どうしようもない東芝

AKKY氏の対東芝闘争について

2001.8最終まとめ

 以下の「墓穴を掘った東芝」は1999年7月に数度にわたって記したものである。
 すでにこの問題はちまたでは終息しており、おおもとのAKKY氏のHPも閉鎖されている。
 事件は、AKKY氏がビデオデッキの修理に関して何度か東芝の担当部局と連絡を取っていく中で、実に不快な対応をされた。(故障と言うより初期不良が考えられる状況でもあったようだ。)そこで、担当部局に電話をかけた際、その会話を録音することにした。すると案の定、その時に電話に出た社員が、まことに言語道断としか言いようのない対応をしたのである。そこで、AKKY氏は自分のホームページに事のいきさつを詳しく書き、そこに電話録音も音声ファイルで載せたのである。

 その後のいきさつは、ここでは省く。その年の年暮れの段階では、すでにこの問題はちまたでは終息したようであり、おおもとのAKKY氏のHPも閉鎖された。しかしその後しばらくの間は彼のHPをコピーしたページも存続し、この問題を風化させないための運動も続いた。また、経営学的な見地からのこの問題に関する論文もネット上に出現した(文教大学根来龍之氏)
 一方で、yahooの掲示板などはかなり早い時期から落書き状態であった。私自身、同掲示板でこの問題を知ったのであるが、一方で、こうした「掲示板」が社会問題を深く取り扱っていくにはあまり有効ではないということがことがよくわかった。


墓穴を掘った東芝

 東芝のビデオデッキの修理に関しての社員の対応の悪さを暴露したAKKY氏のホームページに対して、東芝はそのホームページの削除を求める仮処分申請を行ったという。
 これは今後、司法がどういう判断を下すか、といった点にも大いに興味があるが、このホームページにアクセスした人は皆、この問題のそもそもの原因が東芝側にある、と考えているだろう。
 実際、(電話を録音した音声ファイルを聞く限り)このAKKY氏に応対した社員の対応は無礼千万・言語道断というべきであり、東芝はこの人に対して最大限の誠意ある謝罪をするべきであった。
 ところが、それを怠ってズルズルと時を経過させた結果、この人の側にますます「東芝に不利な事実」を提供し続けたことになり、ホームページへのアクセスはついに400万件を越えることになったのである。
 これ全て「身から出た錆」であり、今回の仮処分申請もまた「悪あがき」であるとしか言いようがない。
 今回この件がマスメディア上で報道されたことにより、ホームページのアクセス件数はさらに増え、その結果ますます東芝の評判が落ちる、という結果を招くことはあきらかである。 ということは仮処分申請は「恥の上塗り」でもある。

 ホームページをみた人の多くは、その公開者AKKY氏が、ネット上のエチケットを守るべく理性を働かせ、できるだけ冷静な書き方をしていることを感じたはずであり、東芝の仮処分にあたっての言いぐさが事実に反していると思うだろう。
 早いうちに東芝が誠意ある謝罪をすれば、このAKKY氏は、そのこともホームページで告知した上で批判のページを削除したであろう、と予想されるのだ。
 にもかかわらず「謝罪せず、逆にHP閉鎖の仮処分申請」というのは、インターネットというメディアの特徴を全く理解しないアホな対応といえるだろう。
 インターネットでこういう情報にアクセスする人は、かなり社会問題に対する意識の高い人であり、与えられた情報をそのまま鵜呑みにするような人は少ないはずなのだ。
 ところが今回この件が「マスメディア」で報道された(NHKでもやっていた)結果、受け身の大衆がこの事件を「聞きかじる」ことになった。そして興味本位にAKKY氏のホームページにアクセスし、同社社員の暴言の数々を聞くことになるだろう。
 どう考えてもこれは、東芝にとって「割に合わない」結果をもたらすはずなのだが、いったいどういう「損得勘定」の計算をしているのだろうか? 全く理解に苦しむものである。

 Yahoo掲示板でもこの話題はものすごい話題だ。3000件以上の発言があるので、何時間かかってもその一部しか読めないが、その中にこういうページ(2001年8月でもまだ存在)が紹介されていた。東芝は他でもこういう問題をあちこちでおこしていたらしい。
 とにかく、どう考えても東芝は事の重大さを理解していない。他の会社も「他山の石」とすべき事件だ。インターネットという手段を得た消費者は、ひとりで大企業相手にこれだけ戦える時代になったのだ。

 Yahoo掲示板、東芝の見解を載せたページ(閉鎖済み)など、さまざまなところを見て回ると、情報が錯綜している部分がある。
 AKKY氏は、東芝社員から暴言を受けたあと東芝社長に「書簡と暴言を録音したテープ」を送ったのだが、東芝の上記ページでは「VTR本体を一方的に当社及び製造子会社の社長に送付されるというような経過がある中で、云々」などとある。普通に考えれば、この東芝の書いている内容のほうが間違っているに決まっている。AKKY氏はビデオデッキが不良なことではなく、暴言に対して社長に抗議したのだから。
 ところがこれと同じ間違い情報を、雑誌や、別のホームページ作成者が、よく調べもせずに垂れ流しているものだから、Yahoo掲示板でも、AKKY氏に対してあらぬ批判をしたりする人が出ている。

 しばらく目をそらしていたうちに事態が進展。
 7月22日、東芝副社長が、暴言被害者にしてHP公開者たるAKKY氏と会って、「暴言については」謝罪したらしい。しかし、「その後の対応については」東芝は間違っていない、と主張したらしく、会見は物別れに終わったという。なお、東芝はHP削除の仮処分申請を7月19日に取り下げた。
 AKKY氏は、当該HPを閉鎖予告していたが、その後の経過報告のため今しばらくは継続する、という。ただし、「暴言については」謝罪されたため、その暴言録音はHPから削除された。ここまでのAKKY氏の対応は、どこまでも正しい。
 Yahoo掲示板では相変わらずAKKY氏への中傷も目立つが、これら関連掲示板に集う人々も、東芝と同レベルのアホさ加減をさらけだすのは、いい加減にやめるべきである。

 東芝側は「暴言以外は間違っていない」との態度をとり続けているので、AKKY氏の戦いはまだまだ続くことになるが、まずは「全面勝利」間違いなし、という状況であろう。
 一方、東芝上層部は、このような展開になることを本当に見通すことができなかったようである。全く信じられないことだが...。今後、顧客は減り、好景気になったとしても優秀な人材は集められず...という展開になって当然の結末であろう。不景気ではあるが、リストラされるより前に自分からやめようと思う従業員も結構出てくるのではなかろうか。


opinion-frameへ