まだ「子供」の諸君へ


 「理想の教育」を期待するのは現実的ではない。
 なぜなら、「教育」というのは大人の子供に対する働きかけなのだが、歴史を通じて「大人の世界」が「理想的」であったためしはないのだから。基本的に、大人の世界は理想とはほど遠いものである、ということを早めに悟るべきである。そのことを悟ったところから全ては始まるのだ。

 にもかかわらず、人類の歴史は確かに「合理的な方向へ」と向かっていることも事実である。現代の我々には、社会に参加することによって社会を作りかえていく自由(サルトル)がある。

 だから諸君は、「理想の教育」を待ち望むのではなく、自ら「理想の学習」を志すべきなのである。
 学校に頼らなくても、英語がペラペラになることだって、パソコンがバリバリに使えるようになることだってできる。そんなことは既に承知のはずだ。

 学校がイヤなら(義務教育以後は)行かなければよい。しかし諸君は学歴だけは欲しいだろう。問題はここである。
 学校の中だろうが外だろうが理想の教育なんて存在しないのだ。学校はイヤだがNOVAには行く、というのは結構だが、NOVAに行ったってヤル気のない奴は英語なんて上達しやしないのだ
 逆に言えば、当の本人が「理想の学習」を心がけていれば、巷では役立たずとか何とかいろいろ言われている学校の教師も結構使い物になることに気づくはずである。(そもそも「学習意欲がある生徒に対して授業をする」ことが学校の教師の仕事なのだから..)

 はっきり言って我々大人たちは、諸君に「理想の環境」を与えてやる義務はない。第一そんな余裕などない。大人たち自身が、日々腐れ切った世の中と戦い続けている状況なのである。

 学校の教師たちは、「『日本は悪くない国である』と教えるように!」と、文部省、あるいは一部保守反動的連中から圧力を受けている。
 しかし、諸君は何も学校で教わらなくても、毎日のニュースでこの国がいかに腐れ切っているかはよくわかっているはずである。(そういう報道が可能な時代に生まれてきたことを、むしろラッキーと思わなくてはならない。)

 我々大人たちの義務は、むしろそういう現実 − いかに世の中が間違っているか − を真っ正直に諸君に示すことである。(ヴァイツゼッカー前ドイツ大統領による戦後40周年の有名な演説「荒れ野の40年」の末尾にも、同じことが言われている。)

 「世の中は基本的に間違っていることがたくさんある」。その大命題から出発するならば、諸君は自分で自分の将来を少しでもよいものにできるように自助努力するべきなのだ。そして、そのためには「学校教育」も少しは役に立つこともあろう。

 「現代社会」の教科書では、「個性」という言葉を次のような脈絡で説明している。
 人は、「欲求不満」や「社会的不適応」といった心理状態に常にさらされている。その中で、どのように自分の欲求を実現していくか、は人それぞれである。そういった状況をひとつひとつ自分なりのやり方で乗り越えていく中で「個性」が形成される
 これは実に的を射た説明である、と私は思う。何に対しても、キレてしまうだけ、わがままを言っているだけ、という人間には、「個性」を主張する資格などないのである。

 同じく「現代社会」では、「青年期はモラトリアム期間だ」と説明する。これもその通りである。しかし、何のためにモラトリアム=義務猶予されているか、ということが問題である。「大人になるための準備期間としての猶予期間」なのであって、ただ単にわがまま放題が許される期間なのではない。
 だとするならば、実は「猶予」とは名ばかりであって、大変重要なことをひとつひとつクリアしていかなければならない期間なのだ。
 「学校に行くべきか、それとも違う道を行くべきか」というようなところから、よくよく考えなくてはならないのだ。
 問題は、そのことの重大さを誰から教わるか、である。親が教えなくてどうする?! 「学校に行くべきか行かないべきか」ということを、学校の教師が教えられるはずがないだろ!

 大人の世の中は、隅から隅まで腐っているのだ。政治家が腐っている。官僚が腐っている。病院が腐っている.....。
 そして学校も腐っている。しかし、その学校については腐らせている当事者の中に、諸君ら生徒も含まれていることを自覚しなくてはならない。

 なお、「イジメ」については一言付け加えることがある。イジメは学校だけで起こっていることではない。大人の世界でも常にあることである。つまり、世の中の腐った部分が子供の世界にも波及しているだけのことで、何もことさら騒ぐことではない。イジメが世の中になかったためしはない。むしろ、「イジメと戦うこと」は世の中の腐敗と戦うことの第一歩なのである。そのように悟って力強く生きよ、としか言えることはない。

 まとめ。
 諸君は、「理想の教育」なんぞ待ち望んではいけない。「理想の学習」を志すべきである。「イジメのない世の中」なんぞ待ち望んでいる場合ではない。イジメられないように気を強く持ち続けなくてはならない。(そのことを教えるのは親しかいない。)
 つまりは以上のことに尽きるのだ。もちろん具体的にどうするか、は人それぞれである。それが個性を形作るのだから。

 じゃぁ、学校は何をしてくれるのか、だって? それは(上に既に書いたが)「勉強する気のある生徒に授業をすること」である。当然その際、諸君には「教わる態度」というものがあってしかるべきである。生徒は客ではないのだ。(だから「お客様は神様です」などという姿勢を学校はとるべきではない。)


opinion-frameへ