教科書は各地の教育委員会が決めることになっている。それでも多くの教育委員会が学校や教師の声も参考にして決めてきた。それが子どもたちにとって有益だと判断したからだろう。
 教科書採択は、8月末の期限を控えてこれからというところが多い。教育現場の声にも耳を傾け、選んだ経緯は公表して丁寧に説明する。そうした採択であってほしいものだ。

 これは完全に石原都知事の圧力であろう。ここまで反動的な教育への干渉を許しておくとは、いったい都民は何をやっているのか!
 これで都立中高一貫校へ子女を入学させようという親は、教育的配慮に政治的な判断もあわせて行わなければならなくなる。結果的に、都立離れは止まらず、まともな教育を受けさせたい家庭は私立を選ぶことになるだろう。
 なお、この歴史教科書のひどさについては、私はすでに別ページで書いてある。扶桑社をもうけさせるのは腹ただしいが、しかし「まともな歴史教育とは何か」を考える反面教材として同社の教科書の市販本を、多くの大人が購入して、よくよく考えるべきであろう。


杉並区でも「つくる会」歴史教科書採択

05.8.12記

 「都立」の中学における「つくる会」教科書採択に続き、杉並区でも本日ついに「つくる会」の歴史教科書が採択されてしまった。先に紹介したとおり、同区では親たちの反対運動が活発に行われていたが、結局は強行採決で採択となってしまった。考えられない暴挙である。こんな教科書で区立中学の教育が行われたのではたまったものではない。私立中学に入学させられない場合には、区外に引っ越しするようである。


opinion-frameへ